自己破産の費用相場はいくらくらい?弁護士費用の相場は20~40万円程度!

弁護士費用

自己破産を弁護士(あるいは司法書士)にお願いしたいけど費用がどうしても不安・・・こんなお悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか?

そこで今回は、自己破産にかかる弁護士費用の全貌を明らかにします。費用は具体的にいくら程度になって、どう支払うか?正しい知識を身に付けましょう。

自己破産の費用は20万~40万が相場

まず皆様が求めているであろう結論から解説してしまうと、自己破産にかかる弁護士費用の相場は20~40万円程度です。もちろんあくまでも相場なので20万円より安く済むこともあれば、40万円以上かかってしまうこともあります。

自己破産の際、多くの方は書類作成をするだけの司法書士でなく弁護士に依頼をするかと思いますので、その前提で費用の相場を説明しております。

しかし、なぜこんなに幅があるのでしょうか?

弁護士は報酬額を自由に決められる

実は現在の弁護士は自ら受ける業務の報酬を自ら決めることができるのです。

以前までは日本弁護士連合会が報酬規程を定めていたのですが、平成16年に撤廃され、事務所ごと、弁護士事に自由に設定できるようになりました。これが報酬に幅がある理由となっています。

といっても、不当な高額請求をされる心配はほとんどありませんし、事前に料金体系についてしっかりと確認していればトラブルになる心配はありません。

以下で説明する自己破産時の報酬の内訳についてよく理解し、なににどれだけ費用がかかっているのかを把握できるようになりましょう。

補足:自己破産の定義とは?

詳しくご存知でない方のために軽く触れておきますと、借金問題に悩まされた方が最後に行き着く手続きが「自己破産」になります。

自己破産することで借金を返済する法的な義務がなくなり、生活を再スタートさせることができるのです。しかし、自己破産は裁判所に認めてもらわなければなりらず、どうしても弁護士などの専門知識が必要となってしまうのです。

とはいえ、弁護士と聞くと高額報酬を請求されるのでは?といった不安を抱く方も多いかと思います。

自己破産自体に発生する費用一覧

収入印紙代

まず破産申立に使用する収入印紙代が1,500円費用として発生します。

予納郵券代(切手代)

次に予納郵券代(切手代)が3,000円~15,000円ほど発生します。こちらは借り入れを行っている会社の数によって変動します。

借入先が多ければ多いほど、当然予納郵券代の金額も上がっていきます。

予納金と官報広告費

予納金と官報広告費に関しては事件によって大きく費用が異なります。

  1. 同時廃止事件の場合
    →10,000~30,000円
  2. 少額管財事件の場合
    →20万円前後
  3. 管財事件の場合
    →50万円前後

それぞれの詳細については以下の記事で詳しく解説していますので、ご自身のケースに合わせてご覧下さい。

自己破産で弁護士に支払う費用の内訳

自己破産を弁護士に依頼する際、支払うことになる費用は主に3つに分けられます。

  1. 着手金
  2. 実費
  3. 成功報酬

一般的に自己破産においては、上記以外に費用請求されることはありません。

以下にてさらに詳しく見ていきます。

なお、相談料については弁護士に依頼する前に発生することになりますが、現在、自己破産の相談時に相談料を取っている事務所は少なくなってきました。無料法律相談をうまく利用し、費用をかけずに弁護士からのアドバイスをもらいましょう。

1.着手金

着手金とは、弁護士が事件に着手する際に支払われるお金のことです。着手金の相場は、0~30万円となっています。

0円という金額に驚く方もいらっしゃるかもしれませんが、自己破産という手続きはお金に余裕のない方も利用する手続きです。初めからお金を用意できない方のために、着手金を0円としている事務所も中にはあります。着手金を0円にした分、以下で説明する成功報酬を多くとって、採算を取っているというわけです。

2.実費

実費については、正確にいえば弁護士に対して支払われるお金ではないのですが、自己破産のために実際にかかった費用として請求されるケースがほとんどです。

稀に、着手金や以下で説明する成功報酬に含むとしている事務所もあります。

なお、自己破産における実費としては、債権者や裁判所とのやり取りに必要となる郵便切手代として数千円、申立書を提出する際に貼付する収入印紙が数千円、裁判所に納めることになる予納金が数万円(処理状況によって大きく異なる)、弁護士が裁判所に行くために必要となった交通費・日当(弁護士毎にまちまちなので必ず確認)などが含まれます。

3.成功報酬

成功報酬とは、自己破産が裁判所に認められた際に支払われるお金です。一般的な相場としては、0円~30万円となっています。

ここでも0円という数字が出てきましたが、これは着手金を事前に取っていた場合に成功報酬までは請求しないという事務所があるためです。これとは逆に、着手金が0円だった場合にしっかりと成功報酬を請求するという事務所も当然あります。

重要なのは総額いくらになるのか

上記のように、自己破産の費用は大きく3つの項目で構成されています。

ここで重要になってくるのが、「総額がいくらになるのか」ということ。着手金0円と大々的に宣伝しているからといって必ずしも総額が安いとは限りません。たとえ着手金が0円でも成功報酬が40万円と相場より高く設定されていれば、実際に支払う金額は、着手金20万円成功報酬なしの事務所のほうが低く抑えられます。

弁護士費用が気になる方は、どの名目でいくら支払うのかについてよく確認し、総額がいくらになのかという点をしっかり確認してから決めると良いでしょう。

自己破産の費用を安く抑える方法

自己破産の手続き費用・弁護士費用と見てきましたが、それでは、こうした自己破産の費用をなるべく安く抑えるにはどうしたらよいでしょうか。
考えられる3つの方法をご紹介します。

自分で自己破産の手続を行う

自己破産の手続きを自力で行うと、たしかに費用はあまりかかりません。しかし、その分デメリットが少なくない点には、注意が必要です。

自己破産の手続きすべてを自分でしないといけない

自己破産の手続きは、難しい書類の準備や、裁判所との複雑なやり取りが必須です。
法律知識や実務経験がない人が自己破産を自力で行おうとした場合、弁護士に比べて時間がかかったり、ミスが発生したりする可能性が高くなります。手続きのミスが原因で免責許可が下りないという、最悪のケースも考えられます。
また、弁護士なしでは少額管財事件で処理することもできないため、保有している財産の状況によっては、管財事件での処理となって、自己破産にかかる費用が高く付く可能性もあります。

免責が降りるまで債権者からの督促は止まらない

弁護士に依頼した場合と違って、自己破産を申立てても債権者からの督促がストップしない点も大きなデメリットです。
債務者から自己破産の依頼を受けた弁護士が債権者に“受任通知”を送ると、債務者はそれ以降債務者に直接取立てを行ってはならないというルールがあります(貸金業法21条1項9号)。
自己破産を申立てからも厳しい取立てが続くとなると、精神的な負担はかなり大きいでしょう。
精神的な余裕を保ちながら安全に自己破産手続きを進めるためにも、弁護士に依頼することをオススメします。

着手金無料の法律事務所に相談

支払い方法も金額も相談可能

自己破産を検討している方は、弁護士に依頼する際にまとまったお金を支払うのが難しいことが多いものです。
最近では弁護士報酬の支払い方法も多様化していますので、着手金無料・分割払い対応の弁護士を探してみるのもオススメです。
法律事務所のホームページに「着手金無料」「分割払い対応」などと記載されていることも多いですが、不明な場合は直接確認してみましょう。

法テラスの民事法律扶助を利用する

自己破産に必要な費用を立て替えてもらえる

法テラス(日本司法支援センター)は、収入に関係なく全ての国民が司法を利用できるよう支援している機関です。3回までなら、無料法律相談も受けられます。
法テラスを通して弁護士に自己破産を依頼すると、弁護士費用を立替えてくれます。

立替えてもらった費用は、分割で弁済できます(弁護士費用は自己破産の免責対象ではないため、破産後の返済は必要です。)。
ただし、法テラスに出向いて相談に行った場合、弁護士を選べない点はデメリットです。

弁護士を選んで法テラス経由で自己破産することも可能

このデメリットを解消する方法として、弁護士に直接相談して法テラスに持ち込む“持ち込み方式”もあります。
ただし、“持ち込み方式”に対応している弁護士は限られています。
気になる弁護士がいれば、「法テラスに持ち込むことは可能かどうか」を事前に問い合わせてみましょう。

法テラス対応を行っている法律事務所は当サイトにも掲載されています。下記より条件の合う弁護士を探してみることをおすすめします。

生活保護受給者は免除になるケースも

生活保護受給者は、法テラスを通して自己破産を申立てれば、弁護士費用と予納金が免除してもらえる可能性があります。
ただし、自己破産終了後も引き続き生活保護受給者であることが、条件となっています。

司法書士に相談する

司法書士の自己破産相場は20~30万円。弁護士より少し安くなるケースも

自己破産の手続きは、弁護士以外に司法書士にも依頼することができます。費用は弁護士よりも全体的に安く、20~30万円程度が目安。
しかし司法書士の場合は、できる仕事の範囲が限られていることに注意が必要です。

裁判所や債権者とのやり取りは自分で行うことに

司法書士が行うのは、主に書類作成です。弁護士と違って、破産者の代わりに裁判所や債権者とのやり取りをしてくれる訳ではありません。
したがって、司法書士に依頼した場合には、裁判所や債権者とのやり取りを全て自分で行わなければならなくなります。この場合、精神的・事務的な負担はかなり大きなものとなるでしょう。

管財事件の場合、かえって費用が高くなるケースも

また司法書士は少額管財事件を行う権限を有していません。もし少額管財事件に移行する場合には、最初から弁護士に依頼していた場合よりも、かえって費用が高くついてしまうおそれがあります。
そのため、最初から弁護士に依頼しておいた方が、結果的に負担が少なくなることが多いようです。

自己破産の弁護士費用を支払えない場合は分割払いもOK

冒頭でも触れたように、自己破産にかかる弁護士費用の相場は総額で20~40万円程度です。

しかし、これほどの金額を一括で支払えない方が多いのも事実です。こういった場合は一括で支払えないことを弁護士に伝えることで、分割にしてもらうこともできます。

自己破産の場合は経済的余裕がほとんどないケースはめずらしくないため、ほとんどの事務所、そして弁護士が分割払いに応じてくれます。見栄などは張らず、正直に支払いが苦しいと伝えてください。

自己破産を弁護士に依頼すれば返済がストップする

特に着手金については分割での支払いを採用している事務所が多くあります。

そして自己破産手続きがスタートしたということは、借金の返済がストップするということです。つまり今まで返済に充てていたお金の一部を、着手金の分割払いに充てられるというわけです。

もちろん成功報酬についても分割払いを採用している事務所が多くあるため、相談してみる価値は十分にあります。

毎月の支払い額は相談で調整

では、毎月の支払い額はいくら程度になるのでしょうか?

こちらについては特に決められているわけではありません。依頼者の方の経済状況は人によって千差万別であるため、事情に応じて個別に金額が決められていきます。
たとえば、自己破産を依頼してからすぐは返済がストップしたとしても経済的余裕がなく、数千円程度しか支払えないケースも当然あります。その場合は、少し期間を置いてから増額して支払っていくといった方法も相談次第では可能となっています。

支払いの確認は必ず依頼前に

とはいえ、どこまで応じてくれるかは弁護士次第となっていますので、相談の段階でどの程度までなら応じてくれるのかについて、必ず確認しておきましょう。

一度依頼をしてしまうと、原則、支払った着手金はかえってきませんし、途中まで進めたとして手続きが完了していないのに費用を請求されることもあります。

こういったお金のトラブルに巻き込まれないためにも、支払いの確認は必ず依頼前に済ませ、双方納得した上で手続きに着手してもらってください。

自己破産の弁護士費用まとめ

今回は自己破産を弁護士に依頼する際に発生する費用について紹介しました。

基本的に弁護士に依頼する際に発生する20万~40万円及び自己破産そのものに発生する金額が費用となりますが、分割をすることも可能です。

そのため、経済的な余裕がなくとも自己破産をすることは十分にできますので、まずはお近くの弁護士に無料相談をしてみてはいかがでしょうか。

都道府県から債務整理に強い弁護士を探す
北海道・東北地方 北海道青森岩手秋田宮城山形福島
関東 東京埼玉神奈川千葉茨城栃木群馬
北陸・甲信越 新潟山梨長野石川富山福井
東海 愛知静岡岐阜三重
関西 大阪京都奈良兵庫滋賀和歌山
中国・四国 広島岡山山口鳥取島根香川徳島愛媛高知
九州 福岡熊本大分宮崎佐賀長崎鹿児島沖縄

ご相談状況

  • 弁護士/司法書士:183事務所
  • 相談件数:4,000件 突破

債務整理弁護士相談広場は、借金返済に苦しむ方のための情報ポータルサイトです。「任意整理・個人再生・過払い」などのコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。過払いが発生している場合には、すでに借金返済が終わっているにも関わらず、払い続けているという事態があり得ます。借金問題でこれ以上苦しまないためにも、まずはご自分の状況を相談してみましょう。

借金問題に終止符を打つ! 高い交渉力で任意整理も安心!
シン・イストワール法律事務所
シン・イストワール法律事務所

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2020 Agoora.inc.

現在地を取得できませんでした

お使いのブラウザでは現在地情報を利用できない可能性があります。
設定から位置情報サービスをオンにして頂くか、下記コンテンツ等をご利用ください。

債務整理に強い弁護士・司法書士一覧

×

TOP