債務整理後、クレジットカードは持てる?時期はいつから発行できる?

債務整理後のクレジットカード発行はいつから可能?

債務整理を行っても、一定期間が経過すれば再びクレジットカードを持つことができます。期間は債務整理の種類によって異なりますが、短くて5年、長くて10年です。「自分は現在ブラックリストに載っているのか?」という疑問は、インターネットや郵送で信用情報機関に開示請求することで解決することが可能です。

債務整理を弁護士に無料相談

借金問題こんな悩みに苦しんでいませんか?

  • 複数の借入先があり、返済しきれない
  • 毎月返済しても借金が減らない
  • 家族に知られずに借金を整理したい
  • 借金を整理しつつ、自宅・車は残したい
借金問題に強い弁護士を探す

債務整理をするとクレジットカードが持てなくなる?

クレジットカード決済は、消費者・お店・クレジットカード会社の三者間の「信用」の上に成り立っています。では、債務整理を行った人は「経済的に信用できない」とみなされて二度とクレジットカードを持つことができないのでしょうか?

クレジットカード会社の審査の流れ

結論から言うと、債務整理を行った人も再びクレジットカードを持つことは可能です。まずはクレジットカード会社がカードを発行する際、どのように「信用」を確認しているのかを知っておきましょう。

カード申込に時間がかかる理由

消費者がクレジットカードの申し込みを行うとき、通常はカードが発行されるまで数日〜数週間かかります。これはクレジットカード会社が「信用情報機関」に情報を照会し、回答を得て、支払い能力を判断しているからです。

支払い能力を重視

消費者は申し込み時に年収や勤務先の規模などを自己申告しますが、それ以上に信用情報機関が把握している「過去の借り入れ状況」や「支払いの履歴」が重視されます。こうして得た情報を点数化して、クレジットカード発行の可否を決めているのです。

信用情報機関は互いに情報交換している

信用情報機関には、「株式会社シー・アイ・シー(CIC)」「株式会社日本信用情報機構(JICC)」「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」の3つの期間があります。これらの機関は、専用のネットワークを通じて信用情報に関する情報交換をおこなっています。

ブラックリストに載る期間が終わればカードが持てる

債務整理を行った場合は、一定の期間その事実が信用情報機関に記録されます。俗に言う「ブラックリストに載る」という状態です。この期間が明ければ、再びクレジットカードを持てるようになります。

任意整理の場合

CICでは、債務整理を行う前に返済に3ヶ月以上の延滞があれば5年間「事故情報」として登録されます。JICCでも登録期間は5年間です。KSCでは保証会社が代位弁済をした場合はその事実が5年間登録されます。

個人再生(民事再生)の場合

CICでは債務整理を行う前に返済に3ヶ月以上の延滞があれば、5年間事故情報が登録されます。JICCでも登録されている機関は5年間。KSCでは10年間情報が登録されます。

自己破産の場合

CICとJICCでは5年間、事故情報が登録されます。KSCでは、情報が登録される期間は10年間です。

その他の場合(特定調停・過払い金請求)

特定調停の場合も5〜7年は事故情報としてブラックリストに載ります。過払い金請求の場合は、すでに返済が全て終わっている場合は載りませんが、完済していない場合は事故情報として登録される場合があります。

クレジットカードの申込みをする前に

事故情報が登録される期間に関する「起点日」の定め方は、債務整理の種類や信用情報機関によって異なります。期間終了が近づき、新たにクレジットカードを申し込もうとする場合は、事前に最新の信用情報を確認しておいたほうが確実です。

自分の信用情報を調べる方法

自分の信用情報は、信用情報期間に開示請求することができます。基本的に手続きができるのは本人で、代理人が行う場合は委任状が必要です。

信用情報の開示請求 受付方法
シー・アイ・シー(CIC) ホームページ・郵送・窓口で信用情報を開示しています。手数料はホームページと郵送が1,000円、窓口が500円です。
日本信用情報機構(JICC) ホームページ(スマートフォン)・郵送・窓口で信用情報を開示しています。手数料はホームページと郵送が1,000円、窓口が500円です。
全国銀行個人信用情報センター(KSC) 信用情報の開示はKSCへの郵送申込みによってのみ受け付けています。手数料は1,000円です。

債務整理後のクレジットカード申し込み時に注意すること

ブラックリストから外れたことが確認できれば、いよいよクレジットカード会社に申し込みができます。しかし債務整理を行った人は以下の点に注意すべきです。

債務整理の対象となったクレジットカード会社は選ばない

信用情報機関からは事故情報が消えても、俗に「社内ブラック」と呼ばれるクレジットカード会社の自社データベースに情報が保存されています。債務整理の対象となったクレジットカード会社からは、カードを二度と発行してもらえない可能性が極めて高いです。別のカード会社で申し込むようにしましょう。

短期間に複数のカードを申し込まない

「一社だけでは審査に落ちるかもしれないから、複数のクレジットカード会社に同時に申し込んでおこう」と考える方がいるかもしれませんが、それは危険です。短期間に複数のクレジットカード会社に申し込むと、「この人は複数のカードでキャッシングをして、借金で首が回らなくなっているのではないか」と疑われてしまうからです。

生活全体への影響をふまえた最適な債務整理は弁護士に相談を

クレジットカードがないと、ETCカードが持てず高速料金の割引が受けられないなど、生活のふとした場面で不便さを感じることでしょう。これから債務整理を行う方は、生活全体への影響も考えて、どの整理方法が最適か弁護士などの専門家に相談するのがおすすめです。

都道府県から債務整理に強い弁護士を探す
北海道・東北地方 北海道青森岩手秋田宮城山形福島
関東 東京埼玉神奈川千葉茨城栃木群馬
北陸・甲信越 新潟山梨長野石川富山福井
東海 愛知静岡岐阜三重
関西 大阪京都奈良兵庫滋賀和歌山
中国・四国 広島岡山山口鳥取島根香川徳島愛媛高知
九州 福岡熊本大分宮崎佐賀長崎鹿児島沖縄
債務整理を弁護士に無料相談

借金問題こんな悩みに苦しんでいませんか?

  • 複数の借入先があり、返済しきれない
  • 毎月返済しても借金が減らない
  • 家族に知られずに借金を整理したい
  • 借金を整理しつつ、自宅・車は残したい
借金問題に強い弁護士を探す
弁護士に相談することに不安が残る方へ
家族に内緒で債務整理したい!その方法とは?
債務整理にかかる弁護士費用って、一体どれくらいかかるの?
個人再生手続きは弁護士などへの法律相談から。流れを完全理解!
お金がないからと諦めないで!個人再生にかかる費用を徹底比較
特定調停を申し立てる5つのメリットにはどんなものがある?
自己破産後の生活まとめ~仕事・私生活はどうなる?いつかは回復する?

ご相談状況

  • 電話相談:完全無料
  • 弁護士/司法書士:40事務所
  • 相談件数:1,000件 突破

債務整理弁護士相談広場は、借金返済に苦しむ方のための情報ポータルサイトです。「任意整理・個人再生・過払い」などのコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。過払いが発生している場合には、すでに借金返済が終わっているにも関わらず、払い続けているという事態があり得ます。借金問題でこれ以上苦しまないためにも、まずはご自分の状況を相談してみましょう。

個人・法人ともに、確かなノウハウで 債務整理を円滑に実行します
Y&Aパートナーズ法律事務所
Y&Aパートナーズ法律事務所

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2017 Agoora.inc.

TOP