任意整理のデメリットとは?自己破産や個人再生との違いは?

任意で交渉する

任意整理にはいくつかのデメリットがあります。自己破産や個人再生よりも借金減額の効果が低い、和解が成立しないケースがある、保証人を巻き込んでしまう、などです。また5年間はクレジットカードやローンが利用できません。しかし手続きに手間がかからないなど、他の債務整理手続きに比べてデメリットは比較的少ないと言えます。

債務整理を弁護士に無料相談

借金問題こんな悩みに苦しんでいませんか?

  • 複数の借入先があり、返済しきれない
  • 毎月返済しても借金が減らない
  • 家族に知られずに借金を整理したい
  • 借金を整理しつつ、自宅・車は残したい
借金問題に強い弁護士を探す

借金返済に関するデメリット

まず、債務整理の種類にはそれぞれ特徴があります。任意整理は、債務額が200万円程度までの、借金が比較的少ない人に向いている債務整理の方法です。一方、自己破産は支払不能に陥っている人、個人再生は債務額が5000万円以下で、将来的に定期的な収入がある見込みのある人を対象としています。

借金減額の効果は低い

債務整理の方法が違えば、借金減免の効果もそれぞれ異なります。任意整理は、他の2つの債務整理の方法に比べて減額される借金額は少ないというデメリットがあります。

任意整理と自己破産の違い

自己破産と任意整理の大きな違いは、自己破産は大半の財産を処分する代わりに借金返済が免除されますが、任意整理は手続き後も返済が続くという点です。返済は、手続き前よりは負担が軽くなりますが、一般的に3〜5年間続きます。

任意整理と個人再生の違い

個人再生は、債務は免除されませんが、再生計画案が裁判所に認められれば最低返済額が100万円にまで減らせるという、借金減額の効果が大きい手法です。一方、任意整理は、将来利息や借金返済の延滞で生じた遅延損害金を免除することで借金総額を減らしますが、借金の元本が減額されるわけではありません。元本を分割して返済する手続きをするのが任意整理なのです。

過払い金で大幅な負担減となることも

利息制限法による引き直し計算を行うと、多額の過払い金が見つかるケースもあります。払いすぎた利息が多ければ、債務と相殺することで残債が減り、任意整理でも債務者の負担が大幅に減る可能性もあります。

将来的に定期的な収入がなければ、任意整理はできない

そもそも任意整理は、分割で元本は返済しなくてはなりません。そのため、債務者の定期的な収入は不可欠であり、無収入であれば利用できません。

債権者と和解が成立しないケースも

裁判所を介する個人再生や自己破産と違って、その名の通り「任意」で交渉する任意整理の場合、貸金業社によっては交渉が成立しないケースもあります。特に担保をつけての借り入れの場合は和解が難しく、その場合は債務者が希望した通りの借金減額はできません。

不利な条件の提示

交渉の際、債権者が債務者に不利な条件を出してくることがあります。例えば、利息のカットは認めるが、支払いは一括払いしか受け付けないというケースです。債務者は家族・親戚などに用立てしてもらうなどして、まとまった資金を用意する必要があります。誰にも知られずに債務整理をしたい人にとっては厳しい条件です。また、過払い利息の免除はOKでも将来利息のカットは行わない、というケースもあります。

会社の方針で応じない業者も

また、数は少ないですが、貸金業者の中には「任意整理には応じない」と会社やグループ会社の経営方針で決めている場合もあります。交渉そのものが不可能であれば、債務者は任意整理を断念して個人再生や自己破産など他の方法を検討するしかありません。

保証人を巻き込んでしまう

金額の大きな借金は保証人を立てている場合があるでしょう。任意整理を行う場合、保証人を巻き込むことになるので、事前に話し合って理解を得ておくことが大切です。

保証人に請求が行く

保証人付きの債務の任意整理を行うと、必ず保証人に知られます。なぜなら、貸金業社から保証人宛てに残債の一括請求が行くからです。保証人に返済義務を負わせたくない場合は、保証人も主債務者と一緒に任意整理を行う必要があります。ちなみに、保証人に請求が行くのは、自己破産や個人再生の場合も同じです。

保証人に迷惑をかけない方法

では「任意整理することを保証人に知られたくない」という人はどうすればいいのでしょうか。任意整理のメリットは、整理対象とする債務を選べることです。つまり保証人付きの債務は任意整理の対象から外しておけば、知られたり迷惑をかけることはありません。

生活面でのデメリット

ここまで借金返済と直接関わるデメリットを見てきました。では、任意整理後の生活にはどのようなデメリットがあるのでしょうか?

信用情報機関に事故情報が登録される

生活面で最もデメリットを感じるのは、信用情報機関に事故情報が登録されることでしょう。これまで当たり前に行ってきたクレジットカードでのショッピングができないなど、不便を感じる場面が出てきます。

登録機関は5年間

クレジットカード会社や金融機関などが加盟する信用情報機関に事故情報が登録されることは、俗に「ブラックリストに載る」と言われます。任意整理を行うと、事故情報は5年間登録されます。

クレジットカートやローンは利用不可

事故情報が保存されている5年間は、クレジットカードの新規申し込み・利用・更新などができません。整理対象に含めなかったカードも、更新やカード会社の途上与信のタイミングで事故情報に気付かれると、使えなくなります。また、ローンなど新たな借り入れも難しくなるので、車や住宅の購入に支障が出る場合もあるでしょう。

デビットカードの利用

クレジットカードが利用できない間、代わりに「デビットカード」を利用すると便利です。デビットカードは銀行口座と直結していて、カードで買い物をすると代金が即時に引き落とされる仕組みになっています。銀行口座を持っていれば審査なしで作れるので、事故情報の登録機関中でも発行可能です。口座の残高分しか使えないため、使いすぎを防げるという良い面もあります。

生活面へのデメリットは比較的少ない

実は、任意整理の生活面へのデメリットは、事故情報が登録されることくらいで、登録期間も自己破産や個人再生と比較すると短めになります。任意整理は、他の債務整理手続きと比べてデメリットが少ないと言えるでしょう。

債務者の事務的な負担が少ない

自己破産や個人再生は裁判所に判断を仰ぐため、提出書類を揃える必要があったり、手続きが煩雑だったりと、結論が出るまでに手間がかかります。しかし任意整理は、必要書類が少なく、弁護士や司法書士に依頼すれば、債務者にほとんど負担がかかりません。

家族や職場に知られるリスクは少ない

また、誰にも知られずに借金整理を終えたいという方にも任意整理が向いています。自己破産や個人再生と違って官報に氏名・住所が掲載されることはありません。また、弁護士や司法書士には守秘義務が課されています。書類を債務者の自宅に郵送する際に事務所の名前が入った封筒を利用しないなど、配慮をしてもらえます。

債務整理の方法に悩んだら、弁護士に相談を

債務整理手続きはそれぞれメリット・デメリットが存在します。債務額、収入・返済能力、それに家族や保証人との関係によって、一人一人に最適な手続き方法は違ってくるものです。一人で悩まず、ぜひ幅広い経験や知識を持つ弁護士などの専門家に相談してみてください。

都道府県から債務整理に強い弁護士を探す
北海道・東北地方 北海道青森岩手秋田宮城山形福島
関東 東京埼玉神奈川千葉茨城栃木群馬
北陸・甲信越 新潟山梨長野石川富山福井
東海 愛知静岡岐阜三重
関西 大阪京都奈良兵庫滋賀和歌山
中国・四国 広島岡山山口鳥取島根香川徳島愛媛高知
九州 福岡熊本大分宮崎佐賀長崎鹿児島沖縄
債務整理を弁護士に無料相談

借金問題こんな悩みに苦しんでいませんか?

  • 複数の借入先があり、返済しきれない
  • 毎月返済しても借金が減らない
  • 家族に知られずに借金を整理したい
  • 借金を整理しつつ、自宅・車は残したい
借金問題に強い弁護士を探す
弁護士に相談することに不安が残る方へ
家族に内緒で債務整理したい!その方法とは?
債務整理にかかる弁護士費用って、一体どれくらいかかるの?
個人再生手続きは弁護士などへの法律相談から。流れを完全理解!
お金がないからと諦めないで!個人再生にかかる費用を徹底比較
特定調停を申し立てる5つのメリットにはどんなものがある?
自己破産後の生活まとめ~仕事・私生活はどうなる?いつかは回復する?

ご相談状況

  • 電話相談:完全無料
  • 弁護士/司法書士:41事務所
  • 相談件数:1,000件 突破

債務整理弁護士相談広場は、借金返済に苦しむ方のための情報ポータルサイトです。「任意整理・個人再生・過払い」などのコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。過払いが発生している場合には、すでに借金返済が終わっているにも関わらず、払い続けているという事態があり得ます。借金問題でこれ以上苦しまないためにも、まずはご自分の状況を相談してみましょう。

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2017 Agoora.inc.

TOP