自己破産のデメリット~ 自己破産するとすべてが終わる?

自己破産のデメリット

自己破産にはどんなデメリットがあるのか?多くの方はこのデメリットを正しく理解していないため、「自己破産するとすべてが終わる」といった間違った認識をしてしまっています。そこで今回は、自己破産のデメリットについて詳しく解説した上で、自己破産が本当はどういった手続きなのかについてご説明していきます。

債務整理を弁護士に無料相談

借金問題こんな悩みに苦しんでいませんか?

  • 複数の借入先があり、返済しきれない
  • 毎月返済しても借金が減らない
  • 家族に知られずに借金を整理したい
  • 借金を整理しつつ、自宅・車は残したい
借金問題に強い弁護士を探す

自己破産するとすべてが終わる?

自己破産することで借金の法的な支払い義務はすべて免除されます。どれだけ借金があっても、自己破産さえ認められれば支払う必要がなくなるのです。

しかし、自己破産はこの多大なメリットのせいか、それ以上デメリットがあり、自己破産すると人生を棒にふる、すべてが終わる、などといったイメージを抱いている方もいます。

では、実際のところ、自己破産するとどうなってしまうのでしょうか?今回は、自己破産のデメリットについて詳しくご説明していきます。

自己破産のデメリットは?

自己破産のデメリットは、おおまかに以下の5つとなっています。

1.数年間は新たな借り入れができない

自己破産すると、その事実が個人信用情報機関に事故情報として記録されます。いわゆるブラックリスト、ブラック状態などと呼ばれ、クレジットカードや住宅ローンなどの審査に通ることが困難になってしまうのです。

今まで借り入れが癖になっていた方にとっては、多大なデメリットになり得ます。

事故情報はいずれ抹消される

とはいえ、この事故情報はいつまでも残ってしまうわけではなく、期間経過によって抹消される取り扱いです。個人信用情報機関によっては抹消までの期間を規定内に明示していないため確実ではありませんが、免責決定からおおよそ5~7年程度で抹消されます。

事故情報が抹消されれば、自己破産していない方となんら変わりありません。

2.保有財産が清算されてしまう

自己破産すると、自身が保有する財産が清算されてしまいます。清算の対象となる財産は、時価で20万円以上の価値がある財産です。自宅や自動車といった高価な財産、その他、解約返戻金が20万円以上となる生命保険や学資保険なども対象になってしまうため、積み上げてきた財産が多くある方にとって、保有財産の清算は多大なデメリットと言えます。

20万円未満であれば問題なし

しかし、捉え方を変えれば時価で20万円未満であれば保有可能ということ。

自宅といった不動産はどうしても高額になってしまうため保有継続は困難と言わざるを得ませんが、車であれば20万円未満の中古車も出回っていますし、解約返戻金さえなければ保険類も解約までしなければならないといったわけではありません。

もちろん生活必需品である家具家電などは、多くの場合で20万円未満(使用している以上中古品なので買値で売れることはまずない)になるので生活に困ることもありません。

3.職業・資格が制限されてしまう

自己破産すると、一部の職業・資格が制限されてしまいます。
おおまかには以下の通りです。

制限される職業・資格一覧

証券会社外務員、旅行業者、宅地建物取引業者、建設業者、不動産鑑定士、土地家屋調査士、生命保険募集人、商品取引所会員、有価証券投資顧問業者、警備業者、風俗営業、質屋、弁護士、司法書士、弁理士、公証人、公認会計士、税理士など

制限されるのは手続き中のみ

とはいえ、制限されるのは自己破産の手続き中のみとなっています。

具体的にいえば、裁判所への申立後から免責決定(借金が免除になる決定)が確定するまでの期間となっています。自己破産の申立内容によっても期間は多少前後しますが、一般的には3ヶ月~半年程度で制限は解除されるのでご安心ください。

よく制限の中に公務員が入っていると勘違いされがちですが、公務員は自己破産による制限対象には入っていない点も覚えておきましょう。

4.官報に掲載されてしまう

みなさんは官報をご存じでしょうか?
自己破産すると官報に掲載されてしまうというデメリットがあります。

官報とは、国が刊行している新聞のようなもので、法改正があった際の公示や破産や相続などに関する裁判内容が掲載されていて、行政機関の休日以外は毎日発行されています。
ここに自己破産の事実が住所氏名とともに掲載されるのです。

官報なんて誰も購読していない

しかし、ほぼ毎日にように発行されているというのに、読んだことがある方はほとんどいないのではないでしょうか。官報というのは、購読に料金もかかりますし、記載される内容も一般の方にとってはほとんど関係ないものばかりなので、購読しているという方はほとんどいません。法律実務に通じている弁護士や司法書士といった専門家でさえ、官報を毎日のように購読している方なんていないのです。

ということは、自己破産の事実が掲載されたところで、周囲に知れ渡る心配などほとんどないということ。そこまで恐れるデメリットではありません。

5.免責不許可になる場合もある

自己破産というのは、裁判所に認められれば誰でも借金の支払い義務がなくなります。

しかし、自己破産を申し立てたからといって必ず認められるわけではないデメリットもあります。というのも、自己破産の利用条件である、「支払い不能状態」であることに加え、免責不許可事由の存在も忘れてはいけません。免責不許可事由とは、免責許可が相当でない事由のことで、パチンコや競馬といった賭博行為、株やFXといった射幸行為、過剰なショッピングなどの浪費行為による借金はすべて免責不許可事由となっています。

反省と誠実な態度で手続きの臨むことが重要

とはいえ、免責不許可事由に該当していたからといって、絶対に免責決定が出ないわけではありません。自己破産では、たとえ免責不許可事由に該当していたとしても、担当裁判官自らの判断で免責決定を出す、「裁量免責」という制度があります。

裁判官は手続きの中で、申立人(自己破産を申請した人)を観察し、反省と誠実な態度で手続きに臨んでいると判断すると、裁量免責にて借金を免除にしてくれるのです。

人生が終わるようなデメリットは1つもない

上記のとおり、自己破産したところで人生が終わるようなデメリットは1つもありません。

ここまで読んできた方ならわかるように、自己破産のデメリットの中に一生背負い込むようなものはありませんし、一時的に制限されることはあっても、いずれは解かれるものしかありません。もちろん、借金の理由によって自己破産が認められないこともありません。

自己破産というマイナスイメージ

多くの方は、自己破産という言葉を目や耳にするだけで、マイナスイメージをどうしても抱いてしまいます。しかし、自己破産という手続きは、多重債務に陥って返済しきれなくなった方を救済するために国が作り上げた制度です。

デメリットを見てもらえばわかるように、無条件で借金が免除になるわけではありませんし、非合法な手続きでもなんでもありません。

自己破産は新生活をスタートさせるきっかけ

ということは、世間からの自己破産へのマイナスイメージは間違ったものと言えます。

自己破産は、なんらかの理由で借金を多額に抱えてしまった方が、新生活をスタートさせるためのきっかけになってくれる前向きな手続きとなっています。このように、自己破産には人生が終わるようなデメリットはありませんし、手続き後の生活も将来的には何不自由なく過ごせる取り扱いになっているのでご安心ください。

自己破産が必要な方は、ぜひ手続きを利用し、借金のお悩みから解放されてください。

都道府県から債務整理に強い弁護士を探す
北海道・東北地方 北海道青森岩手秋田宮城山形福島
関東 東京埼玉神奈川千葉茨城栃木群馬
北陸・甲信越 新潟山梨長野石川富山福井
東海 愛知静岡岐阜三重
関西 大阪京都奈良兵庫滋賀和歌山
中国・四国 広島岡山山口鳥取島根香川徳島愛媛高知
九州 福岡熊本大分宮崎佐賀長崎鹿児島沖縄
債務整理を弁護士に無料相談

借金問題こんな悩みに苦しんでいませんか?

  • 複数の借入先があり、返済しきれない
  • 毎月返済しても借金が減らない
  • 家族に知られずに借金を整理したい
  • 借金を整理しつつ、自宅・車は残したい
借金問題に強い弁護士を探す
弁護士に相談することに不安が残る方へ
家族に内緒で債務整理したい!その方法とは?
債務整理にかかる弁護士費用って、一体どれくらいかかるの?
個人再生手続きは弁護士などへの法律相談から。流れを完全理解!
お金がないからと諦めないで!個人再生にかかる費用を徹底比較
特定調停を申し立てる5つのメリットにはどんなものがある?
自己破産後の生活まとめ~仕事・私生活はどうなる?いつかは回復する?

ご相談状況

  • 電話相談:完全無料
  • 弁護士/司法書士:42事務所
  • 相談件数:1,000件 突破

債務整理弁護士相談広場は、借金返済に苦しむ方のための情報ポータルサイトです。「任意整理・個人再生・過払い」などのコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。過払いが発生している場合には、すでに借金返済が終わっているにも関わらず、払い続けているという事態があり得ます。借金問題でこれ以上苦しまないためにも、まずはご自分の状況を相談してみましょう。

弁護士と連携して臨機応変に対応! 過払い金の実績豊富!
司法書士法人ジェネシス
司法書士法人ジェネシス

基本報酬0円から!小額の過払い金でも安心
全国どこでも安心してご相談できます。

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2017 Agoora.inc.

TOP