宮城県・岩手県収支の状況を丁寧にお聞きし 最も負担の少ない解決へと導きます

築館法律事務所

相談料 着手金 成功報酬
築館法律事務所築館法律事務所サムネイル0築館法律事務所サムネイル1築館法律事務所サムネイル2

取扱い可能な事案

  • 任意整理
  • 債務整理
  • 自己破産
  • 個人再生
  • 過払い
  • 相談無料
  • 弁護士
  • 司法書士
  • 全国対応
  • 後払い可
  • 夜間対応
  • 土日電話

料金体系

「築館法律事務所」ご相談窓口

現在17:57。電話受付時間外です。無料相談フォームよりご連絡ください。

お電話での相談窓口【通話無料】準備中
受付時間 毎日9:00~17:00 (第2・第4土曜日9:00~13:00)

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】フォームから相談する

メール相談フォームはこちら

築館法律事務所の料金体系

任意整理

過払い金請求

自己破産

個人再生

宮城県栗原市にある敷居の低い法律事務所

一人ひとりと親身に向き合い、借金問題を解決

宮城県栗原市に法律事務所は2つあり、そのうちのひとつが当事務所です。相談に来られるのは主に栗原市の方ですが、登米市、大崎市、遠田郡などの宮城県北部、一関市などの岩手県南部の方々からも多くの相談が寄せられています。

借金問題は弁護士に相談いただくことで、そのほとんどが解決への出口を見つけられるものです。当事務所では、一人ひとりの依頼者の方と親身に向き合い、一緒に考え、解決の糸口をみつけることを目標としています。

債務整理の相談は初回30分無料でお受けしており、東日本大震災時に宮城県及び岩手県にお住まいだった方については、法テラスの制度を利用することで無料になります。1人で悩みを抱えることなく、いつでも当事務所までご相談ください。

弁護士が依頼を受任すると督促が止まる

今後の経済状況の立て直しに親身に向き合う

借金問題に苦しむ方は、精神的にも追い詰められてしまい、やってくる請求に対して「何とかしなければいけない」という考えに終始してしまいがちです。いわゆる自転車操業に陥り、当面の返済だけに追われる状況になることが少なくありません。

弁護士が債務整理の依頼を受任し、受任通知を債権業者に送付することによって、債務者ご本人に対する督促は止まり、その後の対応は弁護士がすべて引き受けることができます。それによって精神的に落ち着かれた上で、月々の収支の整理をしながら今後の生活についての相談に乗っていきます。

任意整理・自己破産・個人再生の3つの手続き

本人のご要望をお聞きし、ベストな選択を後押し

借金問題を解決に導くための債務整理の方法には、任意整理・自己破産・個人再生の3つが挙げられます。当事務所では、それぞれの手続きのメリットやデメリットについて分かりやすくご説明し、ご本人のご要望をお聞きしながら、ベストな選択をしていただけるようサポートします。

まずはご本人の現在の収支などの経済状況を確認し、取り得る手段に何があるかを考えます。いくつかの選択肢がある場合には、ご本人の思いを尊重してふさわしい方法をご案内。逆に選択肢が限られている時には状況を丁寧にご説明し、取るべき方法に対する理解を深めてもらうようご対応していきます。

【債務整理①】借金の出口を見つけられる「任意整理」

利息のカットと返済回数の見直しで月々の負担を軽減

借金の額がそう多くなく、収入もある程度見込めるという状況であれば、「任意整理」の方法を選択できます。裁判所を通さず、利息カットと返済期間の繰り延べによって月々の負担を軽減。返済金額を確定させて先への道筋を立てることによって、借金の出口を見つけることができるのがポイントです。

任意整理は元本の完済を目指すものですから、「借金を返せなかった」という負い目や自責の念を持たなくて済むことがメリットの一つといえるでしょう。また、自己破産のように自宅や車などの財産を手放さなくても良い点にも利点があります。

任意整理は地元の弁護士に相談するほうが良い

任意整理の手続きを、東京や仙台などの都市部の弁護士に依頼してしまう方もおられますが、交渉の過程においては、ご本人と電話や郵便でのやり取りだけでは解決できない場面も出てきます。だからこそ地元の弁護士への相談によって、時には面談をはさみながら、一緒に手続きを進めていくことが必要。その点、当事務所が親身に対応させていただきます。

【債務整理②】裁判所の免責で借金がゼロになる「自己破産」

「自己破産」は裁判所に申し立てて免責を得ることによって、借金を支払う法的な義務から免れることができる手続きです。つまり債務に苦しむ方にとって、「借金がゼロになる」という非常に大きなメリットを得ることができる解決法といえます。

ただ、自己破産の申立てをした場合には、警備員や生命保険募集人などの一定の職業・資格などに一時的に就けなくなりますから注意が必要です。また税金については免責されず、ギャンブルや過度な浪費を原因とする自己破産については免責とはならない場合があります。

慎重な対応で裁量免責を受けられるケースも

よく「債務がゼロになる」ことばかりを強調して広告する法律事務所もありますが、そうした事務所が、免責不許可に該当しそうな案件で安易な申立てを行い、その結果「免責されない」結果になるケースも見受けられます。

その点、当事務所に相談いただくと、そうした安易な対応をすることはありません。免責を受けられないかもしれないという事由の場合には、どうすれば裁量免責(裁判所の裁量によって免責を認めてもらうこと)が得られるのかを検討するなど、たやすく妥協することなく最後まで力を尽くします。

【債務整理③】借金の大幅な減額が可能になる「個人再生」

「個人再生」は裁判所を通じて借金の大幅な減額を可能にする手続きで、特に住宅ローンの返済中の人がマイホームを失うことなく、他の借金について大きく圧縮できる点にメリットがあります。

それ以外でも、自己破産についての職業制限や免責不許可事由に該当する方の場合には、この方法を検討していきます。個人再生は他と比べて手続きの内容がやや複雑ですから、できるだけ経験のある事務所にお願いすべき。当事務所は確かな実績の上に立ち、詳細なメリットとデメリットについての説明から行いますのでお任せください。

「過払い金請求」で元本がなくなることも

完済済みの場合も過払い金が残っている可能性がある

貸金業者からの借入と返済の期間が10年以上と長い方は、「過払い金」が生じているケースが考えられます。過払い金を取り戻すことによって、元本がなくなるなど返済の負担が大きく軽減されたり、現金として戻ってくることもあり得ます。借金をすでに完済している方でも、ケースによっては過払い金が発生している場合がありますので早めにご相談ください。

築館法律事務所からのアドバイス

弁護士への相談で、次へのステップが見えてきます

借金問題の解決後も、当然ながら日常の生活は続きます。弁護士のサポートがなくなったあとでも、二度と大きな債務を抱えない人生を送ることが大事ですから、生活再建のために必要なアドバイスを含めて依頼者の方々に親身に向き合っていきます。

借金の問題で不安や悩みを抱えている方は、まずは専門家である弁護士にご相談ください。1人で考えていても何も始まりません。「相談する」というアクションを思い切って起こしてみることで、必ず次へのステップが見えてきます。どうぞお気軽にご連絡ください。

所属弁護士

庄司 智弥 (しょうじ ともや)

登録番号 No.38547
所属弁護士会 仙台弁護士会

アクセス

駐車場近く

宮城県栗原市築館伊豆1丁目4−22(2階)

事務所概要

事務所名 築館法律事務所
代表者 庄司 智弥
住所 〒987-2216 宮城県栗原市築館伊豆1丁目4−22(2階)
電話番号 準備中
営業時間 毎日9:00~17:00 (第2・第4土曜日9:00~13:00)
定休日 祝日
備考
築館法律事務所
築館法律事務所
スマホ・携帯からも通話無料
準備中
受付時間
毎日9:00~17:00 (第2・第4土曜日9:00~13:00)

無料相談フォームからお問合せ下さい

住所
〒987-2216 宮城県栗原市築館伊豆1丁目4−22(2階)
無料相談フォームはコチラ

※無料相談フォームは24時間受付中

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2017 Agoora.inc.

TOP