任意整理後も携帯・スマホは使える?機種変更やのりかえは?

スマホ

携帯電話利用料金の未払いがなければ、任意整理後も携帯・スマホの使用・機種変更・他社へののりかえは可能です。しかし任意整理では信用情報機関に5年間事故情報が登録されるので、その期間中は端末の購入で「分割払い」ができなくなります。分割払いはクレジットカードの買い物と同じ信用販売にあたり、信用情報をチェックされるからです。

債務整理を弁護士に無料相談

借金問題こんな悩みに苦しんでいませんか?

  • 複数の借入先があり、返済しきれない
  • 毎月返済しても借金が減らない
  • 家族に知られずに借金を整理したい
  • 借金を整理しつつ、自宅・車は残したい
借金問題に強い弁護士を探す

携帯・スマホに関わる2つの「ブラック」

もはや生活に欠かすことができない携帯電話やスマートフォン。任意整理の後、使用できるかできないかは心配なところでしょう。まずは、任意整理と携帯・スマホの関係を詳しく説明する前に、携帯・スマホに関わる2つの「ブラック」について知っておきましょう。

「携帯ブラック」

一つ目のブラックは、俗に言う「携帯ブラック」です。携帯電話会社が顧客の未払い情報を共有している仕組みのことで、携帯・スマホの利用に大きく関わってきます。

回線契約と端末の購入契約

まず携帯・スマホは契約の形式について理解しておきましょう。携帯・スマホの契約は、新しく持つ際もMNPを利用して他社にのりかえる際も、「回線契約」と「端末の購入契約」に分かれています。回線契約はdocomo・au・SoftBankといった携帯電話会社の通信回線を利用できる契約で、本体の購入契約は携帯・スマホの端末を買う契約です。

未払い情報は共有されている

携帯・スマホの利用者は利用分に応じた料金を毎月支払いますが、もしも未払いが発生した場合、その情報はTCA(電気通信事業者協会)という組織を通じて他の携帯電話会社にも共有されます。これが俗に「携帯ブラック」と呼ばれているものです。TCAはdocomo・au・SoftBankといった大手3社だけでなく、楽天イーモバイル・UQコミュニケーションズ・ニフティなど格安スマホの事業者も加盟しています。

携帯ブラックにも種類がある

携帯電話料金未払いの発生によって、ブラックになりはなりますが、それには種類があります。一つは、携帯電話を電話料金の滞納、もう一つは端末自体の分割料金の滞納による強制解約です。電話料金の滞納による強制解約は、TCAにてその情報が共有されます。

一方、携帯端末の分割料金の滞納による強制解約は、さらにCIC(指定個人信用情報機関)に情報掲載されていまいます。いずれの場合も、債務整理をしたしないにかかわらず、ブラックとして残り、5年間程度は抹消されません。

「携帯ブラック」になると

「携帯ブラック」になると、最悪の場合、回線契約が強制解約となり携帯・スマホが使用できなくなりますし、さらに他社であっても新規契約できません。しかし「携帯ブラック」を抜け出すことは簡単で、未払い分を支払えばすぐに縛りが解かれます。もし、未払いがあれば、他のキャリアであっても当然新規の契約も難しくなってくるので、契約したい場合は、まず未払いの料金をすべて支払ってから再契約するか、保証金を事前に納めてからの契約になる場合もあります。しかしキャリアによっては、かりに全額未納額を支払っても、一度踏み倒した経験があれば、再契約できない場合もあり注意が必要です。

「ブラックリスト」

もう一つの「ブラック」とは、俗に言う「ブラックリスト」のことです。ブラックリストとは、正しくは信用情報機関に事故情報が登録されることを指します。

携帯電話会社は信用情報機関に加盟

携帯電話会社は、株式会社シー・アイ・シー(CIC)や株式会社日本信用情報機(JICC)といった信用情報機関に加盟しています。携帯・スマホ端末購入で分割払いができる携帯電話会社は、「割賦販売法」に基づき顧客の支払い能力を調べることが義務付けられているからです。通常、端末の代金は数万円と高額で、分割払いにする消費者も多いです。先に商品を受け取って毎月少しずつ支払うスタイルは、クレジットカードの買い物と同様の信用販売にあたります。

任意整理と信用情報

任意整理を行うと信用情報機関に事故情報が登録され、5年間保存されます。登録されている間はクレジットカードの新規作成や利用ができなくなり、ローンや新たな借り入れも非常に難しくなります。

料金の支払い方法にも注意

携帯電話利用料金をクレジットカードで支払っている場合は、任意整理後の支払い方法を変更する必要があります。後の項目で説明しますが、携帯電話料金の未納があると最悪の場合強制解約されるなど携帯・スマホが今まで通り使用できなくなるので、忘れずに手続きしておく必要があります。

任意整理後の携帯・スマホ

ここまで「携帯ブラック」と「ブラックリスト」について理解してもらいました。では任意整理が携帯・スマホに与える影響について見ていきます。

影響が出ないこと

携帯電話やスマホが使えなくなったらどうしよう…と不安になるものですが、結論から言うと、携帯電話利用料金の未払いさえなければ、任意整理をしたことが携帯・スマホの利用に直接影響することはほとんどありません。

使い続ける・機種変更

任意整理をすると信用情報機関に事故情報が登録されますが、これは携帯電話会社との回線契約において問題視されることはありません。携帯電話利用料金を滞納せず支払いつづけてきたなら、携帯・スマホを今まで通り使うことができます。また機種変更をすることも可能です。つまり、滞りなく支払いを継続している以上、大きな問題はないと考えてよいでしょう。

他社にのりかえ

信用情報が傷ついていることは、他社へののりかえで新たに回線契約を結ぶことにも何ら問題は与えません。未払いがない、もしくは未払いが解消していれば、携帯電話会社は自由に選べます。問題になるのは、未払いで踏み倒した履歴や未払いが解消されていない場合です。

任意整理後の注意点

一方気をつけたいのは、機種変更や他社にのりかえる際は、新たに「端末の購入契約」が伴うとうことです。

端末の購入時に分割払いができなくなる

「ブラックリスト」の項目で述べたように、端末を分割払いで購入することは信用販売にあたります。つまり、携帯電話会社は購入者の信用情報を調べるということです。任意整理では事故情報が5年間登録されます。登録期間中は、クレジットカードの買い物ができないのと同様に、携帯・スマホ端末を分割払いで購入できないのです。

一括払いなら購入できる

任意整理後に機種変更やのりかえをするには、端末代金を一括で支払う必要があるのです。スマホの端末代金は高額化しており、人気の機種では10万円近いものもあります。場合によっては任意整理後の毎月の借金返済額よりも高額な可能性もあるでしょう。一括払いという思わぬ出費で経済的な立て直しの足元をすくわれるかもしれません。任意整理後の機種変更・のりかえは慎重になる必要があると言えます。

携帯・スマホの料金は滞納せず支払おう!

任意整理後の支払いに不安を感じるなら弁護士に相談を

携帯・スマホの利用に関しては、任意整理そのものよりも「料金の未払い」が大きく影響します。携帯・スマホは仕事や日常の必需品であるからこそ、任意整理前から利用料金だけは滞納せずに支払っておくべきです。もし、滞納がある場合など任意整理と携帯・スマホの利用について何か不安があれば、弁護士などの専門家に相談して不安を解消しましょう。

都道府県から債務整理に強い弁護士を探す
北海道・東北地方 北海道青森岩手秋田宮城山形福島
関東 東京埼玉神奈川千葉茨城栃木群馬
北陸・甲信越 新潟山梨長野石川富山福井
東海 愛知静岡岐阜三重
関西 大阪京都奈良兵庫滋賀和歌山
中国・四国 広島岡山山口鳥取島根香川徳島愛媛高知
九州 福岡熊本大分宮崎佐賀長崎鹿児島沖縄
債務整理を弁護士に無料相談

借金問題こんな悩みに苦しんでいませんか?

  • 複数の借入先があり、返済しきれない
  • 毎月返済しても借金が減らない
  • 家族に知られずに借金を整理したい
  • 借金を整理しつつ、自宅・車は残したい
借金問題に強い弁護士を探す
弁護士に相談することに不安が残る方へ
家族に内緒で債務整理したい!その方法とは?
債務整理にかかる弁護士費用って、一体どれくらいかかるの?
個人再生手続きは弁護士などへの法律相談から。流れを完全理解!
お金がないからと諦めないで!個人再生にかかる費用を徹底比較
特定調停を申し立てる5つのメリットにはどんなものがある?
自己破産後の生活まとめ~仕事・私生活はどうなる?いつかは回復する?

ご相談状況

  • 電話相談:完全無料
  • 弁護士/司法書士:41事務所
  • 相談件数:1,000件 突破

債務整理弁護士相談広場は、借金返済に苦しむ方のための情報ポータルサイトです。「任意整理・個人再生・過払い」などのコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。過払いが発生している場合には、すでに借金返済が終わっているにも関わらず、払い続けているという事態があり得ます。借金問題でこれ以上苦しまないためにも、まずはご自分の状況を相談してみましょう。

個人・法人ともに、確かなノウハウで 債務整理を円滑に実行します
Y&Aパートナーズ法律事務所
Y&Aパートナーズ法律事務所

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2017 Agoora.inc.

TOP