任意整理が住宅ローンに与える影響~審査やマイホームはどうなる?

任意整理と住宅ローンの関係

債務整理を弁護士に無料相談

借金問題こんな悩みに苦しんでいませんか?

  • 複数の借入先があり、返済しきれない
  • 毎月返済しても借金が減らない
  • 家族に知られずに借金を整理したい
  • 借金を整理しつつ、自宅・車は残したい
借金問題に強い弁護士を探す

任意整理をしても、住宅ローンは組めるの?

任意整理を行うと、しばらく住宅ローンを組むのが難しくなります。しかし、一生住宅ローンが組めなくなるわけではないので安心してください。まずは住宅ローン審査のしくみやブラックリストについて理解しておきましょう。

任意整理後5年程度は住宅ローンを組めない

任意整理で決められた弁済額を完済してから、5年程度は住宅ローンを組めないと覚悟しておきましょう。理由は、信用情報機関に任意整理をしたことが5年程度登録されるためです。では住宅ローン審査の結果に大きく影響する信用情報とは、一体どのようなものでしょうか。

信用情報に事故情報がある期間は住宅ローン審査に通らない

信用情報とは、信用情報機関に登録されている個人のクレジットカードやローンなどの信用取引にかかわる取引の履歴です。契約内容や支払い状況、返済状況、利用残高などの情報が登録されています。任意整理を行うと、その事実は「事故情報」として信用情報機関に登録されてしまいます。このことをいわゆるブラックリストに載ると表現する人もいますが、住宅ローンを組みたいと思ったとき、信用情報に事故情報のある人はまず審査に通りません。ただし弁済額の完済後5年程度が過ぎれば、任意整理の事実は信用情報から削除されます。

信用情報機関に登録されないケースとは?

例外的に、任意整理をしても信用情報機関に登録されないケースがあります。それは、任意整理を行い発生していた過払い金返還請求をした結果、借金の全てを返済できたケースです。この場合は信用情報に傷が付かないため、任意整理をした直後であっても住宅ローン審査に通る可能性があります。信用情報は自己開示ができますので、住宅ローンを申し込む前に、自分の信用情報はどのようになっているかを確認してみるとよいでしょう。
参考:CIC http://www.cic.co.jp/mydata/

任意整理後5年程度で住宅ローンが組める可能性も・・・

任意整理後、弁済額を完済してから5年程度経てば、信用情報から事故情報が削除され、住宅ローン審査に通る可能性が出てきます。ただし、必ずしも住宅ローンが組めるとは限りません。その理由は、住宅ローンの審査基準にあります。

住宅ローンの審査基準は会社ごとに異なる

金融機関は「社内ブラック」と呼ばれる独自のブラックリストを管理しています。社内ブラックとは、その会社内だけで保有しているブラック情報のことです。通常の信用情報機関においては、返済が終われば5年程度で自己情報は消えますが、社内ブラックの場合は保有期間に期限はなく、場合によっては半永久的に残り続けると考えてもいいでしょう。社内ブラックになるとその会社の審査に通ることはないと考えてよいでしょう。
そう考えた場合、住宅ローンは任意整理をした業者の系列銀行は避けて申し込むのが賢明です。さらに信用情報以外にも、申込者の年収・勤務先・勤続年数・頭金の金額など複数の項目を、銀行ごとの審査基準に則って総合的に審査しています。同じ条件で申し込んでも、銀行によって結果が異なる場合があるのはこのためです。

配偶者名義で住宅ローンを組む

任意整理から5年も待てない、すぐに購入したい住宅がある! こんな時はどうしたらよいでしょうか。この場合、先に説明したとおり本人名義で住宅ローン審査を通すのは難しいので、配偶者名義で住宅ローンを組むという方法があります。もちろん、配偶者が安定した収入を得ているなどの条件がありますが、逆に言えば、任意整理は配偶者の信用情報には全く影響しないということです。もし、任意整理をしたのが妻の方で、夫に事故情報がないのであれば、住宅ローンは問題なく組むことができるでしょう。

住宅ローンの支払い中に任意整理はできるの?

任意整理は、すべての債権者について申請しなくてもよいというメリットがある一方で、基本的には借金が元本以下には圧縮されないという金額面でのデメリットもあります。メリット、デメリットがそれぞれ支払い中の住宅ローンにも影響しますので、詳しく見ていきましょう。

任意整理をしても住宅ローンは継続できる

任意整理を行う人の中には、支払い中の住宅ローンを抱えている人も少なくありません。マイホームを取られてしまうのでは?という心配もよく聞かれますが、必ずしもそうというわけではありません。実際、任意整理は債務整理の中でも家を残したい人に適した方法なのです。

任意整理の手続きから住宅ローンを除外すれば影響はない

整理する借金の債権者を選べることは、任意整理の大きなメリットです。住宅ローンを任意整理の手続きから除外すれば、何の影響もなくマイホームに住み続けることができるからです。転居や家の売却で、家族に迷惑をかける心配もありません。

任意整理から除外した住宅ローンは減額できない

任意整理の手続きから住宅ローンを除外した場合、当然ながら住宅ローンは減額されません。残りのローンはきっちり完済しなければならないと心しておきましょう。任意整理では整理した借金の支払いも続きますので、月々の返済が難しい場合にはさらに交渉を行う必要があります。

住宅ローンの返済プラン見直しは可能

せっかく任意整理でマイホームを守っても、実現不可能な支払い計画ではいずれ破産してしまいます。任意整理から除外した住宅ローンは減額されないと説明しましたが、返済プランの見直しを銀行に交渉することはできます。

整理した借金と住宅ローンを合わせた無理のない支払い計画を

住宅ローン以外の借金を整理し、その分を住宅ローン返済に回せれば理想的です。しかし任意整理の場合、基本的には借金を元本以下には圧縮できません。自己破産や個人再生ほどの大幅な減額は期待できないのです。そのため、整理した借金と住宅ローンを合わせた月々の返済額を本当に支払い、完済できるのかを見極める必要があります。

減額ではなく返済プラン見直しなら銀行と交渉できる

月々の支払いが難しいと判断した場合、住宅ローンの債権者である銀行に対して、返済期間の延長や月々の返済額の減額などを交渉することになります。この場合、債務を放棄するわけではないので、銀行も交渉に応じることが多いようです。

このように、任意整理を行うと5年程度は住宅ローンを組めなくなることをよく理解しておきましょう。また、住宅ローンを除外して任意整理を行う際には、無理のない返済プランを立てることや、場合によっては住宅ローンを融資した銀行との交渉が必要になりますので、まずは弁護士などの専門家へ相談することをおすすめします。

都道府県から債務整理に強い弁護士を探す
北海道・東北地方 北海道青森岩手秋田宮城山形福島
関東 東京埼玉神奈川千葉茨城栃木群馬
北陸・甲信越 新潟山梨長野石川富山福井
東海 愛知静岡岐阜三重
関西 大阪京都奈良兵庫滋賀和歌山
中国・四国 広島岡山山口鳥取島根香川徳島愛媛高知
九州 福岡熊本大分宮崎佐賀長崎鹿児島沖縄
債務整理を弁護士に無料相談

借金問題こんな悩みに苦しんでいませんか?

  • 複数の借入先があり、返済しきれない
  • 毎月返済しても借金が減らない
  • 家族に知られずに借金を整理したい
  • 借金を整理しつつ、自宅・車は残したい
借金問題に強い弁護士を探す
弁護士に相談することに不安が残る方へ
家族に内緒で債務整理したい!その方法とは?
債務整理にかかる弁護士費用って、一体どれくらいかかるの?
個人再生手続きは弁護士などへの法律相談から。流れを完全理解!
お金がないからと諦めないで!個人再生にかかる費用を徹底比較
特定調停を申し立てる5つのメリットにはどんなものがある?
自己破産後の生活まとめ~仕事・私生活はどうなる?いつかは回復する?

ご相談状況

  • 電話相談:完全無料
  • 弁護士/司法書士:41事務所
  • 相談件数:1,000件 突破

債務整理弁護士相談広場は、借金返済に苦しむ方のための情報ポータルサイトです。「任意整理・個人再生・過払い」などのコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。過払いが発生している場合には、すでに借金返済が終わっているにも関わらず、払い続けているという事態があり得ます。借金問題でこれ以上苦しまないためにも、まずはご自分の状況を相談してみましょう。

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2017 Agoora.inc.

TOP