債務整理は結婚に影響する?結婚生活における債務整理のデメリット

債務整理はどこまで結婚に影響する?

債務整理の経験を結婚相手に伝えることに抵抗を覚える方は多いでしょう。しかし、隠したまま結婚すると、後々、結婚生活に支障が生じる可能性があります。幸せな新婚生活を送っていくためにも、債務整理は結婚前に終わらせておくことが大切です。また、その事実を相手にきちんと話してから結婚した方がお互いのために良いでしょう。

結婚前に債務整理をするとどうなる?

債務やローンは結婚後も夫婦で別扱い

結婚前に債務整理を行っていたとしても、法律上、結婚に直接的な悪影響が出るということはありません。債務者の結婚相手も信用情報機関のいわゆる「ブラックリスト」に掲載されるといった話も世間では耳にしますが、明確な根拠は何もなく、全くの事実無根です。
結婚生活は共同で行うものです。しかし結婚後に債務やローンが発生した場合も、夫婦二人で責任を負わなければならないのでしょうか?

夫婦の財産はそれぞれのもの

民法上、日常生活全般について夫婦に連帯責任があるとされています。しかし、原則としては「夫婦別産制」の考えが用いられています。「夫婦別産制」とは、結婚前あるいは結婚後に自分名義で所有している財産は、その人だけの特有財産であるという考え方です。

債務整理も「夫婦別産」

債務整理についても、同様の考えが採用されています。そのため、結婚して同じ名字になったとしても、債務やローンの審査については、個人の問題として別々に扱われることになります。

結婚相手が債務整理経験者でもローンを組むことはできる

配偶者の債務を負う必要はない

配偶者が債務整理中である場合やこれから債務整理を行う予定の場合でも、借金の保証人にならない限り、相手の代わりに借金を返済する必要はありません。

配偶者が債務者でもローンは可能

また、債務者と結婚したからといって、ローンを組めなくなるということもありません。ローンの審査上では、配偶者が債務整理経験者だとしても、本人に「事故情報」の登録がなければよいのです。

結婚相手が債務整理をしているとどうなるか?

配偶者になる人が債務整理の経験者だとしても、結婚に悪影響が及ぶことはありません。しかし、ローンの名義をどちらにするかによって、審査に通らなくなる可能性があります。

夫が債務整理をしていた場合、家や車のローンに影響することも

債務整理をしていたのが夫の場合は、新規借り入れに影響があるケースがあります。

夫が債務者の場合には影響が…

債務整理を経験していると、信用情報機関に「事故情報」が登録されている間は、ローンををはじめ新規でのクレジットカード作成、キャッシングなどはできません。一般的に、ローンの名義は男性になるため、債務整理を行ったのが夫の場合には、マイホームや車を購入する際に影響が出るケースが多くなります。

ローンでの買い物は我慢せざるを得なくなることも

妻に経済力があって、ローンの名義人となれる場合は別ですが、債務整理をした男性と結婚した場合は、「事故情報」の登録が抹消されるまでマイホームや車の購入は諦めた方が良いかもしれません。

債務整理は事故情報として5~7年登録される

債務整理を行った後、5~7年はその情報が信用情報機関に事故情報として登録されます。
結婚後、男性名義でマイホームや車の購入を希望している場合には、5~7年は待った方が良いでしょう。

債務整理の経験は隠すべき?

債務整理が結婚に悪影響を及ぼすことはありません。しかし、債務整理の経験がある事実を話したら相手に嫌われてしまうのではないかと心配な方もいるのではないでしょうか。

結婚相手には打ち明けたほうがベター

過去に任意整理を行っていても、返済が終わってしばらく経ってから結婚するケースもあるでしょう。その場合、結婚後の生活に影響が及ぶことがないとわかっていたら、わざわざ相手に話す必要はないかもしれません。
しかし、債務整理をしたことで、マイホームや車の購入に影響が出る可能性が考えられる場合には、やはり打ち明けてから結婚した方が良いでしょう。そのほうがお互いにスッキリした気持ちで結婚でき、信頼関係も壊れずに済みます。

ローンを組むなら他の金融機関で

債務整理の事実は信用情報機関に5~7年、官報には10年記載されます。しかし、この期間が終わればローンを組んだり、マイホームや車を購入することもできるのです。債務整理をした金融機関は利用できなくなる可能性が高いですが、他の金融機関で借り入れにチャレンジしてみましょう。

債務整理は結婚前に済ませておく

法律上は結婚する相手が債務者でも影響はないと言いますが、やはりきちんと借金の整理をして、さっぱりした気持ちで新生活を迎えることがベストです。

債務整理を終えてから結婚しよう

結婚を考えているなら、早く債務整理を

借金の支払いが残っている状態で結婚したとしても、法律上は債務者本人にのみ返済義務があることになります。しかし、結婚を考える相手がいて、なおかつ借金を抱えている方は、なるべく早く債務整理を行うことが大切です。

結婚前の借金が新生活に暗い影を落とすことも

同じ家に住み生活を共にしている以上、相手も節約に励んだり、パートに出たりと、借金の返済に協力していくことになる可能性が高いでしょう。新婚時代に借金の返済に追われていては、幸せ真っ只中のはずの毎日を暗い気分で過ごすことにもなりかねません。

債務整理でお困りの方は弁護士に相談を

人生のパートナーとなる大切な人に迷惑をかけないためにも、結婚前に相手に借金の事実を打ち明け、きちんと債務整理を済ませてから結婚した方が良いでしょう。どうやって債務整理をしていいかわからないとお困りの方は、弁護士などの専門家に相談してみることをおすすめします。

相手が借金問題を抱えたままであれば、楽しいはずの結婚生活も楽しくなくなりかねません。結婚を控えているのであれば、すみやかに弁護士などの専門家に相談して、早めに対策をするべきではないでしょうか。

債務整理を弁護士・司法書士に無料相談

借金問題こんな悩みに苦しんでいませんか?

  • 複数の借入先があり、返済しきれない
  • 毎月返済しても借金が減らない
  • 家族に知られずに借金を整理したい
  • 借金を整理しつつ、自宅・車は残したい
借金問題に強い弁護士・司法書士を探す
弁護士に相談することに不安が残る方へ
家族に内緒で債務整理したい!その方法とは?
債務整理にかかる弁護士費用って、一体どれくらいかかるの?
個人再生手続きは弁護士などへの法律相談から。流れを完全理解!
お金がないからと諦めないで!個人再生にかかる費用を徹底比較
特定調停を申し立てる5つのメリットにはどんなものがある?

ご相談状況

  • 電話相談:完全無料
  • 弁護士/司法書士:38事務所
  • 相談件数:1,000件 突破

債務整理弁護士相談広場は、借金返済に苦しむ方のための情報ポータルサイトです。「任意整理・個人再生・過払い」などのコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。過払いが発生している場合には、すでに借金返済が終わっているにも関わらず、払い続けているという事態があり得ます。借金問題でこれ以上苦しまないためにも、まずはご自分の状況を相談してみましょう。

弁護士と連携して臨機応変に対応! 過払い金の実績豊富!
司法書士法人ジェネシス
司法書士法人ジェネシス

基本報酬0円から!小額の過払い金でも安心
全国どこでも安心してご相談できます。

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2017 Agoora.inc.

TOP