借金問題を解決する4つの方法。多重債務を解消して人生を再スタート

自己破産のメリット

借金問題の解決は「返済するか」「債務整理するか」の二択

man-debt-pressure

多すぎる借金を抱えてしまうのが特徴の借金問題ですが、解決するための方法は複雑ではなく、実はシンプルです。
借金問題を解決するための方法は、突き詰めると2種類しかありません。抱えている借金を返済するか、債務整理をするかです。

とはいえ、借金を返済できないから困っているのに、単に返済するしかないといっても問題の解決にはなりません。そこで、債務整理を検討することが重要です。

債務整理は借金問題解決の近道に

債務整理とは、元本や利息など借金を減額したり、返済期間に猶予を持たせたりすることで借金(債務)を整理し、無理なく返済できるように調整する手続きです。

借金が多すぎて返済できなくなった場合は、借金の金額や支払い期間を調整する債務整理を行うことが、借金問題を解決する近道になります。

債務整理することで借金返済の負担が軽くなる

安心する男性

債務整理のメリットは、なんと言っても借金を返済する負担が軽くなることです。

借金の負担が軽くなれば、まず経済的に余裕が生まれます。今まで借金の返済にあてていた支出を他の支出に回すことができるので、生活の質の向上につながります。

借金の負担が軽くなる恩恵は、経済的な側面に限りません。債務整理によって借金を無理なく返済できる状態になれば、借金を返済できないという悩みから解放されて、精神的にも余裕を取り戻すことができます。

それまで借金を滞納していた場合、債務整理をして借金をきちんと返済していけば、債権者からの取り立てによるプレッシャーからも解放されます。

債務整理というと、破産をして財産を失うというイメージがあるかもしれませんが、債務整理の方法は様々であり、自分の状況にあった方法を選択することが可能です。

借金問題を法的に解決する4つの方法

借金問題を法的に解決する4つの方法

借金問題を解決するには、債務整理が有効だということはおわかりいただけたと思います。それでは、債務整理は具体的にどのような方法があるのでしょうか?

債務整理の方法は大きく分けて4種類あり、それぞれに特徴がありますので、ご紹介します。

任意整理とは

任意整理とは、債権者と交渉して債務を整理し、返済の負担を減らして完済を目指す手続きです。
例えば、一括では払いきれない債務について将来の利息をカットし、数年の分割払いにして少しずつ返済していきます。
任意整理に応じるかは債権者次第ですが、裁判所の手続きが不要なのが特徴です。

個人再生とは

個人再生(個人民事再生)とは、地方裁判所に申し立てをして行う手続きです。一定額まで減額した借金を、原則として3年の分割払いで返済します。
個人再生の手続きは、個人事業主などを主な対象とする小規模個人再生と、サラリーマンなどの給与所得者を対象とする給与所得者再生があります。

特定調停とは

特定調停とは、簡易裁判所が指定する調停委員を交えて、返済額や返済方法などを債権者と話し合い、借金を完済する方法を探る手続きです。
債務者と債権者が同意すると調停が成立し、調停調書が作成されます。調停調書は確定判決と同一の効力があるので、内容に従ってきちんと返済することが必要です。

自己破産とは

自己破産とは、裁判所に申し立てて債務を免除してもらう手続きです。自己破産は借金の返済自体が免除されるという強力な効果があります。
反面、自己破産をすると不動産や高額な資産は処分されてしまいます。自己破産の手続きは、同時廃止事件と管財人選任事件の2種類があります。

多重債務につながる借金の原因

借金の原因

消費者金融やクレジットカードなど複数の業者から借金をしており、返済が困難になっている状態を多重債務といいます。

借金を返済するために新たに借金をしてしまうのが典型的なパターンですが、そもそもなぜ多重債務の状態になってしまうのでしょうか。多重債務に陥りやすい、借金の原因を解説していきます。

キャッシングやカードローンの借り入れ

キャッシングとは、クレジットカードに付帯している機能の一つで、コンビニなどに設置されているATMや銀行振込を利用して設定された限度額まで現金を借りることができます。
カードローンとは、金融機関や消費者金融などにキャッシュカードのような形状のローンカードを発行してもらい、ATMで使用して現金を借り入れる方法です。銀行振込にも対応しているのが一般的です。
キャシングとカードローンの仕組みやサービス内容はほとんど同じで、保証人や担保なしで手軽に現金を借りられるのが特徴です。

キャッシングとカードローンの注意点は、手軽に借り入れができる反面、利息は年利14〜18%程度と高めに設定されていることです。
返済できているうちはあまり問題はありませんが、リボ払いなどで元本の返済を先送りにしていると、借金の金額が大きくなって返済が難しくなっていきます。

特に、キャシングで借り入れをしすぎて返済できなくなったので、他の金融機関に新たにキャッシングを申し込んで借り入れをし、支払いにあてるパターンは要注意です。
複数の機関から借り入れをすると借金の金額が増えるだけでなく、もともと低くないそれぞれの利息が膨らんでしまい、どうにもならなくなる可能性があります。

クレジットカードの支払い

キャッシングやローンで現金を借りるだけでなく、クレジットカードを使用して買い物をすることも、借金の原因の一つになります。

クレジットカードで買い物をした分は、引き落とし日までに指定の銀行口座に振り込まなければなりません。
引き落としができないとカードが使えなくなるだけでなく、延滞した情報がいわゆるブラックリストとして信用情報機関に掲載されるなどの不利益があります。

つまり、クレジットカードを使用することは、実際には借金をするのとあまり変わらないということです。
もちろん、使用した分だけきちんと返済できれば問題はありませんが、いわゆるリボ払いなどの分割払いは要注意です。
リボ払いなどに頼りすぎると、気づかないうちにカードの利用金額がどんどん膨らんでいき、最終的に返済が不可能になる危険性があります。

住宅ローンの負担

マイホームのために土地を購入したり、家屋を新築したりするには多額の資金が必要です。
マイホームを取得する資金を調達するには、銀行などの金融機関で住宅ローンを組んで、月々返済していく方法が一般的です。

ところが、住宅ローンの負担は年収の20〜25%程度が目安とも言われるように、住宅ローンで返済しなければならない金額は決して安いものではありません。
収入が安定しているうちは良いのですが、急な仕事の減少やリストラなどが原因で、住宅ローンの月々の返済ができなくなってしまう可能性があります。

また、ボーナスをあてにしてボーナス払いありで住宅ローンを組んだものの、経営状態の悪化によってボーナスをカットされてしまうケースもあります。

いずれにせよ、収入が住宅ローンの支出に追いつかなくなってしまうと、住宅ローンの支払いにあてるためにサラ金などから借金を重ね、最終的に返済しきれなくなるパターンが少なくありません。

収入の減少

キャシングや住宅ローンなどの借り入れをしなくても、何らかの理由で収入が減少したことが原因で、借金を返済しきれなくなってしまう場合があります。

収入が減少する主な原因として、失業、転職、病気、怪我、親の介護などがあります。
また、コロナウィルスを始めとする疫病や、長く続く大雨などの自然災害による景気の停滞や経営の悪化など、普段の生活の中では防ぎきれない想定外のリスクもあります。

いずれにせよ、思ってもみなかった事由によって、それまで心配したこともなかった収入が突然減少し、ローンなどを返済できなくなってしまう可能性があるということです。

借金問題の解決は弁護士に相談を

弁護士と天秤

借金問題を解決するには債務整理を効果的に利用することが重要ですが、そのためには債務整理に知見のある弁護士に相談することが大切です。

すでに概要をご紹介しましたように、債務整理の方法は数種類あり、それぞれに特徴があります。債務整理と一口にいっても、どの方法を選択すべきかはそれぞれの方の事情によって異なります。

たとえば、月々の返済額が多すぎて現在の収入では返済しきれない場合に、任意整理をして債権者に利息を多少カットしてもらったとしても、借金問題の解決にはつながりません。

借金問題を解決するには、月々の収入や返済額などの様々な要素を考慮しつつ、借金を最後まできちんと完済できる無理のない債務整理の方法を選択することが重要です。

弁護士は債務者の状況・要望をふまえ適切な債務整理方法を提案してくれる

債務整理に精通した弁護士であれば、「マイホームは手放したくない」、「家族や職場に知られたくない」などの債務者の要望を考慮しながら、適切な債務整理の方法を提案することができます。

また、借金の返済が滞ってしまうと、業者によっては執拗な取り立てが行われる場合がありますが、弁護士が受任通知を出すことで取り立てを受ける精神的な負担から解放されるメリットもあります。

借金問題の無料相談を受け付けている弁護士も

借金問題を弁護士に相談する場合、報酬として高額な費用を支払わなければならないと不安になるかもしれません。この点、弁護士によっては初回相談を無料にしたり、借金問題の相談を無料にしたりすることで、相談者が利用しやすいサービスを提供している場合があります。

当サイトでも初回相談が無料の弁護士を探すことができるので、借金問題でお悩みの場合は、まずは弁護士に相談してみてはいかがでしょうか。

借金問題を解決する方法まとめ

多重債務で返済できなくなった場合など、借金問題を解決するには債務整理が有効です。債務整理をすると借金の金額を減らしたり、返済期間の見直しをしたりなどができます。

債務整理の方法は4種類で、債権者と裁判外で交渉する任意整理、借金を大幅に減額する個人再生、調停委員とともに解決法を探る特定調停、債務自体を免除する自己破産があります。

収入や借金の金額など、状況によって選択すべき方法は異なるので、債務整理に知見のある弁護士に相談するのがおすすめです。

都道府県から債務整理に強い弁護士を探す
北海道・東北地方 北海道青森岩手秋田宮城山形福島
関東 東京埼玉神奈川千葉茨城栃木群馬
北陸・甲信越 新潟山梨長野石川富山福井
東海 愛知静岡岐阜三重
関西 大阪京都奈良兵庫滋賀和歌山
中国・四国 広島岡山山口鳥取島根香川徳島愛媛高知
九州 福岡熊本大分宮崎佐賀長崎鹿児島沖縄

ご相談状況

  • 弁護士/司法書士:182事務所
  • 相談件数:4,000件 突破

債務整理弁護士相談広場は、借金返済に苦しむ方のための情報ポータルサイトです。「任意整理・個人再生・過払い」などのコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。過払いが発生している場合には、すでに借金返済が終わっているにも関わらず、払い続けているという事態があり得ます。借金問題でこれ以上苦しまないためにも、まずはご自分の状況を相談してみましょう。

借金問題に終止符を打つ! 高い交渉力で任意整理も安心!
シン・イストワール法律事務所
シン・イストワール法律事務所

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2020 Agoora.inc.

現在地を取得できませんでした

お使いのブラウザでは現在地情報を利用できない可能性があります。
設定から位置情報サービスをオンにして頂くか、下記コンテンツ等をご利用ください。

債務整理に強い弁護士・司法書士一覧

×

TOP