千葉県個人・法人の債務整理の相談多数 豊富な実績で地域の信頼を獲得!

福田法律事務所

相談料 着手金 成功報酬
福田法律事務所

取扱い可能な事案

  • 任意整理
  • 債務整理
  • 自己破産
  • 個人再生
  • 過払い
  • 相談無料
  • 弁護士
  • 司法書士
  • 全国対応
  • 後払い可
  • 夜間対応
  • 土日電話

料金体系

「福田法律事務所」ご相談窓口

現在16:17です。お気軽にお電話ください。

お電話での相談窓口【通話無料】準備中
受付時間 平日 9:00〜18:00

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】無料でフォームから相談する

無料相談フォームはこちら
GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。

福田法律事務所の料金体系

任意整理

過払い金請求

自己破産

個人再生

債務整理中心の事務所に在籍した実績も

1日も早く債権者からの取り立てを中止させることが大事

「福田法律事務所」はJR千葉駅を最寄り駅とする弁護士事務所です。代表弁護士の福田尚友は前職で千葉県有数の大手法律事務所に在籍。豊富な経験を重ねたあと、当事務所を開所しました。これまでの弁護士活動の中で、債務整理を中心に扱う事務所に籍を置いたこともあり、借金問題の解決には豊富な経験を有しています。

債務整理の相談で大事なのは、1日も早く、債権者からの取り立てを中止させること。弁護士が債権者側に受任通知を送付すれば直ちに督促は止まりますから、当事務所ではスピード感を重視。早い時点で受任し、お客様の不安をできるだけ早期に取り除くことを心がけています。

その意味でも事務所へのご連絡は、携帯への転送によって24時間OKとしています。平日夜間や土日祝日も予約次第で柔軟にご対応。事務所と自宅は徒歩30秒の距離にありますので、至急の対応が必要な際には臨機応変に即応が可能です。債務整理のご相談は初回30分無料でお受けしていますので、いつでもお気軽にご連絡ください。

任意整理・自己破産・個人再生の3つの手続き

依頼者の方の状況にもっとも相応しい方法を選択

面談時には、最初に現在の借金の額や収入・財産の状況についてお聴きし、その上で今後の対処法や手続きの方法について検討していきます。借金問題を解決するための手続きは、主に「任意整理」「個人再生」「自己破産」の3つ。それぞれのメリットとデメリットを勘案しながら、依頼者の方の状況にもっとも相応しい方法を選択することになります。

依頼者に有利になるよう返済額の引き直しを行う「任意整理」

任意整理は裁判所を通さずに、債務者と債権者の間で利息や毎月の支払いを減らしてもらえるよう交渉して、借金額を圧縮することです。弁護士が代理人となって債権業者と交渉し、利息の圧縮や返済期間の延長によって毎月の返済の負担を軽減します。当事務所では債権業者との交渉によって、依頼者にとってできるだけ有利な返済額の引き直しを行います。

「できれば破産はしたくない」という理由で任意整理を希望する方もおられますが、任意整理は借金を最後まで返すことが前提の手続きです。途中で返済が頓挫し、結局は破産に…ということになってしまうと元も子もありません。本当に最後まで返せるのかどうか、今後の収入の見込みを踏まえた確かな返済計画を立てることが必要といえるでしょう。

借金をゼロにできるという「自己破産」のメリット

債務をリセットし、経済的な再生をゼロから図ることが可能

自己破産は裁判所に申立を行うことで、ご自身が抱える全ての借金をゼロにすることができる手続き。債務をリセットし、ゼロから経済的な再生がはかれる意味で、非常に大きなメリットがあります。いっぽうでいくつかのデメリットがあり、会社の役員や警備員、旅行業者など「一定の職業に就くことが制限される」「破産情報が官報に掲載される」といった点のほか、「所有する財産を失ってしまう」ことも挙げられます。

しかしそれらを差し引いても、自己破産によってそれまでの借金の苦しみから解放されるメリットは非常に大きなものです。「破産」という言葉のイメージに惑わされることなく、借金を返せるメドが立たない場合には、前向きな捉え方で自己破産を検討すべきだといえるでしょう。

「住宅ローン特則」を利用して家を守り、他の債務を圧縮

借金を最大5分の1まで圧縮し、3~5年に返済期間を延長

個人再生は、返済中の住宅ローンがある場合に、裁判所を通じてそれ以外の借金を最大5分の1まで圧縮し、3~5年に返済期間を延長することが可能な手続き。「住宅ローン特則」を利用することで、自己破産では処分されてしまうはずの自宅を保有したまま、その他の債務を減らせるというメリットがあります。

豊富な経験から「管財人」相手の交渉もOK

債務整理の経験豊富な弁護士だから可能な対処法は多くある

自己破産の手続きにおいて、借金を抱えることになった経緯に破産法上で問題となるような要素があった時や、破産の申立人に一定程度の資産がある場合には、破産管財人がつく「管財事件」となります。

管財人の経験を有するような実績豊富な弁護士に依頼すると、裁判所(管財人)に対する交渉力に優れていることから、組み入れ金の減額など、依頼者の経済的メリットを導ける可能性が高まります。

少額管財事件の予納金でも最低20万円は必要

そして管財事件になると裁判所への費用、つまり管財人への報酬が必要となり(予納金)、少額管財事件でも最低20万円を用意しなければなりません。依頼者にとっても大きな負担となりますので、管財人を必要とする事件にならないよう、詳細な申立内容をそろえることが重要です。

当職が過去に手掛けた案件では、詐欺にあってわずか2週間で約500万円の借金を背負うことになってしまった方の自己破産手続きで、詳細に報告書を用意することによって、管財人を必要としない事案にできた例も経験しています。債務整理の経験豊富な当職だからこそ可能となる対処法は多々ありますから、ぜひご相談ください。

法人の破産手続きには慎重に対応

手持ちの資産の売却・資金化に努めることが必要

当事務所においては、個人事業主や中小・零細企業における破産手続きもご対応します。法人の破産の場合には、予納金としてかかる費用も低額ではないだけに、破産手続きに入る前になるべく現金を捻出できるよう、手持ちの資産の売却・資金化に努めることが必要です。その意味でも、資金ショートが頻発するなど経営の先行きが不透明になるよう状況となった際には、できるだけ早く弁護士に相談されることをおすすめします。

福田法律事務所からのアドバイス

借金の悩みは、その多くが必ず解決できる問題

借金問題で相談いただく際には、「もっと早くに相談いただければよかったのに…」と感じる依頼者の方が少なくありません。返済のために借金を重ね、多重債務となった結果、破産を余儀なくされてしまう方が多々おられます。

借金が払えなくなった段階で、まずは早めに相談だけでもいらしてみてください。借金の悩みは、その多くが必ず解決できる問題です。いつでもご連絡をお待ちしています。

所属弁護士

福田 尚友(ふくだ たかとも)

福田 尚友

登録番号 No.39189
所属弁護士会 千葉県弁護士会

アクセス

JR千葉駅

千葉県千葉市中央区中央1-10-5 パークサイド千葉2階B室

事務所概要

事務所名 福田法律事務所
代表者 福田 尚友
住所 〒260-0013 千葉県千葉市中央区中央1-10-5 パークサイド千葉2階B室
電話番号 準備中
営業時間 平日 9:00〜18:00
定休日 土日祝日
備考
福田法律事務所
福田法律事務所
スマホ・携帯からも通話無料
準備中
受付時間
平日 9:00〜18:00

無料相談フォームからお問合せ下さい

住所
〒260-0013 千葉県千葉市中央区中央1-10-5 パークサイド千葉2階B室
無料相談フォームはコチラ

※無料相談フォームは24時間受付中

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2017 Agoora.inc.

TOP