「債務整理」と「任意整理」はどう違う?任意整理の特徴とは?

任意整理による債務者と債権者の和解までの年月

返済が行き詰まった借金を整理することを「債務整理」と言います。その手法には、自己破産・個人再生・特定調停、そして「任意整理」の4種類があります。任意整理では、債務者と債権者が交渉して債務額が減額され、3〜5年かけて返済します。周囲に秘密にしやすく、保証人を巻き込まずに済むなどのメリットがあります。

債務整理を弁護士に無料相談

借金問題こんな悩みに苦しんでいませんか?

  • 複数の借入先があり、返済しきれない
  • 毎月返済しても借金が減らない
  • 家族に知られずに借金を整理したい
  • 借金を整理しつつ、自宅・車は残したい
借金問題に強い弁護士を探す

債務整理と任意整理はどう違う?

借金の返済が膨らんで手に負えなくなってしまったとき、「自己破産するしかない」と思う方もいるでしょう。借金の整理は自己破産というイメージが強く、恐怖感も感じるものですが、実は債務整理には任意整理などの別の方法もあります。

債務整理とは

借金に関して、返済する義務があることを法律用語で「債務」と表現します。つまり「債務整理」とは借金を整理するという意味です。「債務者」は借金をしている人のことで、逆に「債権者」はお金を貸している、貸付業者などのことです。

「債務整理」とは借金を整理すること

債務整理は、多額の債務に苦しむ債務者の負担を軽減又は帳消しにして、経済的な更生を図る手続きの全てを指す言葉です。手続きの種類は、大きく分けて「自己破産」「個人再生」「特定調停」「任意整理」という4つの方法があります。

「任意整理」は債務整理の一種

「任意整理」は、債務整理手続きの中の一つの方法です。任意整理は、債務者(依頼すれば弁護士や司法書士が代理人になる)が債権者と交渉し借金総額の減額を依頼するものです。これまで利息の返済に追われ元本が減らなかった債務が、任意整理によって将来利息などがカットされることで返済のペースが上がります。通常3〜5年かけて分割返済していきます。

自己破産と任意整理

では、次に任意整理とはどんな手続きなのか、他の債務整理手続きと比べながら説明していきます。まずは自己破産との違いについても確認してみましょう。

自己破産は債務整理の最終手段

債務整理の中で自己破産は、誰もが聞いたことがあるでしょう。債務者が支払不能に陥った場合、裁判所に申し立てて認められれば、財産の大部分を放棄する代わりに債務が免除されます。借金を返す必要がなくなるので返済の苦しさからは一気に解放されますが、マイホームを手放さなくてはならないなどデメリットも大きいため、債務整理の「最終手段」と言えます。

任意整理との違い

一方、任意整理は債務の総額が200万円程度以下(※1)の人に適している方法です。自己破産と違って整理後も債務はなくならず、減額された残りの債務(残債)を3〜5年間かけて完済します。一方、すべての債務整理手続きに言えることですが、手続き後は債務者の信用情報に事故情報が登録され、俗に言う「ブラックリストに載る」状態になります。任意整理の登録期間は自己破産より短くて済みます。

個人再生と任意整理

次に、個人再生と任意整理の違いについてです。

個人再生は債務額が5000万円未満

個人再生は、住宅ローンを除く債務額の合計が5000万円未満の人が対象で、裁判所に申し立てて再生計画案が認められれば、債務額を最大で5分の1まで圧縮できます。マイホームを手放さずに債務整理できることが特徴です。

任意整理との違い

個人再生は、任意整理よりも債務額の大きい人が対象です。また、個人再生では債務全体を一括して整理しますが、任意整理は整理の対象とする債務を選べます。個人再生は、保証人付きの債務を整理対象から外せないので、保証人を必ず巻き込むというデメリットがあります。

特定調停と任意整理

そして、特定調停と任意整理の違いについてです。

特定調停は弁護士なしで行う

特定調停は、対象とする債務の規模感は任意整理と似ていますが、弁護士に依頼しなくても自分でできるので、弁護士費用を用意できない人も可能な債務整理です。借金を減額してほしい債務者と相手方の債権者との間に、裁判所が介入して解決案を提示します。通常、減額された債務を3年で返済する計画を立て、合意すれば調停が成立します。

任意整理との違い

任意整理との違いは、特定調停は債務整理にかかる費用を大幅に節約できる点です。また、任意整理を行うには安定収入が必要ですが、特定調停は無職でも申し立て可能で、調停が開かれるまでに職に就いていれば良いとされています。一方、弁護士を依頼しない分書類の準備などにかける時間や労力といったコストは避けられません。

任意整理の特徴とは?

4つの債務整理手続きの違いが、おおまかに理解できたでしょうか?「任意整理」は借金の金額が比較的少ない人のためにあり、完済と生活再建を目指して多くの方が利用している方法です。

任意整理のメリット

では、さらに任意整理について詳しく説明します。任意整理には次のようなメリットがあります。

家族・職場・知人に秘密にできる

誰にも知られずに債務整理を行いたい方には任意整理が最も適しています。代理人となる弁護士等には守秘義務があるうえ、周囲に知られない配慮もしてくれます。家族に秘密にしたいというケースなら、連絡は自宅の電話ではなく本人の携帯電話に、また、事務所の名前入りの封筒で書類を送付しない、といった具合です。また、自己破産や個人再生と違って官報に氏名・住所が掲載されることもありません。

保証人を巻き込まずに済む

前章の個人再生の項目でも述べましたが、任意整理では整理する債務を選べます。自己破産や個人再生で保証人付きの債務を整理した場合は、一括請求が行ってしまいます。

しかし、任意整理では保証人に知られたくない・迷惑をかけたくない場合でも、保証人付きの債務を外して任意整理をすれば、保証人に請求がいくことはありません。保証人付きの債務は通常通り返済を続け、他の債務を任意整理すればいいのです。ただし、返済が滞れば保証人に連絡がいくことになるので、注意が必要です。

複雑な手続きが必要でない

任意整理は、裁判所を介さない当事者間の交渉です。裁判所の判断を仰ぐ他の方法と比べて手続きはシンプルで、弁護士などの専門家に依頼している場合は、債務者にとって手間になるようなことはほとんどありません。収入の証明書や家計簿を用意したり、時間をかけて勉強する必要もありません。

任意整理のデメリット

一方、任意整理にはデメリットもあります。

借金減額の効果が小さい

まず、自己破産や個人再生と比べると借金減額の効果は限定的と言えます。将来利息や遅延損害金はカットされますが、借金の元本が減るわけではありません。しかし利息制限法に基づく引き直し計算で過払い金が見つかれば、元本が減ったり、場合によっては残債が完済できるうえ過払い金の返還を受けることが可能です。

信用情報期間に事故情報が登録される

任意整理後の5年間は信用情報機関に事故情報が保存されます。この期間中は新しくクレジットカードに申し込んだり、利用・更新することができません。また、ローンなど新たな借り入れも難しくなるので、住宅や車などの購入でローンを組みたい場合は、5年が経過して事故情報が削除されるのを待たなければいけません。

「債務整理」の4つの種類と、そのうちの「任意整理」について特徴を紹介しました。任意整理は比較的デメリットが少ない方法と言えますが、債務整理を検討している場合、どの方法がベストかは人それぞれです。ぜひ弁護士や司法書士の無料相談を活用してください。

※1:参照元:石原豊昭『【借金完全整理】自己破産マニュアル第4版』(出版社、2016) pp.26

都道府県から債務整理に強い弁護士を探す
北海道・東北地方 北海道青森岩手秋田宮城山形福島
関東 東京埼玉神奈川千葉茨城栃木群馬
北陸・甲信越 新潟山梨長野石川富山福井
東海 愛知静岡岐阜三重
関西 大阪京都奈良兵庫滋賀和歌山
中国・四国 広島岡山山口鳥取島根香川徳島愛媛高知
九州 福岡熊本大分宮崎佐賀長崎鹿児島沖縄
債務整理を弁護士に無料相談

借金問題こんな悩みに苦しんでいませんか?

  • 複数の借入先があり、返済しきれない
  • 毎月返済しても借金が減らない
  • 家族に知られずに借金を整理したい
  • 借金を整理しつつ、自宅・車は残したい
借金問題に強い弁護士を探す
弁護士に相談することに不安が残る方へ
家族に内緒で債務整理したい!その方法とは?
債務整理にかかる弁護士費用って、一体どれくらいかかるの?
個人再生手続きは弁護士などへの法律相談から。流れを完全理解!
お金がないからと諦めないで!個人再生にかかる費用を徹底比較
特定調停を申し立てる5つのメリットにはどんなものがある?
自己破産後の生活まとめ~仕事・私生活はどうなる?いつかは回復する?

ご相談状況

  • 電話相談:完全無料
  • 弁護士/司法書士:42事務所
  • 相談件数:1,000件 突破

債務整理弁護士相談広場は、借金返済に苦しむ方のための情報ポータルサイトです。「任意整理・個人再生・過払い」などのコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。過払いが発生している場合には、すでに借金返済が終わっているにも関わらず、払い続けているという事態があり得ます。借金問題でこれ以上苦しまないためにも、まずはご自分の状況を相談してみましょう。

弁護士と連携して臨機応変に対応! 過払い金の実績豊富!
司法書士法人ジェネシス
司法書士法人ジェネシス

基本報酬0円から!小額の過払い金でも安心
全国どこでも安心してご相談できます。

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2017 Agoora.inc.

TOP