名字変更と信用情報|名字が変われば過去の債務整理は金融機関にバレない?

結婚を機にできる旧姓の債務情報を特定

各金融機関は、債務者が結婚したとしてもあらゆる手を駆使して情報を追跡しようとしてきます。そのため、旧姓を隠したままローンやカードの申し込みをすると、ますます経済的信用を失うことになりかねません。審査の申し込みをするときには、正々堂々と旧姓を伝えることがかえって相手に好印象を与えることにつながるのです。

債務整理を弁護士に無料相談

借金問題こんな悩みに苦しんでいませんか?

  • 複数の借入先があり、返済しきれない
  • 毎月返済しても借金が減らない
  • 家族に知られずに借金を整理したい
  • 借金を整理しつつ、自宅・車は残したい
借金問題に強い弁護士を探す

信用情報機関が個人を照合する方法とは

信用情報機関のデータベースには、氏名や住所等の個人情報が記載されますが、この情報が旧姓だった場合はどのような処理になるのでしょうか。もし債務整理後に結婚や養子縁組によって債務者の姓が変わった場合は、どうなるのかについて探っていきましょう。

債務整理の記録ってどこに記録されるの?

消費者金融やキャッシングローンからお金を借りて、借金の返済が困難になったとします。そこで債務整理をした場合、その事故情報は信用情報機関に登録されます。信用情報機関に一旦登録されると、あらゆる金融機関がその情報を照会することができるようになるのです。

債務整理をすると信用情報機関に記録が残る

債務者がローンやカードの支払いを延滞するようになると、その情報は信用情報機関で「事故情報」として登録されます。信用情報機関ではそれぞれ相互に情報の交流を行っているため、どこか1ヶ所でも事故情報が登録されれば、すべての信用情報機関で「ブラック」となるのです。事故情報が信用情報機関に登録されることを、俗に「ブラックリストに載る」と言います。

登録されるとしばらくは経済的信用がなくなる

債務整理をすることで、返済すべき金額が減額されたり、場合によっては借金が帳消しになるメリットはあります。しかし、一度信用情報機関に事故情報が登録されてしまうと、その情報は最低5年程度は消えません。そうなると、経済的な信用がなくなり、新たに借り入れなどを申し込んでも審査に通らなくなくなるのです。

改姓したら審査を通過する可能性はあっても、難しい

姓が変わることで債務者本人の本人確認ができなくなり、ローンやカードの審査に通る可能性もないとは言えません。ただ結婚等で名字が変わったとしても、実際に借り入れができるかと言えば、非常に難しいと言わざるを得ないでしょう。その理由はなんでしょうか?

過去には、名字が変われば債務がなくなったことも

かつては、結婚などで名字が変われば金融機関が債務者の所在を把握できなくなり、債務がなくなったこともありました。しかし、今は情報網が発達したこともあり、各金融機関は情報の追跡ができるようになっています。

金融機関は旧姓情報の把握につとめている!

消費者金融業者やクレジットカード会社でも、旧姓の債務情報を調べられる提出書類「免許証」等の個人情報の提供がなければ、債務者の特定は確実にはできません。そこで、各金融機関はローンやカードの申込書に旧姓欄を設けて申込者の旧姓を書かせたり、運転免許証などの本人確認書類の提示を求めています。

債務整理をした事実は、結婚しても消えません

名字が変わったら、正直に申し出よう

正直に打ち明けることが審査通過率アップの近道

クレジットカードを持てず社会生活に支障を感じると思われる方は、審査を通過するために、免許証を提出することが効果的です。結婚や養子縁組などで名前が変わったのであれば、旧姓を明らかにすることでかえって借金やクレジットカード等の審査落ちを防ぐ対策方法になります。

結婚しても債務は消えない

結婚して名字が変わったからといっても、借金の返済をしなくてよいとはなりません。完済するまで債務は残り続けるのです。したがって、信用情報機関での事故情報も借金返済がすべて終わるまでは消えません。

もし、改姓したことを申し出なかったらどうなるの?

女性の名字が変わるきっかけのほとんどは、結婚によるものです。ローンやカードの申し込みを行う時に、結婚等で姓が変わったかどうかを聞かれることもあります。もしこの場合、改姓したことを申し出なければ、どうなってしまうのでしょうか。

相手は旧姓も徹底的に調べ上げるお金のプロ

消費者金融業者やクレジットカード会社はお金のプロです。信用情報に不安のある人にお金を貸し付けてしまうことは、自社の経営の根幹をゆるがす事態となります。そのため、自社やグループ会社の情報網を駆使して、去に延滞情報がなかったかどうか調査するために、申込者の旧姓を徹底的に調べ上げていくでしょう。

債務整理中であることがバレたら信用はますます低下する

申込者が旧姓を申し出ず、ローンやカードの審査をするときになって申込者の旧姓が判明して債務整理中の人物であるとわかれば、審査に合格することはまず不可能です。事故情報登録機関が終わるまでは、新たに借り入れをしたりクレジットカードに申し込むことはまず不可能と言えるでしょう。また、万一結婚等で姓が変わり、審査を通過したとしても、その後この事実がバレてしまう可能性も十分あります。その場合、金融機関からの信用を失うことになり、保有しているクレジットカードが没収されてしまうことも考えられるのです。

ローンやカードの申込は、ブラックリストの期間が終わるのを待とう

事故情報が登録されている間は、個人ではその情報をどうすることもできません。最低5年は現金中心の生活に切り替え、無事に借金の返済を終えて生活の再建を目指すことだけを考えましょう。無事にブラックリストの期間が経過すれば、晴れて事故情報は消えます。そうすれば、また新たにローンを組んだりクレジットカードの申し込みができるようになります。しかし、くれぐれもお金の借りすぎには注意しましょう。

都道府県から債務整理に強い弁護士を探す
北海道・東北地方 北海道青森岩手秋田宮城山形福島
関東 東京埼玉神奈川千葉茨城栃木群馬
北陸・甲信越 新潟山梨長野石川富山福井
東海 愛知静岡岐阜三重
関西 大阪京都奈良兵庫滋賀和歌山
中国・四国 広島岡山山口鳥取島根香川徳島愛媛高知
九州 福岡熊本大分宮崎佐賀長崎鹿児島沖縄
債務整理を弁護士に無料相談

借金問題こんな悩みに苦しんでいませんか?

  • 複数の借入先があり、返済しきれない
  • 毎月返済しても借金が減らない
  • 家族に知られずに借金を整理したい
  • 借金を整理しつつ、自宅・車は残したい
借金問題に強い弁護士を探す
弁護士に相談することに不安が残る方へ
家族に内緒で債務整理したい!その方法とは?
債務整理にかかる弁護士費用って、一体どれくらいかかるの?
個人再生手続きは弁護士などへの法律相談から。流れを完全理解!
お金がないからと諦めないで!個人再生にかかる費用を徹底比較
特定調停を申し立てる5つのメリットにはどんなものがある?
自己破産後の生活まとめ~仕事・私生活はどうなる?いつかは回復する?

ご相談状況

  • 電話相談:完全無料
  • 弁護士/司法書士:41事務所
  • 相談件数:1,000件 突破

債務整理弁護士相談広場は、借金返済に苦しむ方のための情報ポータルサイトです。「任意整理・個人再生・過払い」などのコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。過払いが発生している場合には、すでに借金返済が終わっているにも関わらず、払い続けているという事態があり得ます。借金問題でこれ以上苦しまないためにも、まずはご自分の状況を相談してみましょう。

個人・法人ともに、確かなノウハウで 債務整理を円滑に実行します
Y&Aパートナーズ法律事務所
Y&Aパートナーズ法律事務所

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2017 Agoora.inc.

TOP