任意整理をして借金返済をする際の計画作成のポイントとは?

任意整理の返済計画をシミュレーション

返済計画のポイントは、生活を圧迫しない返済額・返済期間を見極めることです。収入に対して返済額が多すぎると、病気やケガなど不測の事態に家計が行き詰まり、借金返済にも支障が出ます。任意整理のメリットの一つは将来利息がカットされることなので、返済期間を長めにするなどして確実に返済できる計画を心がけましょう。

債務整理を弁護士に無料相談

借金問題こんな悩みに苦しんでいませんか?

  • 複数の借入先があり、返済しきれない
  • 毎月返済しても借金が減らない
  • 家族に知られずに借金を整理したい
  • 借金を整理しつつ、自宅・車は残したい
借金問題に強い弁護士を探す

任意整理で返済計画を立てるときのポイントとは

弁護士や司法書士といった専門家に任意整理を依頼すると、貸金業者などの債権者との交渉で借金を減額してくれる上に、返済計画も一緒に考えてもらえるので心強いです。任意整理の流れと返済計画作成のポイントをおさえていきましょう。

任意整理の手続きはどんな流れで進む?

任意整理を行う人は、A社から借りて、その返済のためにB社から借りて支払う…のように、複数の貸金業者を利用して自転車操業状態に陥り、正確な債務額を把握しきれなくなった方もいます。任意整理では、まず本来返すべき借金はいくらなのかについて明らかにしていきます。

債権者に対して取引履歴の開示請求をする

債権者ごとの借金額がわからなかったり、請求書や領収書が手元に残っていない場合は、業者側に問い合わせて確認しなければなりません。任意整理の依頼を受けた弁護士や司法書士は、債務者が借り入れをしていたすべての貸金業者等に取引履歴の開示請求を行います。

利息の引き直し計算をして残債務を確定する

取引履歴が入手できたら、利息制限法に基づき利息の引き直し計算をして正確な残債務を確定させます。もし高金利での貸付が許されていた時代の借金があれば、払いすぎた利息を「過払い金」として返還請求し、元本の返済に充てることができます。

返済計画作成のポイントとは

弁護士や司法書士は、貸金業者等と借金減額についての交渉を進める一方、債務者が確実に支払っていける返済計画案の作成も進めます。

生活費にいくら必要か?

毎月いくらなら返済できるかは、債務整理の種類を選ぶ際におおまかに考えておく必要があります。しかし、具体的な返済計画を立てる段階では、さらに細かく検討する必要があります。まず、家賃、食費、光熱水道費、通信費、医療費、保険、車の維持費、教育費などが毎月いくらかかっているか、具体的に割り出してみましょう。

生活費以外にも少しのゆとりを

収入から生活費を引いた金額が、任意整理後の借金返済に充てられる最大の額となります。しかしこの金額をすべて支払ってしまえば、病気やケガなど不測の事態が起きると家計が破綻してしまいます。また、生活を切り詰めるあまり余裕資金がゼロの状態も長くは続けられないでしょう。生活費以外にも少しのゆとりを残して、毎月の返済額を決めることがまずポイントとなります。

分割払いは「3年」が一般的

返済計画を考えるうえでもう一つ重要なのは、返済する期間です。任意整理では「分割払い」を選ぶ人が多く、返済期間は「3年」の36回払いとするのが一般的です。長くても「5年」の60回払いまでに収める返済計画のほうが、貸金業者等の理解を得やすいでしょう。

毎月の負担と返済期間を考え最適なバランスを探ろう

任意整理では将来分の利息がカットされるので、返済期間が違っても返済総額は一緒です。毎月の生活費を洗い出した結果、借金返済に充てられるお金が多くなかった場合は、返済期間を長めに設定するといいでしょう。返済期間と毎月の支払いの負担は、債務者によって最適なバランスが異なります。任意整理後に返済が滞ることを絶対に避けるため、支払額と返済期間のバランスについては慎重に検討しましょう。

借金の理由や家計の状況隠すことなく相談を

また、弁護士や司法書士に相談する際は、借金の理由や家計の状況について正直に話すことも大切です。「こんなに借金を作ったことを責められるのではないか」と心配することはありません。借金問題を解決したいなら、手続きをスムーズに進められるよう最初から正直に現在の状況を伝えるのがベストでしょう。

具体的に借金返済生活をシュミレーションしてみよう

返済計画を作成するにあたり、任意整理手続き終了後にお金の流れはどのようになっているのかを返済生活が始まる前に具体的にシュミレーションしてみましょう。そうすれば、どのように返済していくのかをイメージしやすくなります。

返済のシミュレーションはどのようにするの?

弁護士や司法書士は、貸金業者への交渉と並行して、債務者の借金返済に向けた土台造りをはじめます。その一つが返済のシミュレーションの準備です。

積み立て金を用意する

任意整理手続きから各債権者との和解成立までは約3ヶ月あります。この間、弁護士や司法書士は債務者に対し、毎月定額の返済が可能か否かをテストするために事務所宛てにお金を積み立てるよう指示することがあります。これが返済計画のシュミレーションになるのです。

シミュレーションが失敗すると…

机上の計算で「毎月この額なら返済できる」と思っても、実際に債務者がその通りにお金を管理できるとは限りません。シミュレーションがうまくいかなければ、返済計画を見直す必要があるでしょう。場合によっては任意整理での借金整理は困難と判断され、個人再生や自己破産に移行する可能性もあります。

借金返済には送金代行を利用することもできる

送金代行で延滞してしまう可能性を減らす

シミュレーションで積み立てたお金は、貸金業者との和解が成立したら支払いに充てられます。実際に、任意整理手続き終了後に借金を返済するときは、弁護士などにお金を預けて債権者への送金を代行してもらうことが可能です。

送金代行とは

弁護士や司法書士が窓口となって債務者が積み立てたお金を貸金業者などに支払う仕組みを「送金代行」といいます。代行してもらうためには、債権者1社につき約1,000円の手数料がかかります。事務所によっては利用が必須となっているところもあります。

送金代行の目的とは

送金代行の目的は、債務者が遅滞なく支払いを行えるよう管理することです。債務者本人が直接振込みをする場合、「債権者が多くて1社だけ支払いを忘れてしまった」「忙しくて支払い期日を過ぎてしまった」というミスを招きかねません。延滞を繰り返してしまえば最悪の場合、残債の一括返済を求められることもあります。

送金代行を利用したほうがいい人とは

送金代行の利用が必須となっていない場合でも、以下に該当する債務者は送金代行を利用したほうがいいでしょう。

返済スケジュールの管理に自信がない人

任意整理手続き後に借金を返済するときには、「各業者にいくらずつ返したか」を債務者自身が常に把握しておく必要があります。返済スケジュールの管理を自力で行う自信がない人や、うっかり支払いを忘れる可能性のある人は、手数料を払ってでも送金代行を利用する価値があるでしょう。

絶対に家族に知られたくない人

自分で直接債権者に借金を返済していく場合、業者側から連絡事項が発生したときは債務者に直接連絡がきます。秘密で任意整理を行っている人の自宅に業者の社名入りの封筒が届けば、家族に気づかれるリスクが高まります。送金代行を利用すれば弁護士事務所などが連絡窓口になってくれるので安心です。

お金の管理が苦手な方こそ、弁護士や司法書士に相談を

返済計画のポイントは、支払い方法も含めてリアルな返済生活をイメージし、家計を圧迫しない返済額・返済期間を見極めることです。今までお金の管理が苦手だったという方にとっては、自力でスケジュールを把握して返済していくのは難しいのではないでしょうか。最近は無料で相談に応じてくれる弁護士や司法書士も増えているので、借金整理に悩んでいる方は相談してみてください。

都道府県から債務整理に強い弁護士を探す
北海道・東北地方 北海道青森岩手秋田宮城山形福島
関東 東京埼玉神奈川千葉茨城栃木群馬
北陸・甲信越 新潟山梨長野石川富山福井
東海 愛知静岡岐阜三重
関西 大阪京都奈良兵庫滋賀和歌山
中国・四国 広島岡山山口鳥取島根香川徳島愛媛高知
九州 福岡熊本大分宮崎佐賀長崎鹿児島沖縄
債務整理を弁護士に無料相談

借金問題こんな悩みに苦しんでいませんか?

  • 複数の借入先があり、返済しきれない
  • 毎月返済しても借金が減らない
  • 家族に知られずに借金を整理したい
  • 借金を整理しつつ、自宅・車は残したい
借金問題に強い弁護士を探す
弁護士に相談することに不安が残る方へ
家族に内緒で債務整理したい!その方法とは?
債務整理にかかる弁護士費用って、一体どれくらいかかるの?
個人再生手続きは弁護士などへの法律相談から。流れを完全理解!
お金がないからと諦めないで!個人再生にかかる費用を徹底比較
特定調停を申し立てる5つのメリットにはどんなものがある?
自己破産後の生活まとめ~仕事・私生活はどうなる?いつかは回復する?

ご相談状況

  • 電話相談:完全無料
  • 弁護士/司法書士:41事務所
  • 相談件数:1,000件 突破

債務整理弁護士相談広場は、借金返済に苦しむ方のための情報ポータルサイトです。「任意整理・個人再生・過払い」などのコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。過払いが発生している場合には、すでに借金返済が終わっているにも関わらず、払い続けているという事態があり得ます。借金問題でこれ以上苦しまないためにも、まずはご自分の状況を相談してみましょう。

個人・法人ともに、確かなノウハウで 債務整理を円滑に実行します
Y&Aパートナーズ法律事務所
Y&Aパートナーズ法律事務所

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2017 Agoora.inc.

TOP