債務整理と関係ないクレジットカードは、更新できる?

クレジットカード、債務整理後の更新は可能?

債務整理の方法次第では、未使用や債務残高がごくわずかなクレジットカードは手元に残せる場合がありますが、このカードもいずれは更新できなくなります。カード会社はカード発行後も定期的に顧客の信用情報を審査しているからです。銀行口座の残高で支払いを行うデビットカードを使えば便利にショッピングができます。

債務整理を弁護士に無料相談

借金問題こんな悩みに苦しんでいませんか?

  • 複数の借入先があり、返済しきれない
  • 毎月返済しても借金が減らない
  • 家族に知られずに借金を整理したい
  • 借金を整理しつつ、自宅・車は残したい
借金問題に強い弁護士を探す

債務整理すると、クレジットカードの更新に影響する?

債務整理はクレジットカードの更新にどんな影響があるのでしょうか?まず、クレジットカード会社が利用者の経済状況をどのように把握しているかを知っておきましょう。

クレジットカードと信用情報

クレジットカード会社は信用情報機関に情報照会を行い、カード利用者を信用できるかどうか判断しています。

債務整理で事故情報を登録

支払いを延滞したり債務整理を行うと、「事故情報」が信用情報機関に登録されます。いわゆる「ブラックリストに載る」という状態です。信用情報機関は3つあり、専用のネットワークで情報の交流を行っています。

事故情報は一定期間で削除される

登録された事故情報は、一生涯残るわけではありません。各信用情報機関で定めている登録期間を経過した後に登録情報が削除されます。その登録期間は最低でも5年となっています。

債務整理と関係ないクレジットカードは更新できる?

債務整理を行うと、クレジットカードは全て強制解約というイメージがあるかもしれません。しかし、任意整理や特定調停では、「このクレジットカードは債務整理しない」ということもできます。

債務整理しても、未使用のクレジットカードであれば使用できる?

未使用のカードは債務整理の対象外

クレジットカードの中には、持っていてもほとんど利用していないものもあるでしょう。例えば、お店で提示すれば割引が受けられるなど、優待サービスの利用目的で作ったカードです。支払いで使ったことがないカードは債務整理の対象になりません。また、残債が少額のカードも債務整理を行わない場合があります。

残したカードが使えるのは当面の間だけ

このようなクレジットカードは債務整理後も手元に残ります。クレジットカード会社に債務整理をしたことを伝える義務はないので、しばらくは以前と変わらずショッピングやキャッシングを利用できます。しかし、このカードもいずれ使えなくなる日が訪れるかもしれません。

債務整理と関係ないカードが更新できない理由

なぜなら、クレジットカード会社は定期的に信用情報機関に利用者の最新の情報を照会しているからです。信用情報機関どうしのネットワークを通じて、他のクレジットカード会社や金融機関から寄せられた事故情報が発覚すれば、債務整理と関係ないクレジットカードも更新や利用が認められないケースが多いです。

クレジットカードが利用できない間の対応策

では、クレジットカードが更新できない場合はどうしたらいいのでしょうか。

信用情報が回復するのを待つ

まず、時間が解決するのを待つことです。債務整理で傷ついた信用情報は一定の期間が経過すれば回復するので、再びクレジットカードを持てるようになります。

事故情報の保存期間

事故情報は、任意整理で5年間、特定調停で5~7年間、個人再生と自己破産で10年間保存されます。この期間中は新しいカードを申し込んでも審査を通過できません。また、保存期間の起点となる日は債務整理の種類や信用情報機関によって異なります。

最新の信用情報を開示する

事故情報の保存期間が終わったかどうかは、各信用情報機関に情報開示請求をして確かめることができます。請求できるのは原則本人で、インターネットや郵送などで受け付けています。

債務整理の対象となった会社でクレジットカードを作らない

事故情報が消えたことを確認したら、最後は「どのクレジットカードを作るか」もポイントです。「ブラックリスト」から外れても、債務整理の対象となったクレジットカード会社では、支払いの遅延や強制解約などの情報を独自に保存しています。そんなクレジットカード会社に再びカード発行を申し込んでも審査で落とされる確率が高いです。

デビットカードを活用する

信用情報が回復するまでは、長くて10年かかります。その間、現金払いや銀行振込だけでは不便な場面も出てくるでしょう。そこで役立つのが「デビットカード」です。

デビットカードとは

デビットカードとは、クレジットカードと同様に店舗やネット通販での買い物に使えるカードのことです。カードと口座が直結していて、商品購入と同時に代金が銀行口座から引き落とされます。その仕組みがクレジットカードと大きく異なる点です。

デビットカードのメリット

まず、ほとんどのデビットカードは審査がないため、信用情報期間に事故情報が登録されている人も作ることができます。また、銀行口座の残高に応じた金額までしか使えないため、お金の使いすぎを未然に防ぐ効果もあります。

デビットカードのデメリット

しかし、クレジットカードの代用としては物足りない面もあります。まず、ガソリンスタンドなど一部の店舗ではデビットカードの支払いに対応していない場合があります。また、分割払いはできません。

弁護士に相談すれば、債務整理後の生活も見据えたアドバイスがもらえる

債務整理後にクレジットカードを手元に残せる状況でも、短期間でも残しておくとまた使いたくなるかもしれません。潔くクレジットカードから一時離れ、金銭感覚を見直すほうが懸命です。
弁護士などの専門家に相談すれば、手続きのサポートに加えて債務整理後の生活のアドバイスも受けられます。

都道府県から債務整理に強い弁護士を探す
北海道・東北地方 北海道青森岩手秋田宮城山形福島
関東 東京埼玉神奈川千葉茨城栃木群馬
北陸・甲信越 新潟山梨長野石川富山福井
東海 愛知静岡岐阜三重
関西 大阪京都奈良兵庫滋賀和歌山
中国・四国 広島岡山山口鳥取島根香川徳島愛媛高知
九州 福岡熊本大分宮崎佐賀長崎鹿児島沖縄
債務整理を弁護士に無料相談

借金問題こんな悩みに苦しんでいませんか?

  • 複数の借入先があり、返済しきれない
  • 毎月返済しても借金が減らない
  • 家族に知られずに借金を整理したい
  • 借金を整理しつつ、自宅・車は残したい
借金問題に強い弁護士を探す
弁護士に相談することに不安が残る方へ
家族に内緒で債務整理したい!その方法とは?
債務整理にかかる弁護士費用って、一体どれくらいかかるの?
個人再生手続きは弁護士などへの法律相談から。流れを完全理解!
お金がないからと諦めないで!個人再生にかかる費用を徹底比較
特定調停を申し立てる5つのメリットにはどんなものがある?
自己破産後の生活まとめ~仕事・私生活はどうなる?いつかは回復する?

ご相談状況

  • 電話相談:完全無料
  • 弁護士/司法書士:41事務所
  • 相談件数:1,000件 突破

債務整理弁護士相談広場は、借金返済に苦しむ方のための情報ポータルサイトです。「任意整理・個人再生・過払い」などのコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。過払いが発生している場合には、すでに借金返済が終わっているにも関わらず、払い続けているという事態があり得ます。借金問題でこれ以上苦しまないためにも、まずはご自分の状況を相談してみましょう。

個人・法人ともに、確かなノウハウで 債務整理を円滑に実行します
Y&Aパートナーズ法律事務所
Y&Aパートナーズ法律事務所

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2017 Agoora.inc.

TOP