【体験談】借金200万円を任意整理 弁護士への相談がきっかけで自己破産を回避!

起業が借金生活の始まり

脱サラして起業したものの、借金200万円を返しきれず、任意整理を決めた人の体験談です。弁護士に相談して任意整理を決めるまでは、借金の圧縮=自己破産と思うほどに知識もなかったけれど、交渉成立後は返済まで持っていけた成功例になります。

たった30万の借金のはずが…

私の借金生活の始まりは、生活が苦しくなったときに借りた30万円でした。もちろん、当時はきちんと返済していけると考えていました。「たった30万円」という軽い気持ちであったのは事実です。しかし、それが最終的に任意整理することになるとは夢にも思っていませんでした。

借金の始まり

30万円だけで済ませばよかったのですが、どうしてもお金が必要で、追加の借り入れをしました。
しかし、その追加の借り入れが問題で、予想に反して返済が難しくなってしまいました。返済の遅れで、利子が膨らみ気づいた時には、借金はどんどん膨らんでいくことに…。ついには手に負えない金額になってしまったのです。
どうしてこのようにな事態になってしまったのか、冷静に振り返ってみたいと思います。

借金の原因

私はもともと会社員として働いていました。しかし一念発起して、脱サラして小さな会社を立ち上げることにしたのです。希望と情熱を持って始めた会社でしたから、起業当初の苦労は覚悟していました。しかし事業とは難しいものです。努力はしたものの、なかなか軌道に乗らず、次第に生活に行き詰まるようになりました。

借金の総額が200万円に

当時の私は、会社の売り上げでは到底生活していけませんでした。そこで消費者金融からの借り入れで当面の生活を凌ぐことにしたのです。初めて借りた30万円は、消費者金融で借りられる限度額でした。これが私の借金地獄の始まりでした。

債務が膨らむ苦しみ

最初は、1回きりのつもりで借りました。しかし、消費者金融などからの借り入れは1回では終わりませんでした。思った以上に利子の負担が大きく、返済が滞ることもあり、気づけば借金は200万円にまで膨らんでしまいました。返済は日に日に苦しくなり、頭の中は毎日借金でいっぱいでした。

督促のストレス

返済が遅れれば、債権者から毎日のように督促の連絡がきます。督促のストレスは大きく、何度も電話がかかってくるので着信音を聞くだけで胃が痛くなりました。しかし相変わらず完済できる目処はありません。最初は何とかしなくてはと思っていましたが、ここまでどうにもならなくなると、借金問題を自分の力だけで解決するのは無理だとやっと自覚しました。

頭をよぎる自己破産

しかし当時の私は債務整理についてほとんど知識がなく、借金を無くしたり圧縮するには自己破産しかないと思い込んでいました。自己破産という名前だけで、恐怖感が沸いてきます。自己破産者が受ける社会的な苦痛の大きさを想像すると、どうにも身動きできずにいました。

任意整理とその後の生活

自己破産への抵抗が拭えずさんざん悩みましたが、このまま借金問題を放置しても事態は悪化する一方だということはわかっていました。解決のために、何とか動かないといけないことは明確でした。

弁護士事務所へ

そこでインターネットで調べてみたところ、借金問題を相談できるのは弁護士や司法書士だということが分かりました。「やはり専門家に相談するしかない。」そう思った私は勇気を出して弁護士事務所を訪ねました。

弁護士からの意外な提案

弁護士さんとの初めての面談では、まず借金に関するいろんな質問を受けました。消費者金融との取引件数や取引年数などを聞かれました。また、取引履歴に関する書類などこちらから持参した資料を見せました。そこで弁護士さんから意外な言葉が出てきました。「自己破産をしなくて大丈夫」だというのです。私の借金の200万円程度であれば、任意整理という方法が適していることを教えてもらいました。自己破産しなくて良いと分かって、とてもホッとしたのを覚えています。

履歴は用意できなくても大丈夫

弁護士さんに相談する時は、借金の取引履歴等に関する詳細な資料は依頼者側で用意できなくても大丈夫だと分かりました。弁護士さんが債権者に連絡して必要な情報の開示を請求できるそうです。もし見せられる資料が少ししかなくても、相談しに行っていいのです。私は最初それを知らなかったので、なかなか相談に行くことができませんでした。

弁護士に相談して良かった

結論から言うと、弁護士さんに相談して本当に良かったです。一人きりであんなに思い詰めていた私が、借金地獄のストレスから解放され、返済に希望が持てるようになったのです。

督促が止まった

まず、弁護士さんに任意整理を依頼するとすぐに債権者からの督促が止まりました。弁護士さんが受任通知を送ってくれた効果です。毎日のように私を悩ませていた電話がストップしただけで、精神的に追い詰められていくストレスから解放されました。これだけでも、弁護士に依頼をした価値は十分にありました。

和解成立

任意整理では弁護士さんが債権者と交渉してくれます。私は債権者と一度も会うことなく和解することができました。利息がカットされ、任意整理前は毎月約6万円だった返済額が半分の3万円ほどに減額されたのです。5年かけて完済することになりました。

返済に希望が持てた

任意整理の効果は、私に大きな希望をもたらしてくれました。任意整理の前は、返済を重ねてもなかなか元本が減りませんでしたが、任意整理後は利息をカットできたので、みるみるうちに借金が減るようになったのです。

任意整理後の生活

私は借金返済には希望が持てた一方、任意整理を行ったことでその後の生活にどんなデメリットが生じるのかが不安でした。任意整理をしたことを周囲に内緒にできるか、またブラックリストに載ることにより、どんな社会的な影響があるのかが不安でした。

職場や知人に秘密にできるのか?

最も不安だったのは、任意整理を行えば仕事の関係者や知人等に知られるのではないかという点でした。仕事がやりづらくなったり、知人に噂されるのが怖かったのです。しかし実際は自分から話さない限り任意整理がバレることは一度もありませんでした。ビクビクする必要は全くなかったのです。

弁護士には守秘義務がある

それに任意整理を依頼した弁護士さんは法的な守秘義務を負っています。連絡の手段や連絡先も相談して決めるので、外部に情報が漏れることはありません。同居する家族に内緒で任意整理をしたい方も隠し通すことが可能でしょう。

「ブラックリスト」は良い教訓

任意整理中や、任意整理から5年間ほどはいわゆる「ブラックリスト」に載ります。信用情報機関に事故情報が登録されるので、カードも持てず新たな借金もできませんでした。しかしこの期間があったからこそ、私は自己の生活態度やお金の問題と真摯に向かい合う事ができました。任意整理の体験が将来への大きな教訓として活かしていけたのだと感じています。

借金問題と向き合うには弁護士に相談するのが近道

この体験談はいかがでしたか?自分で作った借金から逃れることはできません。借金と正面から向き合うには、弁護士などの専門家のサポートを受けながら経済的更生を図ることが一番の近道です。借金でお困りのことがあったら、まずは弁護士などの専門家の無料相談を受けて、債務整理の知識を身につけましょう。

債務整理を弁護士・司法書士に無料相談

借金問題こんな悩みに苦しんでいませんか?

  • 複数の借入先があり、返済しきれない
  • 毎月返済しても借金が減らない
  • 家族に知られずに借金を整理したい
  • 借金を整理しつつ、自宅・車は残したい
借金問題に強い弁護士・司法書士を探す
弁護士に相談することに不安が残る方へ
家族に内緒で債務整理したい!その方法とは?
債務整理にかかる弁護士費用って、一体どれくらいかかるの?
個人再生手続きは弁護士などへの法律相談から。流れを完全理解!
お金がないからと諦めないで!個人再生にかかる費用を徹底比較
特定調停を申し立てる5つのメリットにはどんなものがある?

ご相談状況

  • 電話相談:完全無料
  • 弁護士/司法書士:38事務所
  • 相談件数:1,000件 突破

債務整理弁護士相談広場は、借金返済に苦しむ方のための情報ポータルサイトです。「任意整理・個人再生・過払い」などのコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。過払いが発生している場合には、すでに借金返済が終わっているにも関わらず、払い続けているという事態があり得ます。借金問題でこれ以上苦しまないためにも、まずはご自分の状況を相談してみましょう。

弁護士と連携して臨機応変に対応! 過払い金の実績豊富!
司法書士法人ジェネシス
司法書士法人ジェネシス

基本報酬0円から!小額の過払い金でも安心
全国どこでも安心してご相談できます。

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2017 Agoora.inc.

TOP