個人再生後に住宅ローンは組める?審査を通過するための対策とは

住宅ローン

個人再生をすると、信用情報機関に約5~7年その事実が事故情報として登録されます。その期間はローンの審査に通ることが困難になりますが、情報が「ブラックリスト」から抹消されれば住宅ローンを組める可能性も出てきます。個人再生後の住宅ローンについて不安な方は、弁護士などの専門家に相談してみましょう。

債務整理を弁護士に無料相談

借金問題こんな悩みに苦しんでいませんか?

  • 複数の借入先があり、返済しきれない
  • 毎月返済しても借金が減らない
  • 家族に知られずに借金を整理したい
  • 借金を整理しつつ、自宅・車は残したい
借金問題に強い弁護士を探す

個人再生手続の内容と住宅ローンとの関係

個人再生をすることで住宅ローンを組めなくなり、この先ずっとマイホームが持てないのではないかと不安に思う方もいるでしょう。実際のところ、個人再生は住宅ローンにどのような影響を与えるのでしょうか?

個人再生ってどんな手続き?

個人再生が住宅ローンにどう影響を与えるのかを考える前に、まず個人再生手続きの特徴について把握しておきましょう。個人再生は、裁判所を通して再生計画を作成し、それに基づいて返済を行う債務整理方法のひとつです。

個人再生では借金額が大幅に圧縮される

個人再生は債務整理方法のひとつで、裁判所を介して行われます。「現状は支払能力があるが、このままでは破産の可能性が高い」債務者を救済する手続のため、債務が大きく減額されるのが特徴です。その圧縮率は負債の総額によって法律で定められています。

個人再生手続きの期間は3~5年

個人再生は、債務者本人が立てた再生計画案に沿って原則3年間で債務の弁済をしていきます。子どもの教育費、医療費を捻出する必要があるなど特別な事情が考慮される場合には、最長5年まで延長が認められるケースもあります。

個人再生を行うと住宅ローンにどう影響する?

数年間住宅ローンを組めない可能性が高くなる

個人再生がどのような手続きであるかを把握できたら、次に住宅ローンにどのような影響を与えるのかを詳しくみていきましょう。個人再生をすると、いわゆる「ブラックリスト」状態になり、ローンの与信審査などに大きく影響することになります。

信用情報機関に事故情報が登録される

個人再生をすると、信用情報機関に事故情報が登録され、ブラックリストに載る状態になります。銀行などの金融機関は、住宅ローンの新規申込みがあると信用情報機関に情報を照会するため、申請者が個人再生をしていることがわかってしまいます。信用情報機関に事故情報が掲載されるのは約5~7年間ですが、その期間は住宅ローンを組むことができない可能性が非常に高いです。

「ブラックリスト」中にローンを組める可能性もゼロではない

一般的には信用情報機関に個人再生の事実が記載されている5~7年間は、住宅ローンを組むことが困難です。ただし、連帯保証人に財力があって経済的信用度が高い人を立てることができる場合には、「ブラックリスト」に事故情報が掲載されている期間中でも住宅ローンを組める可能性がないとは言い切れません。

ローンの残っている住宅がある場合は?

住宅ローンがまだ残っている状態で個人再生を検討する際には、今住んでいる家を手放さなければならないかという問題も出てきます。その場合、住宅資金特別条項(住宅ローン督促)の要件を満たしていれば、マイホームを残したまま他の債務を整理する住宅資金特別条項付個人再生を選択することも可能です。詳しくは弁護士などの専門家に相談してみてください。

個人再生後に住宅ローンを組むには

結婚したり子供ができたらマイホームを持つ決心をする人が多い昨今、自分の家を持てるかどうかを、人生設計の大きなポイントとして据えている方もいるかもしれません。個人再生をしたら、住宅ローンを組んでマイホームを持つことは不可能なのでしょうか。

住宅ローンを組む際に出てくる問題を把握しておく

個人再生をすると信用情報機関に事故情報が登録されるため、再生手続き終了後後すぐに住宅ローンを組むことは困難です。しかし、事故情報は永久に残るわけではありません。マイホームを諦めないためにも、個人再生後に発生する問題について知っておきましょう。

事故情報が消えても融資が受けられない可能性がある

「ブラックリスト」から事故情報が消えたからといって、必ず住宅ローンが組めるとは限りません。申込をするローンによっても審査基準は異なりますが、収入が不安定な場合や勤続年数が短い場合には審査に通らない可能性もあります。また、以前融資を受けていて支払が滞った金融機関にはその情報が「社内ブラック」として残っているため、審査に通らない可能性が非常に濃厚です。

銀行系の住宅ローンは個人再生後10年組めない

個人再生をすると信用情報機関だけでなく、政府の広報誌である官報にも名前が記載されますが、その情報が消えるまでの期間は10年です。信用情報機関のひとつである全国銀行個人信用情報センター(通称「KSC」)は官報の情報を取得しているため、個人再生後10年が経過しないとローンを組めない可能性が高くなります。

民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供している長期固定金利の住宅ローンに「フラット35」がありますが、住宅金融支援機構はKSCに加盟しているので利用は難しいでしょう。

信用情報機関の情報は開示請求が可能

個人再生後、信用情報機関に事故情報が登録されている期間は約5~7年だと言われています。その間は住宅ローンを組むことは困難ですが、弁済完了から5年が過ぎたら信用情報機関に自分の事故情報が残っているか一度確認してみるのも良い手です。信用情報機関には、株式会社日本信用情報機関(通称「JICC」)、株式会社シー・アイ・シー(通称「CIC」)、KSCの3つがありますが、それぞれで開示請求が可能です。

信頼される経済力を身に付けよう

個人再生後に住宅ローンを組む際、事故情報の有無が重要な判断材料となるのは事実です。しかし最も大切なポイントは、ローンを支払い続ける能力があることをローン会社に信用してもらえるかどうかではないでしょうか。

住宅ローン申請までに頭金を貯めておく

個人再生後、信用情報機関に事故情報が掲載されている期間が過ぎ、晴れて住宅ローンの申請をしようという時にぶち当たるのが年齢の問題です。信用情報機関から登録が消えるまでの間にも人は当然年をとります。30歳で個人再生を始めたとして約10年後の40歳で住宅ローンを組むには頭金が不可欠です。事故情報が消えるのを待つ間、コツコツと頭金を貯めておくことも住宅ローンを組むための大きなポイントとなるでしょう。

個人再生後の住宅ローン申請が不安なら、弁護士などの専門家に相談を

個人再生後の住宅ローン申請に不安がある場合は、手続を依頼していた弁護士や司法書士などの専門家に相談してみましょう。信用情報機関の信頼を得られる対策などプロの観点から的確なアドバイスがもらえるかもしれません。

個人再生後、信用情報機関に事故情報が登録されている間は住宅ローンを組むことができず、マイホームを購入ができない可能性が高くなります。しかし、その状態が一生続く訳ではありません。弁済期間中からコツコツ貯金をするなど、日頃からローンの審査が通りやすくなるような対策をしておきましょう。

都道府県から債務整理に強い弁護士を探す
北海道・東北地方 北海道青森岩手秋田宮城山形福島
関東 東京埼玉神奈川千葉茨城栃木群馬
北陸・甲信越 新潟山梨長野石川富山福井
東海 愛知静岡岐阜三重
関西 大阪京都奈良兵庫滋賀和歌山
中国・四国 広島岡山山口鳥取島根香川徳島愛媛高知
九州 福岡熊本大分宮崎佐賀長崎鹿児島沖縄
債務整理を弁護士に無料相談

借金問題こんな悩みに苦しんでいませんか?

  • 複数の借入先があり、返済しきれない
  • 毎月返済しても借金が減らない
  • 家族に知られずに借金を整理したい
  • 借金を整理しつつ、自宅・車は残したい
借金問題に強い弁護士を探す
弁護士に相談することに不安が残る方へ
家族に内緒で債務整理したい!その方法とは?
債務整理にかかる弁護士費用って、一体どれくらいかかるの?
個人再生手続きは弁護士などへの法律相談から。流れを完全理解!
お金がないからと諦めないで!個人再生にかかる費用を徹底比較
特定調停を申し立てる5つのメリットにはどんなものがある?
自己破産後の生活まとめ~仕事・私生活はどうなる?いつかは回復する?

ご相談状況

  • 電話相談:完全無料
  • 弁護士/司法書士:41事務所
  • 相談件数:1,000件 突破

債務整理弁護士相談広場は、借金返済に苦しむ方のための情報ポータルサイトです。「任意整理・個人再生・過払い」などのコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。過払いが発生している場合には、すでに借金返済が終わっているにも関わらず、払い続けているという事態があり得ます。借金問題でこれ以上苦しまないためにも、まずはご自分の状況を相談してみましょう。

個人・法人ともに、確かなノウハウで 債務整理を円滑に実行します
Y&Aパートナーズ法律事務所
Y&Aパートナーズ法律事務所

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2017 Agoora.inc.

TOP