自己破産が管財事件になるケース、ならないケース

管財事件

裁判所では、自己破産の申立がなされると、同時廃止事件、管財事件(少額管財事件)のいずれかの方法にて処理します。この2つの大きな違いは、かかる費用と時間の負担です。
もっとも負担の少ない同時廃止事件として処理されるためにも、管財事件のタイプについて詳しく解説し、どう対策するのが良いかについても解説していきます。

債務整理を弁護士に無料相談

借金問題こんな悩みに苦しんでいませんか?

  • 複数の借入先があり、返済しきれない
  • 毎月返済しても借金が減らない
  • 家族に知られずに借金を整理したい
  • 借金を整理しつつ、自宅・車は残したい
借金問題に強い弁護士を探す

自己破産には2つの処理方法「同時廃止事件」と「管財事件」がある

自己破産には、「同時廃止事件」と「管財事件」という2つの処理方法があり、どちらで処理されるかにより、申立人が負担する費用や解決までにかかる期間が異なります。また、さらに細かい分類として、管財事件には比較的少額で処理される「少額管財事件」という処理方法もあります。

今回は、この同時廃止事件と管財事件の違いについて解説し、費用負担の多い管財事件になるケース、ならないケースについてご説明します。

そもそも自己破産の管財事件とは?

管財事件というのは、破産手続きを処理する「破産管財人」の選任が必須です。

破産手続きとは、申立人の財産を調査したり、必要があれば申立人の保有財産(不動産など)を現金化し、各債権者に均等分配したりと、主にお金の移動や調査などを担当することになります。この破産管財人は、裁判所から選任された弁護士が担当し(依頼した弁護士による兼用は不可)、事件処理のための報酬額を申立人が費用を予納しなければならないとされています。このため、破産管財人の選任が必要のない同時廃止事件と違って、管財事件の場合はどうしても申立人の費用負担が大きくなってしまうのです。こうした点からも、自己破産申し立ての際は可能な限り避けたいところです。

自己破産の管財事件にて納める予納金

では、具体的に管財事件として処理されるとどの程度の予納金がかかるのでしょうか?

通常の管財事件の場合、以下の費用がかかることになっています(東京地裁の場合)。

通常管財事件の場合
借金総額 予納金
5000万円未満 70万円
5000万円以上 1億円未満 100万円
1億以上 5億円未満 200万円
5億以上 10億未満 300万円
10億以上 50億未満 400万円

※借金総額の増額に応じて、予納金は最大1000万円以上になることも

このように、通常の管財事件として処理されると、最低でも70万円は納めなければなりません。また、最低基準である5000万円もの借金を抱えている個人の方は少ないことから(法人がほとんど)、個人破産の場合は、以下で説明する少額管財事件による処理がメインとなります。

少額管財事件の場合

少額管財事件の場合、一般的には20万円が予納する最低額となります。

上記のような借金総額に応じた基準等は特にありません。

ただ、申立人の保有財産次第では、多少の上下がある可能性はあります。というのも、実は裁判所へ納める予納金は、裁判所毎に若干基準が異なっており、金額が固定されているわけではありません。一般的には20万円という認識で問題はありませんが、最終的な金額の決定は、各裁判所にて行われていると覚えておきましょう。

自己破産が少額管財事件として処理されないために

では、少額管財事件として処理されないために、どういった点に気を付けるべきでしょう?

実は、少額管財事件と同時廃止事件の境界は紙一重となる場合も多く、対策次第では同時廃止事件として処理される可能性を高めることもできるのです。同時廃寺事件として処理されれば、破産管財人への費用を納める必要がなくなるため、最小限の費用負担で自己破産を終えることができます。

少額管財事件となる4つのタイプ

少額管財事件には、おおまかに4つのタイプがあるといえます。

以下で説明する4つに当てはまらないように事前対策していれば、同時廃止事件として処理される可能性がより一層高まるというわけです。

免責調査タイプ

自己破産には免責不許可事由といって、過剰なギャンブル・ショッピングや偏波弁済など、免責不許可に相当する事由がある場合、裁判官の判断で免責調査が行われます。

免責調査とは、裁判官が免責許可を判断するにあたって、免責が妥当かどうかを破産管財人に調査させるというものです。よって、免責不許可事由がある場合、誠実な態度で手続きに臨むだけでなく、裁判所からの
指示には必ず従うようにし、いかに免責調査が必要ないことを裁判官に説明できるかが重要となります。審尋(裁判所にて行われる裁判官との面接)での裁判官とのやり取りは非常に重要です。

なお、自己破産を弁護士に依頼していた場合、審尋に立ち会ってもらえるため、手続きを有利に進めていける利点があります。

財産返済タイプ

次に、申立人に一定以上の財産がある場合、その財産は破産手続きの中で債権者に均等に分配しなければなりません。この分配処理が、実は破産管財人の業務となっています。

一定以上の財産とは、多くの裁判所にて20万円を超える財産としており、この金額以下であれば、そのままの保有が認められ破産管財人を選任させる必要がなくなります。

きわどい金額を保有している場合は、弁護士費用に充てたり、生活費の一部として費消したりすることで、申立前に財産の調整を行うことである程度は対策可能です。

過払い請求タイプ

自己破産の申立後、過払い金の存在が明らかになった場合、当然、返済のために歌唄金を取り戻すことになります。この際、裁判所が個人の過払い金請求を行うことはないため、破産管財人が選任され、本人に代わって過払い請求(法的には不当利得金といいます)を行います。とはいえ、自己破産申し立てを専門家に依頼していれば、申立の前段階で過払い金の存在に気付き、請求も併せて行うのが通常の処理です。

よって、こちらのタイプにて少額管財事件となるのは、個人が過払い金の存在に気付かず、自己破産の申し立てをした場合に多くなっています。

その他に調査が必要な場合

上記いずれにも当てはまらないものの、何かしらの調査が必要と裁判官が判断した場合も、破産管財人が選任されることになっています。こちらについては裁判官の判断が色濃く反映されるため、どういった調査が行われるかは一概には言えません。まさにケースバイケースです。しかし、裁判官が調査を必要と判断する理由は、自己破産の申立書や添付書類に不明瞭な点が多く、調査不十分を理由に破産管財人が選任されるケースがほとんどです。
よって、自己破産へと至る事情をしっかり説明し、収支状況や保有財産がわかるよう疎明書類を提出していればまず心配ありません。専門家に自己破産手続きを依頼し、指示された通りに手続きへ臨めば、調査不十分と判断される可能性はほぼないためご安心ください。

自己破産の管財事件には弁護士の存在が非常に重要

このように、自己破産を少額管財事件として処理されないためには、専門家の存在が非常に重要となっています。特に、本人に代わって手続きを代理で進めていくことのできる弁護士の存在は、手続きを有利に進めるためにも重要な存在です。

個人申立は結果として負担が大きくなる

自ら自己破産申し立てをすることで費用を節約したいと考える方も多いかもしれませんが、現実は、明瞭な申立書の作成ができなかったり、添付すべき疎明資料がいくつも不足していたり、裁判所とのやり取りをそつなくこなせないといったケースがほとんどです。

となれば、裁判官は手続きを円滑に進めるためにも破産管財人の存在が必須と判断し、結果として、弁護士に支払う費用負担よりも多くの予納金を納めることになってしまいます。それだけでなく、手続きにも時間がかかってしまいますし、裁判所とのやり取りだけでなく破産管財人とのやり取りもしていかなければなりません。

自己破産は弁護士に依頼しよう

こうした点からも、自己破産は余計な負担を背負い込まないために、弁護士に依頼することを強くおすすめします。

都道府県から債務整理に強い弁護士を探す
北海道・東北地方 北海道青森岩手秋田宮城山形福島
関東 東京埼玉神奈川千葉茨城栃木群馬
北陸・甲信越 新潟山梨長野石川富山福井
東海 愛知静岡岐阜三重
関西 大阪京都奈良兵庫滋賀和歌山
中国・四国 広島岡山山口鳥取島根香川徳島愛媛高知
九州 福岡熊本大分宮崎佐賀長崎鹿児島沖縄
債務整理を弁護士に無料相談

借金問題こんな悩みに苦しんでいませんか?

  • 複数の借入先があり、返済しきれない
  • 毎月返済しても借金が減らない
  • 家族に知られずに借金を整理したい
  • 借金を整理しつつ、自宅・車は残したい
借金問題に強い弁護士を探す
弁護士に相談することに不安が残る方へ
家族に内緒で債務整理したい!その方法とは?
債務整理にかかる弁護士費用って、一体どれくらいかかるの?
個人再生手続きは弁護士などへの法律相談から。流れを完全理解!
お金がないからと諦めないで!個人再生にかかる費用を徹底比較
特定調停を申し立てる5つのメリットにはどんなものがある?
自己破産後の生活まとめ~仕事・私生活はどうなる?いつかは回復する?

ご相談状況

  • 電話相談:完全無料
  • 弁護士/司法書士:41事務所
  • 相談件数:1,000件 突破

債務整理弁護士相談広場は、借金返済に苦しむ方のための情報ポータルサイトです。「任意整理・個人再生・過払い」などのコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。過払いが発生している場合には、すでに借金返済が終わっているにも関わらず、払い続けているという事態があり得ます。借金問題でこれ以上苦しまないためにも、まずはご自分の状況を相談してみましょう。

個人・法人ともに、確かなノウハウで 債務整理を円滑に実行します
Y&Aパートナーズ法律事務所
Y&Aパートナーズ法律事務所

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2017 Agoora.inc.

TOP