債務整理すると結婚に不利?債務整理が結婚生活に及ぼす影響とリスク

結婚

債務整理をしても、結婚できなくなることはありませんし、相手に知られることもありません。借金が債務整理が離婚原因になることもありません。
借金があるなら、結婚前に整理しておくべきですし、できれば結婚相手には借金や債務整理の事実を告げておいた方がすっきりします。結婚相手に知られずに債務整理をするためには、弁護士に手続を依頼する必要性が高いです。

債務整理を弁護士に無料相談

借金問題こんな悩みに苦しんでいませんか?

  • 複数の借入先があり、返済しきれない
  • 毎月返済しても借金が減らない
  • 家族に知られずに借金を整理したい
  • 借金を整理しつつ、自宅・車は残したい
借金問題に強い弁護士を探す

債務整理すると結婚できない?

サラ金やクレジットカードなどの借金がかさんでくると、毎日が苦しくなります。そんなときには債務整理によって解決する方法が有効ですが、債務整理をすると、結婚に不利になることがあるのでしょうか?まず、債務整理をすると結婚出来なくなるのか、何らかの悪影響があるのか見てみましょう。

債務整理をすることによって、法的や制度的に結婚が不利になることはありません。債務整理をしても戸籍や住民票に何らかの記載がされることもありませんし、債務整理によって結婚が制限されることもありません。債務整理中やその後に結婚している人もたくさんいます。そこで、債務整理をすると結婚ができなくなることや制限されることを心配する必要はありません。

債務整理すると結婚相手にバレる?

それでは、債務整理をすると、結婚相手にバレることがあるのでしょうか?

基本的に知られる仕組みはない

債務整理をしたことによって自然に相手にそのことを知られる仕組みはありません。債務整理をするときには、弁護士に手続を依頼することが普通ですが、弁護士から結婚相手に債務整理したことが通知されることもありませんし、裁判所や債権者から何らかの連絡がなされることもありません。そこで、通常は、自分が言わなければ結婚相手に債務整理がバレることはありません。

興信所を使われると、借金がバレる

ただ、結婚相手に借金や債務整理の事実を知られてしまうパターンがあります。それは、相手が興信所を利用したときです。
結婚をするときには、相手の生活ぶりや借金の有無などについて興信所に依頼して調査させる人がいます。このような手段をとられて借金や債務整理の事実を知られると、トラブルが発生することもあります。

相手と同居している場合には債務整理がバレることがある

結婚前に相手に借金や債務整理がバレる可能性があるもう1つのパターンは、相手と同居しているケースです。とくに最近では、結婚前に同棲をするカップルが多いです。このようなケースでは、債権者からの連絡によって相手に借金を知られてしまうリスクが高くなります。借金をしているとき、返済を滞納すると債権者から督促が来ます。自宅に電話がかかってくることもありますし、多くのケースでは葉書や封書などで督促書が送られてきます。結婚相手と同居している場合、このような郵便を見られて借金を知られてしまいます。

また、債務整理をするときにも、自分で手続きをすると自宅に債権者からの連絡書がたくさん届きますし債権者とのやり取りが必要になるので、やはり結婚相手に不審に思われて債務整理がバレます。相手と同居しているときに債務整理をすすめるときには、特に注意が必要です。

債務整理がバレるとどうなる?

通帳

それでは、結婚相手に借金がバレると、実際にどのような問題が起こるのでしょうか?これについては、ケースバイケースです。借金に対する考え方は人それぞれだからです。

結婚相手によっては、借金があっても気にせず結婚をしてくれることもあるでしょう。しかし、多くのケースでは、相手に借金があるとわかったら結婚を敬遠されてしまいますし、破談になる可能性が高くなります。結婚相手本人は借金のことを気にしなくても、相手の親が許さないので結婚が難しくなる可能性も高いです。そこで、結婚前に借金や債務整理を知らせることには、ある程度リスクがあることは確かです。

債務整理が相手にバレない方法はあるのか?

債務整理が結婚相手にバレると、結婚がダメになってしまうおそれがあるなら、債務整理が結婚相手にバレないことが重要です。相手に知られずに債務整理をする方法や工夫はあるのでしょうか?

ここでは、弁護士に債務整理を依頼することが役立ちます。弁護士に債務整理を依頼すると、弁護士が介入した時点で、債権者は債務者に直接督促や連絡をすることができなくなります。そこで、借金を滞納していても、債権者から督促書が届くことがなくなります。また、債務整理に関する連絡も全て弁護士の元に届くことになるので、債権者からの書類を結婚相手に見られて債務整理がバレることもなくなります。弁護士に依頼すると、結婚相手と同居していても債務整理がバレる可能性がグッと減るので、メリットが大きいです。

ただ、興信所を使って調べられた場合など、弁護士を使っても相手に知られてしまう可能性もあります。知られた場合には、結婚相手やその家族とよく話合いをするしかないでしょう。

債務整理を結婚相手に告げるべき?

破談になるリスクがある

結婚前に債務整理をした場合、そのことを相手に告げるべきかという問題があります。これについても、ケースバイケースです。ただ、債務整理をしたことを告げなくても特に生活に支障がないケースも多いので、そういった場合には特に告げる必要は少ないです。実際に、債務整理したことを告げることによって結婚話が破談になるリスクもあるので、トラブルが発生するくらいならば、告げない方が良いと考えられます。

ローンやクレジットカードが使えなくなるので、バレる可能性がある

ただ、債務整理をすると、後に説明するようにブラックリスト状態になり、ローンやクレジットカードの利用ができなくなります。そこで、そのことをきっかけに借金や債務整理が判明することもあります。そうなったら、「どうして先に言ってくれなかったのか」と言われて問題になることも考えられます。たとえば、自分が一家の大黒柱になるようなケースでは、相手に債務整理しているのでブラック状態になっていることを説明しておいた方が良いケースがあります。これに対し、自分が専業主婦になるケースなどでは、告げる必要性が低いとも考えられます。

告げておいた方がすっきりとした気持ちで結婚できる

さらに、このような立場の違いとは別の次元の問題として、債務整理したかどうかという問題が夫婦の信頼関係に関わることもあります。相手に秘密を抱えたまま結婚生活を続けていくのは苦しいものですし、何らかのきっかけでバレてしまったときに信頼を失うリスクもあります。このようなことを考えると、やはり結婚前に自ら告げておいた方がすっきりした気持ちで結婚ができます。

債務整理を相手に告げる方法は?

債務整理をしたことを相手に先に告げておいた方が、気分もすっきりとした状態で結婚ができますし、将来のトラブルも避けやすいことは確かです。そこで、債務整理を結婚相手に告げようと思うことがありますが、この場合、どのような方法で告げれば良いのでしょうか?工夫すべきポイントを紹介します。

債務整理について、わかりやすく説明する

この場合、債務整理とはどのようなものかについて、しっかりとわかりやすく説明すべきです。一般の人は、借金と債務整理の区別もさほどついていません。債務整理=借金というイメージで、なんとなく怖い、と感じていることも多いです。そこで、債務整理は借金の解決方法であり、恐ろしいものではないこと、むしろ良いことであることをわかってもらいましょう。

債務整理でデメリットが少ないことを説明する

また、債務整理によって、さほど大きなデメリットがないこと、家族に対する悪影響がないことを説明することも重要です。債務整理をしている人と結婚しても、代わりに借金返済しないといけない義務はありませんし、戸籍謄本や住民票、運転免許証などの公的な書類に記載されるわけでもないので周囲に知られることもなく、プライバシーの観点から不利益を受けることもありません。債務整理した人と結婚しても、自分の個人信用情報には影響がないので、結婚後も自分は引き続いてローンやクレジットカードなどを利用することができます。

債務整理しない方が問題であることを説明する

さらに、債務整理は完全に合法な借金問題解決方法であり、それをすることについて何ら責められるものではありませんし、むしろ債務整理をしないで借金を放置しておくことの方が重大な問題です。

このように、債務整理をすること自体に大きな問題はないということを、きちんと説明してわかってもらえたら、例え債務整理をしたことを告げても、相手が結婚をやめてしまうおそれは減ります。

債務整理が離婚理由になるのか?

離婚

次に、債務整理と離婚について見てみましょう。債務整理を隠して後でバレたときや、債務整理をしたことや借金していた(いる)ことが離婚理由になるのかについて、順番に説明します。

債務整理を隠していたら、離婚理由になる?

まず、結婚前に債務整理をしたのにそれを隠していたら離婚理由になるのかどうか、考えてみましょう。結婚前に債務整理したときにそれを告げずに結婚して、後にバレた場合のパターンです。

債務整理を隠していたことだけでは離婚理由にならない

この場合、債務整理をしたことを告げなかったことだけをもって離婚理由になるとは考えにくいです。民法では、定められた離婚原因があります。それは、不貞と悪意の遺棄、3年以上の生死不明、回復しがたい精神病、その他婚姻を継続し難い重大な事由です。ここで、債務整理を秘密にしていたこと、は明示されていないので、「その他婚姻を継続し難い重大な事由」に該当するかどうかが問題です。

婚姻を継続し難い重大な事由とは、不貞や悪意の遺棄などの前の4つに匹敵するほど重大な問題を意味しますが、結婚前に債務整理をしたことを告げなかったというだけでは、通常はそこまでの問題とは捉えられないでしょう。

夫婦関係が不和になると、離婚につながるおそれがある

しかし、結婚前に債務整理をしたことが後からバレると、そのことが原因で夫婦関係が悪化する可能性が高いです。相手からは「騙された」「結婚詐欺」などと言ってなじられるでしょうし、こちらも辛い思いをして、夫婦関係はうまくいかなくなるでしょう。実際に夫婦関係が悪化して家庭内別居状態になったり実際に別居してしまったり、どちらかが不貞してしまったりすると、結局は離婚につながってしまいます。このように、債務整理を隠していたこと自体は離婚理由になりませんが、それがきっかけで夫婦関係の不和につながるおそれがあることは、理解しておきましょう。

借金や債務整理をすると離婚理由になる?

直接的には離婚理由にならない

次に、借金や債務整理そのものが離婚理由になるのかについて、見てみましょう。これについても上記の「債務整理を告げていなかった」場合と同様、直接的に離婚理由になるものではありません。世間一般ではよく「相手に借金があるから離婚した」などと言われますが、多くのケースでは、借金そのものが離婚理由になって裁判で離婚しているのではありません。相手の借金が判明したので、夫婦で話し合って離婚をしているのです。

夫婦関係が不和になると、離婚につながる

ただ、この場合も、借金や債務整理の事実によって夫婦関係が悪化することがあります。債務整理をしてきちんと借金を整理して問題が解決されればそこまで深刻化しないことが多いですが、債務整理をせず放置して債権者からの督促が続いた場合や、何度周囲が尻ぬぐいをしても借金を繰り返した場合などには、夫婦関係が破綻してしまう可能性が高いです。

そこで、借金や債務整理をした場合、特に借金を整理せずに放置している事案で、離婚につながりやすいです。離婚を避けたいなら、借金は放置せずにきちんと債務整理で解決することが重要です。この意味では、債務整理は離婚につながるものではなく、むしろ婚姻関係の維持に役立つものと言えます。

債務整理すると、結婚相手に影響はある?

債務整理をすると、結婚相手に与える影響が心配だという人がいるでしょう。そこで、以下では債務整理によって結婚相手にどのような影響が及ぶ可能性があるのか、見てみましょう。

直接的な影響はない

まず、債務整理をした場合の結婚相手への直接的な影響について、説明します。この場合、もっとも心配なのは、結婚相手に借金の督促が来るのではないか、ということでしょう。まず、債務整理をしても結婚相手に借金の督促が来ることはありません。借金は金銭消費貸借契約という契約にもとづくものですが、契約は当事者間のものなので、たとえ家族であっても他人の契約について履行する義務を負わないからです。家族でも義務が及ばないのですから、婚約者についてはなおさらのことです。結婚後配偶者になっても、督促が来ることはないので心配は要りません。

次に債務整理した場合の個人信用情報の問題があります。債務整理をすると、個人信用情報に事故情報が登録されて、ローンやクレジットカードが利用できなくなることが有名です。そこで、結婚相手や家族の信用情報にも影響が及ぶのではないかと心配する人が多いです。

個人信用情報も、その人個人に限定された情報です。たとえ家族であっても個人信用情報の内容がお互いに影響し合うことはありません。そこで債務整理をしても、結婚相手の個人信用情報に影響はなく、結婚後も、配偶者は自分の名義でローンやクレジットカードを利用することができます。結婚後、配偶者名義でクレジットカードを作ったら、家族カードを発行してもらって債務整理した人が家族カードを使うこともできます。

このように、債務整理をしても、結婚相手に直接悪影響が及ぶことはほとんどないので、心配する必要はないのです。

間接的な影響はある

次に、債務整理した場合の結婚相手に対する間接的な影響について、見てみましょう。

借金返済が家計に負担をかける

まず、自己破産以外の方法で債務整理をすると、債務者は、手続き後数年間借金の返済を継続しなければなりません。そこで、この間は家計から借金返済をしないといけないので、結婚相手に負担をかけることになります。たとえば借金返済をしている3年~5年くらいの間は、外食や旅行などの遊興費にあまりお金をかけられない可能性がありますし、子どもを作るのを待ってもらったり、節約生活に協力してもらったりしないとといけないかもしれません。

また、債務整理をするとブラックリスト状態になるので、自分はローンやクレジットカードなどを利用できなくなってしまいます。そこで、自分が一家の大黒柱になる場合、住宅ローンや車のローンなどを組むことが出来ず、家族に迷惑をかけるおそれがあります。クレジットカードを作って家族に使わせてあげることも不可能なので、家族自身にクレジットカードを作るだけの信用がない場合には、カードなしの不便な生活になってしまう可能性もあります。

また、ブラックリスト状態になると連帯保証人になることもできないので、たとえば子どもの奨学金の連帯保証をすることもできません。以上のように、債務整理をすると、間接的には結婚相手と結婚後の生活に対し、ある程度の影響が及ぶ可能性はあります。

ただ、自分がブラックリスト状態になっても結婚相手の信用には影響がないので、自分が専業主婦などになって、住宅ローンやクレジットカードの発行などは夫に任せる、という場合には、あまり問題になりません。

債務整理後のブラックリスト期間はどのくらい続くのか?

カード

債務整理をすると、一定期間個人信用情報に事故情報が登録されて、ローンやクレジットカードが使えなくなります。このことによって、家族にも迷惑をかけるおそれが高いです。
そうであれば、債務整理によってブラックリスト状態になる期間がどのくらい続くのかが問題です。

信用情報機関の種類

この点については、利用する債務整理の種類と、信用情報機関によって取扱が異なります。信用情報機関には、CICとJICC、全国銀行個人信用情報センター(KSC)があります。JICCは消費者金融の加盟が多くCICはクレジットカードや信販会社の加盟が多いです。KSCには、銀行や信用金庫などの金融機関が加盟しています。

任意整理、特定調停の場合

そして、任意整理や特定調停の場合には、JICCでは手続き後5年、CICでは完済後5年間、KSCでは保証会社による代位弁済後5年間、事故情報(滞納情報)が掲載されます。

特定調停の場合

個人再生の場合、JICCなら手続き後5年間、CICでは完済後5年間、KSCでは手続き後10年間事故情報が登録されます。

自己破産の場合

自己破産の場合、JICCとCICの場合手続き後5年間、KSCなら手続き後10年間事故情報が掲載されます。このように、個人再生や自己破産をすると、ブラック状態は比較的長く継続します。特にKSCにおいてブラックリスト状態が長期になるので、これらの債務整理をすると、手続き後に住宅ローンなどの銀行ローンを利用するのが困難になる可能性はあります。

ただ、どの手続きをしても、概ね5年~10年くらい経つと事故情報が消去されて、また借り入れが出来るようになります。以上のように、債務整理をしてブラックリスト状態になる期間は限定的なので、この問題に神経質になりすぎる必要はありません。

結婚前に債務整理するのと後でするのとどっちがおすすめ?

それでは、現在借金を抱えていて結婚の予定もある人の場合、結婚前に債務整理をするのと、結婚後に債務整理するのとでは、どちらがおすすめと言えるでしょうか?

結婚前に債務整理すべき

これについては、圧倒的に結婚前に行う方がメリットが大きいです。結婚前に債務整理をすると、借金が整理されるので、生活が安定します。そこで、結婚後の家庭生活でも家計に対する圧迫が小さくなりますし、相手に負担も小さいです。相手に借金を秘密にする場合にも、バレにくくなります。

結婚前に債務整理しないとどうなるのか?

これに対し、結婚前に債務整理をしないと、借金問題を抱えたまま結婚してしまうことになります。そうなると、自分の収入で返済しきれない部分を相手に負担させることになりますし、借金漬けの生活につきあわせることになってしまいます。滞納すると、債権者から督促が来るので、家族にも心配をかけたり嫌な思いをさせたりすることになるでしょう。そのようなことがたびかさなったら、夫婦関係が不和になって離婚につながってしまうおそれもあります。

借金があるなら、結婚前に債務整理を!

そこで、借金を抱えているなら、結婚前に整理しておくべきです。債務整理をしたことがバレて結婚出来なくなったとしても、それは債務整理による影響ではなく、「借金がある」ことによるものです。結局、借金がある限り、債務整理をしてもしなくても結婚がだめになっていたはずです。結婚をするなら、夫婦二人で1から新しい人生のスタートを切りたいものです。そんなとき、借金問題など抱えていない方が良いに決まっています。結婚を控えているけれども借金がある、という人は、まずは債務整理で借金を整理してすっきりとした気持ちで結婚に進むことをおすすめします。

結婚前に債務整理するなら早めに弁護士に相談しよう!

以上のように、債務整理をしても、結婚できなくなることはありませんし、結婚相手に大きな悪影響を及ぼすこともありません。あるとすると、ローンやクレジットカードを利用することができなくなるという間接的な影響です。結婚相手自身がローンやクレジットカードを利用することは可能です。結婚前に借金を抱えているなら、まずは債務整理によって借金を整理してから結婚をする方が良いですし、できれば債務整理をしたことを結婚相手に告げておいた方が、後々楽になるでしょう。

婚約者がいる状態で債務整理をすすめるときには、相手との関係を悪化させないように上手に手続きをする必要がありますが、そのためには、法律のプロである弁護士のアドバイスを受けることが役立ちます。また、弁護士に依頼すると、結婚相手に知られずに債務整理をすることも可能です。そこで、結婚前に債務整理について悩んでいるなら、まずは弁護士に相談してみることが解決の糸口になります。

借金問題は、放置しておくと支払いが出来なくなって債権者から督促が来たりする不利益があるので、早めに対処することが大切です。今、結婚を控えているけれども借金があって対応に迷っているなら、まずは一度、弁護士に相談してみることをおすすめします。

都道府県から債務整理に強い弁護士を探す
北海道・東北地方 北海道青森岩手秋田宮城山形福島
関東 東京埼玉神奈川千葉茨城栃木群馬
北陸・甲信越 新潟山梨長野石川富山福井
東海 愛知静岡岐阜三重
関西 大阪京都奈良兵庫滋賀和歌山
中国・四国 広島岡山山口鳥取島根香川徳島愛媛高知
九州 福岡熊本大分宮崎佐賀長崎鹿児島沖縄
債務整理を弁護士に無料相談

借金問題こんな悩みに苦しんでいませんか?

  • 複数の借入先があり、返済しきれない
  • 毎月返済しても借金が減らない
  • 家族に知られずに借金を整理したい
  • 借金を整理しつつ、自宅・車は残したい
借金問題に強い弁護士を探す
弁護士に相談することに不安が残る方へ
家族に内緒で債務整理したい!その方法とは?
債務整理にかかる弁護士費用って、一体どれくらいかかるの?
個人再生手続きは弁護士などへの法律相談から。流れを完全理解!
お金がないからと諦めないで!個人再生にかかる費用を徹底比較
特定調停を申し立てる5つのメリットにはどんなものがある?
自己破産後の生活まとめ~仕事・私生活はどうなる?いつかは回復する?

ご相談状況

  • 電話相談:完全無料
  • 弁護士/司法書士:41事務所
  • 相談件数:1,000件 突破

債務整理弁護士相談広場は、借金返済に苦しむ方のための情報ポータルサイトです。「任意整理・個人再生・過払い」などのコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。過払いが発生している場合には、すでに借金返済が終わっているにも関わらず、払い続けているという事態があり得ます。借金問題でこれ以上苦しまないためにも、まずはご自分の状況を相談してみましょう。

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2017 Agoora.inc.

TOP