破産障害事由とは~自己破産手続き開始を妨げ、破産決定しないケース

破産障害事由

自己破産は自分の好きなタイミングで利用できる手続きではありません。

裁判所からの許可をもらって、はじめて借金の支払い義務をなくすことができるのです。そして、自己破産手続きを進める許可をもらうには、破産障害事由に該当しないことが条件となっています。今回は、破産障害事由について具体的に見ていきましょう。

債務整理を弁護士に無料相談

借金問題こんな悩みに苦しんでいませんか?

  • 複数の借入先があり、返済しきれない
  • 毎月返済しても借金が減らない
  • 家族に知られずに借金を整理したい
  • 借金を整理しつつ、自宅・車は残したい
借金問題に強い弁護士を探す

破産障害事由とは?

自己破産という手続きは、裁判所に自己破産の申立をし、申立が認められて初めて実際の手続きへと進んでいきます。その後、破産手続きを経て、免責決定(返済の法的義務がなくなる決定)が確定することで終了します。

自身、もしくは専門家に「自己破産します」と宣言・依頼をして、自動的に借金の支払い義務がなくなる手続きではないのです。必ず裁判所が関わってきます。しかし、裁判所に申立をしたからといって必ず認められるわけではなく、事情次第で自己破産手続き自体を認めない場合もあるのです。

こういった事情のことを「破産障害事由」といいます。

自己破産が認められないと困る…

では、なぜ自己破産を認めないケースが現実にあるのでしょうか?

お金に余裕がなくて自己破産を申し立てているのだから、裁判所に一方的に認めないと言われても困ってしまいます。しかし、現実に自己破産が認められると、債権者(お金を貸している側)の立場からすれば、お金が返ってこなくなり困ってしまうのです。

大手の貸金業者だけが債権者であれば大きな問題にはなりませんが、個人事業を行っている方、小規模な企業への多額の売掛金があるとなれば、連鎖破産にもなり得る自体です。

破産手続きは最後の手段である

それゆえ、自己破産という手続きは慎重に判断されなければなりません。

どうしても返済できない事情がある場合でなければ、自己破産は認めるべきではないとし、その判断を裁判所がしているというわけです。自己破産は、数ある借金を整理する手続きの中で最後の手段でなければならないのです。

どういった事情が破産障害事由に該当するのか?

では、具体的にどういった事情があると破産障害事由に該当するのでしょう。

主には以下の3つのケースがあります。

  1. 自己破産の予納金を納められない
  2. 自己破産申立が権利濫用に該当する
  3. 自己破産以外の倒産手続きが申し立てられた

それぞれ詳しく見ていきましょう。

自己破産の予納金を納められない

自己破産は一切お金をかけずに行える手続きではありません。

「予納金」といって、裁判所にお金を納めなければならないのです。具体的には、官報への掲載費用(1万円ほど)、収入印紙(個人の場合は1500円)、切手(数千円ほどで裁判所によって違いあり)となっております。

また、一定以上の資産がある場合は、自己破産の手続きの進行は破産管財人が行うことになるため、破産管財人に対する費用(最低で20万円)も支払わなければなりません。これが思っていた以上に高額で、現実に一括での支払いができず、積み立てを利用しながらなんとか予納金を用意するという方もいらっしゃるのです。

申立だけは出来たとしても・・・

なお、自己破産申し立ての際、追完(追加で納めること)を理由に、その場で申立だけは出来る場合があります。収入印紙さえ貼付してあれば、とりあえず受理だけは裁判所もしてくれるのが通常の運用です。
しかし、その後、予納金が納められなかったとなれば、破産障害事由に該当するとし、破産手続き自体を認めてもらえなくなります。予納金は必ず納めなければなりません。

自己破産申立が権利濫用に該当する

上記ですでに説明したように、自己破産は自身にとっては人生をやり直せる手続きであっても、債権者側にとっては不利な手続きでしかありません。よって、権利濫用に該当する場合は、破産障害事由に該当するとし、裁判所は破産手続きを認めていません。

自己破産の権利濫用とは?

ここでの権利濫用を簡単に言えば、本来なら自己破産すべきでないにも関わらず、自己破産できる権利を盾に申立をする行為です。自己破産は誰にでも申し立てできる手続きではありますが、権利濫用に該当する場合、手続きの利用は認められません。

たとえば、1000万円の価値がある不動産を所有しているにも関わらず、300万円の借金で自己破産しようと思えば、これは権利の濫用でしかありません。
借金整理の方法は自己破産だけではない

上記はかなり極端な例ではありますが、借金を解決させる手続きはなにも自己破産だけではなく、任意整理や個人再生といった別の手続きもあるのです。こうした手続きを利用して解決できる見込みがある以上、自己破産は利用すべきではないとされています。

自己破産以外の倒産手続きが申し立てられた

②のご説明と少し被りますが、借金整理の方法はなにも自己破産だけではありません。

上記で触れた任意整理は裁判所での手続きではありませんが、債権者との交渉によって、毎月の返済負担を軽くすることができます。個人再生は裁判所を利用した手続きになりますが、借金の一部を免除してもらえるため、こちらも返済負担軽減が期待されます。

こうした別の解決策がある以上、裁判所を利用する個人再生の申立と自己破産の申立が平行された場合、優先されるのは当然、個人再生となります。となれば、自己破産はたとえ手続き中であっても、一旦中止される取り扱いです。裁判所の手続きには優先順位があるのです。

企業の倒産手続きは多数ある

また、個人の方にとってはあまり馴染みのない手続きになってしまいますが、申立が会社といった法人の場合、倒産手続きは自己破産だけではありません。

民事再生や特別清算、会社更生といった手続きもあります。こうした手続きが平行されると自己破産の手続きは中止されることになっています。その後、中止の理由となった手続きの認可決定などが出た場合、いったん中止されていた自己破産手続きは失効によって終了します。

破産障害事由が認められてしまったら

もし、破産障害事由が認められてしまったら、自己破産することはできません。しかし、今後二度と自己破産ができないというわけではありません。
障害となった事由を解消することで、再度の申立をすることが可能です。

破産障害事由を解消する方法

上記、②と③の場合は破産障害事由を解消するのは簡単ではありませんが、1のケースであればそれほど深刻になることはありません。
自己破産の予納金が納められないのであれば、納められるようになってから自己破産を申し立てれば問題ありません。自己破産には期限があるわけではないため、いつまでも申し立てをしなければならないといったルールはないのです。

強制執行にだけは要注意

しかし、あまり返済が滞っていると債権者から裁判を利用した請求をされる恐れがあり、最終的に強制執行(給与や銀行口座の差し押さえ)される恐れがあります。強制執行されてしまえば、予納金の納付がさらに遅れ、悪循環に陥ってしまうため常に注意していなければなりません。

では、具体的にどういった方法で強制執行は回避できるのでしょうか?

自己破産は弁護士に依頼する

もっとも効率的なのが、弁護士に依頼するという方法です。

弁護士に依頼をすると、貸金業者は弁護士を交渉の窓口にしなければなりません。これは貸金業者によって不利なようにも感じられますが、本人と連絡がつかずに音信不通になるケースを避けられる(弁護士なら電話が繋がる)ことから、焦って裁判手続きを利用する理由がなくなります。日ごろから連絡の取れない債務者がいる中で、とりあえず連絡が付けば満足という貸金業者は多くいます。その間に予納金を準備してしまいましょう。

強制執行には手間も時間もかかる

次に、強制執行というのは容易な手続きではありません。
裁判などを経由して「債務名義(判決などのこと)」を取得した後、相手の銀行口座や就業場所に執行裁判所を通じて通知を送るなど、数々の手間がかかります。
さらに、銀行口座や就業場所を把握している必要もあります。

自身の情報は可能な限り漏らさない

とはいえ、これを裏返せば銀行口座や就業場所を把握されていなければ強制執行の恐れは限りなく低くなるということ。また、銀行口座であれば普段からお金を預けておかなければ差し押さえられる恐れもありません。しかし、その気になれば調査される可能性は十分もあることから、予納金はなるべく早いうちに用意できるように心がけましょう。

都道府県から債務整理に強い弁護士を探す
北海道・東北地方 北海道青森岩手秋田宮城山形福島
関東 東京埼玉神奈川千葉茨城栃木群馬
北陸・甲信越 新潟山梨長野石川富山福井
東海 愛知静岡岐阜三重
関西 大阪京都奈良兵庫滋賀和歌山
中国・四国 広島岡山山口鳥取島根香川徳島愛媛高知
九州 福岡熊本大分宮崎佐賀長崎鹿児島沖縄

ご相談状況

  • 電話相談:完全無料
  • 弁護士/司法書士:39事務所
  • 相談件数:4,000件 突破

債務整理弁護士相談広場は、借金返済に苦しむ方のための情報ポータルサイトです。「任意整理・個人再生・過払い」などのコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。過払いが発生している場合には、すでに借金返済が終わっているにも関わらず、払い続けているという事態があり得ます。借金問題でこれ以上苦しまないためにも、まずはご自分の状況を相談してみましょう。

個人・法人ともに、確かなノウハウで 債務整理を円滑に実行します
Y&Aパートナーズ法律事務所
Y&Aパートナーズ法律事務所

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2017 Agoora.inc.

TOP