借金をなるべく早く返す方法と返済に悩んだ場合の対処法

お金で悩む女性

借金の返済をスムーズに進めるコツ

借金を早く返すためには、前提として知っておくべきポイントがあります。以下で紹介する内容を頭に入れておき、その上で具体的な方法を実行してみてください。借金の返済をスムーズに進めるコツについてご説明します。

生活の見直しを図る

借金から早く解放されたいと望む場合は、これまでの生活態度を一度あたらめる必要があります。というのも、借金が膨らんだ背景には、個人の生活態度が関係していることが多いためです。

例えば、お金が足りなくなったらキャッシングで解決したり、ギャンブルが好きですぐに借金をしてしまうなどです。自分のお金の範囲内で、買い物、ギャンブル、交際費等にお金を使う事は全く問題ありません。問題は、自分で稼いだお金以上にお金を使い過ぎてしまうことです。

何も考えずに出費して借金で解決する癖があるのであれば、これは見直すべきです。見直すべき生活態度としては以下が挙げられます。

今すぐ見直すべき生活態度4つ
  • 買い物しすぎる
  • ギャンブル癖
  • お金を借りることに抵抗がない
  • 自分のお金の使える範囲を把握しない

もしこのような悪い癖がある場合は、これを反省して今後は控えるようにしてください。生活態度やお金に対する考え方を改めることで新たな借金で悩むという問題を防ぐことができます。

収入を増やす

借金返済を早く進めるためには、返済額を多くするのが基本です。これを可能とするためには、収入自体を増やす努力をしなければいけません。収入を増やす方法としては以下が考えられます。

  • 残業代で稼ぐ
  • 本業で昇進を目指す
  • 収入増を見込める場合は転職する
  • 副業可能な場合は、副業で収入を増やす
  • 家にある価値のあるものを処分する
残業代で稼ぐ

あまり好ましいことではないかもしれませんが、すぐに収入を増やす方法としては残業してその分の給与を増やしてもらうという方法があります。上司等に掛け合い、他にできる仕事がないか、給与を増やせる方法がないかなどを聞いてみるのも1つの方法です。

本業で昇進を目指す・収入増を見込める場合は転職する

資格取得などで昇進試験等が受けられる場合は、資格取得のために勉強するのもありでしょう。昇進すればその分お給料がアップするからです。また資格取得等をきっかけに別会社に転職をするという方法もあります。

副業可能な場合は副業で収入を増やす

本業で収入を増やすのが難しい場合は、副業を考えてみてください。土日にアルバイトをするだけでも収入増につながります。これ以外にも家でできる副業等を始めても良いかもしれません。

もっとも、会社によっては副業禁止のケースもありますので、ここは注意しましょう。また働きすぎで体調を壊して本業ができなくなると借金返済が難しくなるため、頑張るのは程々にしましょう。

家にある価値のあるものを処分する

家に使っていないものがあればリサイクルに出しましょう。これが収入になります。最近ではメルカリなどで売却する人も多いですが、骨董品やブランドバッグなど価値のあるものを所有している場合は、査定に出し一番高い値段をつけたところに買い取ってもらうという方法もあります。

断捨離にもつながり、生活もすっきりするので試してみるのも良いのではないでしょうか。

支出減らす

収入を増やす努力も重要ですが、支出を減らすほうが簡単かもしれません。支出を減らす方法としては、以下のようなポイントがあります。

  • 家計を見直す
  • 1人暮らしをやめる(実家に帰る)
  • 遊興費を減らす
  • 通信費を見直す

以下、詳しくみていきましょう。

家計を見直す

自分がいくら使っているか把握していない方も多いのではないでしょうか? まずは、家計簿をつけ、自分が何にいくら使っているのかを把握します。その上で使い過ぎている部分を次の月から減らしていきましょう。まずは支出の2割程度を減らすのを目標にしてください。

1人暮らしをやめる(実家に帰る)

もし独身で1人暮らしをしているなら、実家に帰るという選択肢もあります。やはり家賃、光熱費などは生活費の大半を占めますので、これがなくなると借金返済に当てられるお金も増やせます。

遊興費を減らす

交際費等にお金を使い過ぎている方も多いはずです。飲みにいく回数を減らす、外食を減らす、コンビニで買うコーヒーをやめる、ショッピングや趣味に使うお金を減らすなど、優先順位の低いものに使うお金を減らしてください。これにより家計に余裕が出てくるはずです。

通信費を見直す

意外とお金がかかっているのが通信費です。スマホの分割払いや毎月かかる通信費の利用料金、アプリの利用料金など計算してみると大きな出費になっていることがあります。格安simやスマホに変えてみるなど、見直せる部分を探してみましょう。

借金残額を把握する

借金を毎月返済しているものの、あとどれくらいの残債があって、後何年で返せるのかを把握していない方は意外にも多いといわれています。もしご自身で借金の総額や残額、返済期間などを把握していない場合は一度全ての借金について見直してみましょう。最近では、返済シミュレーションをインターネットで簡単にすることができます。

返済シミュレーションとは、借金額と金利、毎月の返済額から完済までの期間と利息総額を調べることができるものです。一度調べてみましょう。

借金で把握すべき内容

借金について把握すべき項目としては以下の通りとなります。

  1. 借金総額
  2. 毎月の返済総額
  3. 毎月の元本返済額と利息返済額

これらを把握することでどれくらい毎月元本が減っているのかを確認することができ、「このままでは返済期間が長すぎる」など借金の全体像が把握できるようになるはずです。ぜひ、一度返済シミュレーションにかけ、借金の内訳を把握してみてください。

借金を早めに返す具体的な方法

 
次に、借金をできるだけ早く返済するためにできることを見ていきましょう。1つだけの方法を実践するよりも、いくつかの方法を組み合わせてみるのがおすすめです。借金を早めに返済する具体的な方法5つをご紹介します。

繰上げ返済をする

収入の増加あるいは支出を減らすことができたら、まず考えて欲しいのが繰上げ返済です。繰上げ返済と、毎月の決まった額よりも多く返済する方法のことを指します。借金総額が多い人の場合、利息しか返済できていないケースがよくあります。繰上げ返済をすれば元本を早く減らせるというメリットがあります。

元本が減ればその分利息も減らすことができるので、余計な支払いをせずに済むという利点もあります。返済期間ももちろん短くなるので、できる方は繰上げ返済をするのがおすすめです。

繰上げ返済を金利の高いところから優先的に返済する

複数の貸金業者からお金を借りている場合には、金利の高いところから返済していくようにしましょう。金利が高いとその分元本がなかなか減らず、返済期間も長くなってしまうということです。これを避けるためには、優先順位をつけて返済をしてくことが大切です。

とはいっても、毎月返済日がどの借金も決まっているのが通常です。金利が高いところだけに返済するのは難しいと思います。この場合は、先にお伝えした繰上げ返済を利用しましょう。繰上げ返済は可能な月だけすることができるので、「繰上げ返済をする場合は金利の高いところから」と決めておけば大丈夫です。

残債が少ない借金は金利が高いことが多い

また借金の残高が少ない場合にも利息が高くなるケースがあります。そのため、金利を確かめる際には、残債の少ないものをチェックしておきましょう。残高が少ないものでかつ金利が高いものを優先的に繰上げ返済すれば、借金している業者の数も減るため精神的に楽になるという効果もあります。

おまとめローンを検討する

複数の業者から借金をしていると、返済しなければいけないプレッシャーが大きいことがあります。毎月複数の業者から引き落とされると、それだけで「もう返済できない」とストレスを感じてしまうこともあるそうです。また複数の業者から借りている場合、借金総額を把握しにくいというデメリットもあります。

いくらの借金があって、利息と元本、そして返済期間はいつまでかを把握することが、借金返済を早めるコツだとお伝えしましたがこれが難しくなるということです。

借金を一本化することで、借金の全体像が把握しやすくなる

そこで、このようなデメリットを解消するためにおすすめなのが、おまとめローンをすることです。おまとめローンとは、複数の業者から借りているお金を1つにまとめることで元本や利息、返済総額などが把握しやすくなるというものです。借金を一本化すれば、返済目標なども立てやすいので、「早期返済のために頑張ろう」という気になりやすいといえます。

おまとめローンにする場合は、できるだけ金利の安い業者を選ぶことです。今より金利の低い業者に乗り換えると、元本が減りやすくなります。

収入が入ったら、借金返済を優先にする

皆さんはお給料が入ったら、どのように給与を生活費に振り分けていますか? 借金があるのにもかかわらず、最後に余ったお金で返済をしている方は、残念ながら借金がなかなか減らない人の典型です。

覚えておいてほしいのは、収入が入ったら第一優先で借金返済に充ててください。その後に残ったお金で生活費の計算をしましょう。またボーナスや臨時収入が入ったらそれもできるだけ全て借金の返済に充ててください。早く返せばその分借金に悩まされる時間が減ると考えましょう。

借金返済→貯金→生活費→交際費・趣味のお金の順番で考える

そして貯金をすることも大切です。借金返済→貯金→生活費→交際費・趣味のお金という順番が理想です。これを崩さずに家計を管理していれば、何か予定外の出来事で収入が減ったとしても貯金で返済することができるはずです。

借金返済は滞ってしまうことが問題です。遅延等をしないように、万が一のことも考えて返済計画を立てるようにしてください。

リボ払いをやめる

カードローンを組んでいる方などに多いのが、リボ払いを利用しているケースです。リボ払いは毎月の支払いを一定にできるというメリットがありますが、高額な利息がどんどん膨らんでいってしまうという問題があります。今クレジットカードを利用していて、かつリボ払いを利用している方は今すぐリボ払いをやめましょう。

リボ払いには、借金総額が把握できなくなるデメリットがある

リボ払いにしてしまうと、自分がどれだけ使ったかわからず借金の総額も把握しにくくなります。借金が返済できなくなってしまう方の多くはこのリボ払いを利用しているという事実を忘れないでください。

リボ払いにしている借金を一括で返済可能な場合はこれをまず返済しましょう。一括で難しい場合でも、分割で返済できる場合がありますので、カード会社に電話して相談してみましょう。

借金の返済が厳しいなら債務整理の検討を

 
借金の返済が可能な場合には、上記にお伝えした方法を実践して返済期間を短くして行ってください。しかし、「もう返済ができない」というケースの場合は、債務整理を検討することをおすすめします。債務整理にはどのような手続きで、メリットがあるのかを見ていきましょう。

債務整理は、借金減額・免除ができる手続きのこと

借金返済が難しくなってきたら検討すべきものとして、債務整理があります。債務整理とは、借金の内容を見直し、利息を軽減・元本を減額・借金免除を認めてもらうことにより多重債務者を救済する手続きのことです。

債務整理はこのような手続きの総称であり、種類としては、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産があります。それぞれできる内容や特徴が異なりますので、借金返済が難しくなったら詳しく内容を調べてみるべきです。

年収の3分の1が借金返済になったら、債務整理を検討しよう

債務整理を検討すべきケースとしては、年収の1/3を借金返済に充てるようになったときと一般的にいわれています。年収400万円の人ならば、1/3にあたる133万円以上の借金がある場合は、生活が苦しくなってきている証拠ですので、いずれかの債務整理方法を検討すべきといえるでしょう。

過払金請求で完済できる可能性も

借入れを繰り返している人の場合、過去あるいは現在の借金に関してお金が戻ってくるケースがあります。これを過払金請求といって、過去に返済した借金あるいは現在返済中の借金に関する利息を取り戻す手続きのことを指します。これも債務整理と一緒に行われるケースが多い手続きです。

過払金発生の条件

具体的には、以下の条件に当てはまる場合は過払金が返ってくる可能性があります。

  • 2010年6月17日より前に借金をした
  • 10年以内に完済した借金がある

過払金が発生している場合には、現在返済中の借金返済に充てることも可能ですし、過去の借金の場合には、貯金にしたり別の借金返済に充てたりすることもできるため、借金を早く返済することに繋がります。

もし過払金発生の可能性がある場合には、弁護士に相談するようにしましょう。

「借りたらなるべく早く返す」が借金に悩まないコツ

借金に関する考え方を見直し、具体的な方法を実行していったら今後同様の問題を繰り返さないことが大切です。そこで、借金悩まないコツをお伝えします。

借金を返すための借金はしないこと

借金の返済に困ったら、新たに借金をしてそれで返済するという方法を取る方がいらっしゃいます。この方法ではどんどん借金が膨らんでいき、最終的に返済できない状態になってしまいます。したがって、借金を返すための借金は絶対にしないようにしてください。

「そんなことしない」と考えているかもしれませんが、人は切羽詰まると通常の考えでは思いつかないような行動をとることがあります。そうならないようにするために、借金を繰り返さないことを心に留めておいてください。

借金の返済に困ったら、まずは貸金業者に相談を

借金の返済に困ったら、まずは貸金業者に相談して毎月の返済額を見直すことができないかを聞いてみましょう。返済が滞ってからでは遅いので、毎月の返済期日の前に相談するのがポイントです。それでもダメな場合は、債務整理を検討するのが正しい対応方法です。

将来的に借金に再び悩むことがないようにするためには、「借金をしたらなるべく早く返すこと」そして「無用に借金をしない」ことが一番です。負の連鎖を断ち切る努力をするようにしてください。

借金の返済をやめないこと

借金の返済が苦しくなってきた場合、そのまま放置して借金返済を滞納してしまう方がいます。これはやってはいけない対処法です。借金滞納を放置していると、最終的には差し押さえが行われます。強制的に給与や預金が差し押さえられ、貸金業者に回収されてしまうのです。

借金を踏み倒すと元の生活には戻れない

また借金を踏み倒してしまうと別のデメリットがあります。例えば、借金が返済できないために夜逃げしてしまうと、その後の日常生活が困難になるでしょう。住民票を移すこともできないため、新しい部屋を契約することも難しくなります。

また借金を踏み倒すと、周囲の人へ迷惑をかけることになります。連帯保証人になっている人は、あなたの代わりに返済を余儀なくされるのです。一括で返済を求められるため、返済できない場合はその人が債務整理をしなければいけないことも少なくありません。職場や実家にも連絡が行き、これまで通りの暮らしはできなくなります。

このように、借金の返済を諦めてしまうと問題は大きくなってしまいます。借金の返済は続けるようにしてください。

それでも借金返済に悩んだら、弁護士に相談を

どうしても借金が返済できず、どこに相談したら良いか分からない場合には、弁護士に相談してください。弁護士であれば、借金問題への対処法を教えてくれます。

弁護士に相談すれば、借金の借入先や総額なども全て確認してくれますし、借金の全体像を見て債務整理をすべきかどうかも判断してくれます。債務整理には種類があるとお伝えしましたが、どの債務整理があなたのケースに適しているかのアドバイスも受けることができるでしょう。

通いやすい場所にある、債務整理に強い弁護士事務所を選ぶこと

弁護士を探す際は

  1. 通いやすい場所にある
  2. 債務整理を数多く扱う、債務整理に強い法律事務所

を選びましょう。今後依頼することも考えると、何度か法律事務所を訪れなければいけない可能性があります。そのため、通いやすい場所にある事務所を選ぶことが大切です。

また弁護士にも得意分野があるので、債務整理に強い弁護士に相談することが大切です。債務整理を多く扱う事務所であれば、ホームページ等に実績を掲載していることも多いので探しやすいはずです。

借金返済でどこに相談したら良いか分からなくなったら、債務整理の専門家である弁護士に相談してください。弁護士なら、あなたの借金問題に対し的確に対応してくれます。

借金返済でお悩みの方、まずは通話無料の受付窓口へ。

通話完全無料!携帯からも無料

借金の返済に行き詰まったら、弁護士に相談を

借金を早く返済するためには、生活を見直すことはもちろん、収入を増やして支出を削るのが基本です。繰上げ返済などをうまく利用して、借金の悩みをできるだけ早く解消しましょう。

もし返済が難しいと感じているなら、弁護士に相談してください。債務整理をすべきかなどのアドバイスがもらえます。貸金業者と交渉してくれるケースもありますので、悩み始めたら専門家に相談すべきです。返済が滞る前に、できるだけ早い段階で相談しましょう。

都道府県から債務整理に強い弁護士を探す
北海道・東北地方 北海道青森岩手秋田宮城山形福島
関東 東京埼玉神奈川千葉茨城栃木群馬
北陸・甲信越 新潟山梨長野石川富山福井
東海 愛知静岡岐阜三重
関西 大阪京都奈良兵庫滋賀和歌山
中国・四国 広島岡山山口鳥取島根香川徳島愛媛高知
九州 福岡熊本大分宮崎佐賀長崎鹿児島沖縄

ご相談状況

  • 弁護士/司法書士:177事務所
  • 相談件数:4,000件 突破

債務整理弁護士相談広場は、借金返済に苦しむ方のための情報ポータルサイトです。「任意整理・個人再生・過払い」などのコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。過払いが発生している場合には、すでに借金返済が終わっているにも関わらず、払い続けているという事態があり得ます。借金問題でこれ以上苦しまないためにも、まずはご自分の状況を相談してみましょう。

借金問題に終止符を打つ! 高い交渉力で任意整理も安心!
シン・イストワール法律事務所
シン・イストワール法律事務所

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2020 Agoora.inc.

現在地を取得できませんでした

お使いのブラウザでは現在地情報を利用できない可能性があります。
設定から位置情報サービスをオンにして頂くか、下記コンテンツ等をご利用ください。

債務整理に強い弁護士・司法書士一覧

×

TOP