特定調停を申立る5つのメリット

特定調停手続きは、他の債務整理の方法と比較して比較的簡単な手続きのため、債務者自身で行う債務整理の方法として多くの方に利用されています。

そこでこのページでは、特定調停を行うメリットについて考えてみたいと思います。

特定調停は、費用が安いメリット

特定調停のメリットとしてまず挙げられるのは、債務者個人で申立を行うため、費用が非常に安く済むことです。

弁護士依頼は最低でも2万円程度の費用に

通常の債務整理手続きでは、弁護士や司法書士といった債務整理の専門家に手続きを依頼します。この場合、弁護士と比較して費用の安い司法書士に依頼者した場合でも、特定調停の対象となる各債権者1社当たり2万円程度の費用がかかります。

特定調停を債務者個人で行えば、債権者1社当たり500円と郵便切手代数千円程度(債権数によって異なる)で済みます。

借金の原因は問わないメリット

自己破産の場合は、破産申し立ての原因が問われ、原因によって手続きが異なりますが、特定調停では、借金の原因は問われません。

債権者のからの取り立てが止まるメリット

特定調停を申立ると、裁判所から債権者に対して連絡が送付され、申し立て後2,3日以内に取り立て行為が止まります。

調停委員が返済計画を職権で決定できるメリット

異議の申し立て個人再生等では、債務者が立てた返済計画に対して、債権者が承諾せず不調に終わることがあります。

この点、特定調停では裁判所が職権で和解案の決定を行う事が出来ます。これは、民事調停法17条に基づく「17決定」と呼ばれています。「17条決定」に対しても、債権者は異議の申立を行う権利がありますが、一般的に異議の申し立てを行う場合は少ないと言えます。

強制執行を止めるメリット

債務者と債権者の間で債務の履行がない場合は、強制執行を容認する趣旨の公正証書を作成している場合があります。公正証書は確定判決と同様の効力を持ち、判決書がなくても債務者の財産に強制執行できる効力を持ちます。

ただ複数の債権者が存在するのに、特定の債権者にだけ強制執行を認めたのでは、債務者の返済原資を不足させ、特定調停の円滑な進行を阻害する恐れがあります。

特定調停の進行妨げには民事執行手続きの停止を

そこで特定調停法は、特定調停の円滑な進行を妨げるおそれがある場合等に、民事執行手続きの停止を命ずることが出来るように規定しています。

また強制執行停止のためには、通常、相当額を担保として積み立てておく必要があります。しかし特定調停の申立人は、「経済的に破綻するおそれのある債務者」なので、無担保での執行停止も認められています。

尚、この制度が強制執行を免れることのみを目的に濫用される場合もあります。そのため裁判所によっては、執行停止要件に一定の担保を求める運用がなされているところもあるので注意が必要です。

債務整理を弁護士・司法書士に無料相談

借金問題こんな悩みに苦しんでいませんか?

  • 複数の借入先があり、返済しきれない
  • 毎月返済しても借金が減らない
  • 家族に知られずに借金を整理したい
  • 借金を整理しつつ、自宅・車は残したい
借金問題に強い弁護士・司法書士を探す
弁護士に相談することに不安が残る方へ
家族に内緒で債務整理したい!その方法とは?
債務整理にかかる弁護士費用って、一体どれくらいかかるの?
個人再生手続きは弁護士などへの法律相談から。流れを完全理解!
お金がないからと諦めないで!個人再生にかかる費用を徹底比較
特定調停を申し立てる5つのメリットにはどんなものがある?

ご相談状況

  • 電話相談:完全無料
  • 弁護士/司法書士:38事務所
  • 相談件数:1,000件 突破

債務整理弁護士相談広場は、借金返済に苦しむ方のための情報ポータルサイトです。「任意整理・個人再生・過払い」などのコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。過払いが発生している場合には、すでに借金返済が終わっているにも関わらず、払い続けているという事態があり得ます。借金問題でこれ以上苦しまないためにも、まずはご自分の状況を相談してみましょう。

弁護士と連携して臨機応変に対応! 過払い金の実績豊富!
司法書士法人ジェネシス
司法書士法人ジェネシス

基本報酬0円から!小額の過払い金でも安心
全国どこでも安心してご相談できます。

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2017 Agoora.inc.

TOP