借金滞納で裁判を起こされた!それでも債務整理はできる?

訴状

債務整理を弁護士に無料相談

借金問題こんな悩みに苦しんでいませんか?

  • 複数の借入先があり、返済しきれない
  • 毎月返済しても借金が減らない
  • 家族に知られずに借金を整理したい
  • 借金を整理しつつ、自宅・車は残したい
借金問題に強い弁護士を探す

そもそも、借金滞納の裁判って何?

借金を滞納していたら、裁判をされる可能性がありますが、借金の裁判とは、いったいどのようなことなのでしょうか?

借金の裁判は、滞納している借金を強制的に取り立てるための手続きです。お金を貸した場合、通常は債務者本人が自ら約束通りに支払いをしてくるものです。しかし、返済がきつくなってきたら、支払期限に遅れる人が出てきます。すると債権者としては督促をしますが、それでも支払いをしてくれない場合、法律の力を借りるしかありません。そこで、債権者は裁判を起こして、支払いに応じない債務者から無理矢理にでも借金を取り立てて回収する必要があるのです。

借金の裁判を起こされる場合は、相当程度、借金を放置していたケースです。通常通り返済を続けている場合や、多少の遅れではいきなり裁判をされることはありません。

裁判になるまでの流れ

実際に借金の裁判を起こされる場合、どのような流れになるのでしょうか?借金を滞納してから裁判になるまでの一般的なパターンをご紹介します。

まずは電話で督促される

借金を期日までに支払えなかったら、だいたいの貸金業者は債務者に対して電話連絡をしてきます。

ただ、1回遅れただけで、激しく恫喝されたりすることは通常ありません。「ご入金が確認できないのですが、どうなっていますか?」などと聞かれることが多いので、そのときにきちんと謝り、遅れた分を支払えば解決できます。

普通郵便で督促書や問い合わせ書が届く

電話に出なかった場合には、自宅宛に問合せの書類や督促書が送られてきます。電話をかけてこずにいきなり郵便が届くケースもあります。

これらの問い合わせ書には「入金が確認できないので、一度ご連絡ください」などと書いてあることが多いです。未入金の金額と未払い利息、遅延損害金の金額が記載されていて、入金を促す内容になっていることもあります。貸金業者によっては、債務者のプライバシーに配慮し、業者名を伏せて督促状を送付してくるところもありますし、そうではなく業者名を書いて送ってくることもあります。

このときにすぐに債権者に連絡を入れて、支払いをすれば大事になることはありません。元のように分割払いを続けていくことができますし、裁判されることもありません。

内容証明郵便で一括請求される

電話や郵便による案内を無視していると、借金滞納からだいたい2~3か月くらいが経過した頃に、自宅に突然「内容証明郵便」による借金の一括請求書が届きます。内容証明郵便は、簡易書留などと同じように手渡しの郵便であり、書式が特殊なので、受け取ったらすぐにわかります。

内容証明郵便の中身を見ると「借金の残債を一括払いするように」と書いてあります。また、未払いの利息や遅延損害金もまとめて支払うよう要求されています。期日が設定されていて、期日までに支払ができないなら、裁判をする予定があると書かれていることも多いですし、「給料や預貯金を差し押さえますよ」と書かれているケースもあります。

内容証明郵便が届いたら、赤信号です。すぐにでも債務整理をしないと、本当に裁判を興されてしまいます。

代位弁済が起こる

借入先が銀行カードローンなどの金融機関の場合には、内容証明郵便が届いたらすぐに「代位弁済」が行われます。代位弁済とは、保証人が主債務者の代わりに借金を全額支払うことです。銀行カードローンの場合には、消費者金融や保証会社などが保証人になっているので、債権が焦げ付いてしまったらすぐにこれらの業者が代位弁済するのです。

代位弁済が起こったら、銀行は全額の債務を回収できるので、もう督促はしてこなくなります。その代わり、債務者に代わって支払いをした保証会社が請求をしてくることになります。このとき請求される金額は、保証会社が支払った全額なので、残債と未払いの利息と既に発生していた遅延損害金の全額です。代位弁済後も、遅延日数に応じてどんどん遅延損害金が加算されていきます。

代位弁済が行われると、もともとの債権者である銀行から「債権譲渡通知書」が届きます。保証会社からは、「今後はこちらにお支払いをして下さい」という案内書が届き、支払うべき金額(残債の全額と未払い利息と遅延損害金の合計)の請求をされます。

裁判を起こされる

内容証明郵便が届いても放置している場合や代位弁済後、保証会社から督促が来ても無視していると、今度は本当に借金返済を求める裁判を起こされてしまいます。裁判されたときには、債権者ではなく、裁判所から呼び出し状が届きます。裁判所からの呼び出しには「特別送達」という特殊な郵便が使われます。特別送達の場合、ポスト投函ではなく、やはり名宛て人本人に対する手渡しとなります。また郵便局の人が、渡すときに「特別送達です」と言いますし、封筒にも「特別送達」と書いてあるので、すぐにわかります。

裁判所からの書類を受け取ったら、すぐに開けましょう。ときどき、裁判所から書類が届いたのが怖くて中身を見ない人がいますが、絶対にNGです。中身を見なくても裁判は行われてしまうので、放っておいたら勝手に判決で支払い命令が出てしまうからです。

裁判が行われると、債権者の提出した資料とこちらの反論資料にもとづいて、裁判官が判決を下します。単に「お金がないから支払えない」というのでは反論にならないので、和解しない限りは支払い命令が出てしまいます。

以上が借金を滞納してから裁判されるまでの流れです。

裁判されたらどうなるのか

裁判をされて判決が出てしまったら、その後どうなるのでしょうか?

この場合、債権者は「強制執行」ができる状態になります。強制執行とは「差押」のことです。たとえば、債務者の預貯金や生命保険、不動産や車、時計や貴金属などの財産が差押の対象になりますし、給料も差し押さえられる可能性があります。裁判が確定したら、債権者はいつでも差押ができる状態になるので、ある日突然銀行預金が凍結されて引き出せなくなったり、生命保険が解約されて解約返戻金を持って行かれたり、会社に通知が来て給料の一部をとられたりする可能性があります。

一回給料を差し押さえられたら、借金を完済するかその会社を辞めるまで、ボーナスも含めて取り立てを受け続けるので、大変な不利益があります。

借金を滞納したときに注意すべきこと

借金を滞納したとき、裁判以外にも注意点と知っておきたい知識があるので、以下でご説明します。

一括払いを求められる理由について

まず、多くの方が疑問に思うのは、「借金を滞納していると、なぜいきなり一括請求されるのか?」ということです。借金は、分割払いで返済できる約束だったはずなのに、内容証明郵便で督促されるときには一括で請求されます。

これは、当初の約束で、借金の返済を2か月分や3か月分以上滞納すると、そのときに残金を一括払いしなければならないと定められているからです。カードローンやキャッシング、クレジットカードなどの利用規約や契約書をよくみると「期限の利益喪失約款」という条項があります。そこに、「滞納が2か月分に達した場合、債務者はそのときの残金を一括払いする(もしくは債権者は一括請求できる)」などと書いてあるので、気になる方はみてみると良いでしょう。

そこで借金を滞納しているときには、期限の利益を喪失して一括請求が行われる前に、滞納分を払ってしまう必要があります。一括払いになるのは「滞納金額が2か月分」になったときなので、遅れ遅れであっても支払いをしており、滞納分が2か月分未満であれば一括請求はされません。どうしても2か月分まとめて支払うのがきつければ、とにかく1か月分だけでも支払続けましょう。

遅延損害金について

借金返済を延滞していると「遅延損害金」というお金が加算されます。これについても一体どのようなものかわからない方が多いので、ご説明します。

遅延損害金とは、借金をきちんと期日に返済しなかったことによって債権者に発生する損害です。債権者は、借金を返してもらったらそれを運用するなどして利益も得られるはずなのに、債務者が支払いをしなかったことによって損害が発生するのです。

遅延損害金を算出するとき、具体的に債権者にいくらの損害を発生したかを検討するのではなく、年率で計算します。利息と同じようなイメージです。多くのサラ金やクレジットカード会社などの場合、遅延損害金の年率は20%とされています。つまり、借金を返済しなかったら、年に2割も返済額が増額されてしまうということですから、非常に影響が大きいです。借金を滞納していると、返済額が雪だるま式にどんどん膨らんでしまって返済が困難になってしまいます。

ブラックリスト問題にも注意

借金を滞納しているとき「ブラックリスト」にも注意が必要です。ブラックリストというのは、ローンやクレジットカードを一切利用できなくなった状態です。

借金を2~3か月程度延滞していると、信用情報期間の「個人信用情報」に延滞情報が登録されます。すると、ローンやクレジットカードの申込みをしたときに、貸金業者や銀行が個人信用情報を確認し、「この人は借金を延滞している人だ」と知って審査に通してくれなくなるのです。

一回延滞情報が登録されると、たとえ支払いをして延滞状態を解消しても、その後5年間程度はローンやクレジットカードを使えないブラックリスト状態が続くので、とても不便です。

裁判を止める方法は?

借金返済を滞納して裁判をされたとき、止める方法はないのでしょうか?

この場合、債務整理が有効です。たとえば自己破産の中でも「管財事件」になると、破産手続き開始決定と同時に裁判手続きが中断します。破産手続きが進んで後に免責決定が出たら、裁判は棄却されて終了します。

自己破産の同時廃止の場合やその他の債務整理の場合に裁判がどうなるのかについては、次の項目で説明します。

裁判された後でも債務整理できる

「借金を長期滞納して裁判を起こされたら、もはや債務整理できないのでは?」と心配される方もおられます。そこで、以下では債務整理の種類ごとに、裁判後にもできるのかどうか、説明します。

任意整理の場合

任意整理は、債権者と話合いをして借金の返済方法を決め直す手続きです。そこで、任意整理を進めるには相手の同意が要ります。債権者が「裁判を起こしているので、もはや話合いに応じる気はない」という態度をとった場合、任意整理ができない可能性もあります。

ただ、実際には裁判を起こされていても任意整理できるケースが多いです。また、訴訟外で任意整理の話合いをしなくても、裁判内で裁判官の関与によって話し合いをすすめ、裁判上の和解によって解決することも可能です。裁判上の和解をするときにも、任意整理と同様に利息をカットしてもらって長期分割返済にできるので、返済の目処を立てることができます。つまり任意整理しても裁判上の和解をしても、同じように借金問題を解決できるということです。

個人再生の場合

個人再生は、訴訟を起こされていても問題なく利用できます。

訴訟中に個人再生を申し立てると、訴訟自身は止まりませんが、相手は強制執行できなくなります。そこで、判決が出たとしても、あまり不利益がありません。その間に個人再生の手続きを進めて借金の減額を認めてもらえたら、減額された借金を支払っていけば足ります。

個人再生は、相手が任意整理や裁判上の和解に応じてくれない場合にとても有効な対処方法です。

自己破産の場合

自己破産も、裁判を起こされた後でも問題なく利用できます。自己破産の場合、同時廃止になるか管財事件になるかで裁判の取扱いが異なります。

同時廃止が選択された場合には、個人再生と同じような取扱いになります。訴訟自体は中断しませんが、判決が出ても債権者は差押ができません。最終的に免責が下りると、借金はなくなるので、訴訟で請求されていた借金も支払う必要がなくなります。

管財事件になった場合、破産手続き開始決定と同時に訴訟が中断します。そして最終的に免責がでたら、やはり借金がなくなるので、裁判で請求されていた借金も支払う必要がなくなります。

このように、債務整理は裁判を起こされているときに非常に有効な対処方法となります。債権者から訴状が届いたら、差押などに発展する前に、早めに弁護士に相談に行きましょう。

差押をされた後でも債務整理できる

借金を滞納して裁判を起こされたとき、本当に怖いのはその後の差押です。裁判が終了して預貯金や給料などの差押が始まってしまったとき、その後に債務整理によって解決することはできるのでしょうか?

これについてもやはり債務整理の種類によって異なるので、以下でみてみましょう。

任意整理の場合

任意整理には、差押を止める効力はありません。そこで、給料差押えが行われているときに任意整理の申し入れをしても、相手が取り下げに応じてくれなかったら差押は止まりません。

相手にしてみたら「不確実な任意整理の約束をするよりも、毎月確実に給料から取り立てができる方がいい」と考えることもあるので、任意整理はあまり有効な対処方法にならない可能性が高いです。

個人再生の場合

個人再生の場合、再生手続き開始決定が出ると、差押の効力が停止します。給料差押えを受けている場合などには、給料のうち、手続き進行中の差押部分がプールされて、再生計画案が認可されたときにまとめて返してもらえます。

また、再生手続き開始決定後は新たに差押ができなくなるので、まだ差押が行われていない場合には、預貯金や給料などを差し押さえられるおそれがなくなって安心です。

自己破産の場合

自己破産の場合、同時廃止であれば個人再生と同じ取扱いです。破産手続き開始決定があると強制執行が停止して給料がプールされ始め、免責が確定したときにまとめて受け取ることができます。

管財事件の場合には、破産手続き開始決定と同時に強制執行が失効するので、そのときから給料を満額受け取れるようになります。

同時廃止でも管財事件でも、破産手続き開始決定後、債権者は新たに差押を申し立てることができなくなります。そこで、既に判決が出て差押を恐れている状態であれば、早期に自己破産や個人再生をする方法が有効と言えます。

債務整理するなら、早ければ早いほどよい

既に裁判を起こされていても債務整理は可能です。むしろ、裁判をされているならば、その後に差押を受けるおそれが高いので、早急に債務整理をすべきです。

借金を滞納しているときの債務整理は、早く対応すればするほど傷を浅くすることが可能です。できれば裁判を起こされる前、裁判を起こされたなら差押を受ける前に対応しましょう。借金を滞納していて裁判をされているならば、一刻も早く弁護士に相談してみてください。

都道府県から債務整理に強い弁護士を探す
北海道・東北地方 北海道青森岩手秋田宮城山形福島
関東 東京埼玉神奈川千葉茨城栃木群馬
北陸・甲信越 新潟山梨長野石川富山福井
東海 愛知静岡岐阜三重
関西 大阪京都奈良兵庫滋賀和歌山
中国・四国 広島岡山山口鳥取島根香川徳島愛媛高知
九州 福岡熊本大分宮崎佐賀長崎鹿児島沖縄

ご相談状況

  • 電話窓口:通話無料
  • 弁護士/司法書士:118事務所
  • 相談件数:4,000件 突破

債務整理弁護士相談広場は、借金返済に苦しむ方のための情報ポータルサイトです。「任意整理・個人再生・過払い」などのコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。過払いが発生している場合には、すでに借金返済が終わっているにも関わらず、払い続けているという事態があり得ます。借金問題でこれ以上苦しまないためにも、まずはご自分の状況を相談してみましょう。

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2018 Agoora.inc.

現在地を取得できませんでした

お使いのブラウザでは現在地情報を利用できない可能性があります。
設定から位置情報サービスをオンにして頂くか、下記コンテンツ等をご利用ください。

債務整理に強い弁護士・司法書士一覧

×

TOP