任意整理後の「繰り上げ返済」、住宅ローンとの違いとは

2つの繰上げ返済の方法

任意整理後の「繰上げ返済」には、返済生活から早く抜け出せる・遺産相続などまとまった臨時収入があった場合に浪費を防げるなどのメリットがあります。しかし、住宅ローンの繰上げ返済と違って借金の総額を減らす効果はありません。深く考えずに繰上げ返済をすると、家計を圧迫してしまうケースもあるので注意が必要です。

債務整理を弁護士に無料相談

借金問題こんな悩みに苦しんでいませんか?

  • 複数の借入先があり、返済しきれない
  • 毎月返済しても借金が減らない
  • 家族に知られずに借金を整理したい
  • 借金を整理しつつ、自宅・車は残したい
借金問題に強い弁護士を探す

毎月の借金返済に上乗せする「繰上げ返済」

家族の遺産相続や、転職による退職金の発生など、任意整理の時点では予想していなかった臨時収入が入ってきた時、「借金返済の足しにしよう」と考える人も多いでしょう。その場合は「繰上げ返済」を利用すれば、当初の予定より早く完済できます。

繰上げ返済とは?

では、繰上げ返済とはどんなものなのでしょうか。

一般的な「繰上げ返済」とは

繰上げ返済とは、一般的に、毎月決まった返済額に上乗せした金額を返済することを指します。上乗せ分を残債の一部にあてる場合もあれば、上乗せ分で全額まとめて返済できる場合もあります。

住宅ローン返済で広く知られる方法

繰上げ返済は、住宅ローンの返済で得する方法として広く知られています。いつも返済している額より多めの額を元金の返済に充てることで、返済期間が短くなったり、将来の利息が減ることでトータルで返済すべき住宅ローンの額を節約する効果があるのです。

任意整理後も繰上げ返済が利用できる

「繰上げ返済」は、任意整理後の返済でも行うことができます。任意整理では裁判所を介さずに、債務者と借金の相手方が話し合って無理のない毎月の返済額を設定します。臨時収入が入ったときは、借金の相手先に連絡して金額を上乗せして返すことが可能です。

任意整理後の繰上げ返済のメリット

では、任意整理後に繰上げ返済をすることには、どのようなメリットがあるのでしょうか。

返済生活から早く抜け出せる

任意整理で借金返済の道筋をつけたとはいえ、実際には完済しないと本当の意味で晴れやかな気持ちにはなれないという方もいるでしょう。繰上げ返済ができれば、当初の予定よりも早く完済できます。

臨時収入の浪費を防げる

自力で返済しきれない借金を作ってしまった経験があると、自分の金銭感覚に自信が持てない場合もあるでしょう。まとまったお金が手元にあると、気が大きくなって無駄遣いしてしまうかもしれない心配があるなら、繰上げ返済を活用するといいですね。

返済相手がスムーズに応じてくれる

貸したお金が予定より早く返ってくることを拒否する相手はまずいません。任意整理の返済は、債務者側と債権者側の合意さえあれば成立します。ほとんどの場合、返済相手はスムーズに応じてくれるでしょう。

任意整理後の繰上げ返済の方法

大きな臨時収入があった場合、繰上げ返済をすればより早く借金の返済から逃れられます。このように、とても魅力的な手段である任意整理後の繰上げ返済には、具体的にどんな方法や注意点があるのでしょうか。

繰上げ返済には2つの方法がある

繰上げ返済の方法は2通りあります。残りの借金を一括で返済する、もしくは一部を繰上げて返済するという方法です。

全額繰上げ返済

借金の残りをまとめて返す方法を「全額繰上げ返済」と言います。任意整理を行うのは借金総額が200万円程度までと比較的少額なケースなので、全額繰上げ返済が可能な場合もあるでしょう。

一部繰上げ返済

一方、全額ではないものの毎月の金額より多く返済する方法を「一部繰上げ返済」と言います。任意整理後の返済期間は通常3年から5年とされていますが、この期間を短縮することが可能です。

相手方には弁護士を通して連絡する

相手方に何も連絡せずにいきなり普段より多い額を払い込んだり、債務者本人が相手方に直接繰上げ返済の交渉をすると、話がややこしくなる場合があります。相手方への繰上げ返済の申し入れは、任意整理手続きの際に担当してもらった弁護士などの専門家に入ってもらうとスムーズです。

任意整理後の繰上げ返済の注意点

繰上げ返済のことをよく知らずに返済を急いでも、得られるメリットを勘違いして、かえって家計を圧迫する場合があります。特に、住宅ローンの繰上げ返済のイメージが強い方は、違いをよく理解しておきましょう。

借金の総額は変わらない

住宅ローンの場合はトータルの返済額を減らすメリットがありますが、任意整理の場合は借金を減らす効果はありません。もともと利息がないので、返済期間が短くなっても借金の総額は変わらないのです。

「ブラックリスト」から早く消えるわけではない

任意整理を行うと信用情報期間に事故情報が5年間登録され、俗に言う「ブラックリストに載った」状態になります。事故情報が登録される期間は、繰上げ返済を行なったからといって短縮されるわけではありません。

繰り上げ返済が家計を圧迫しないか、慎重に検討を

繰上げ返済は、借金から早く解放されたい人には魅力的な方法です。ただし家計を圧迫しないか慎重に検討する必要があります。急な入院など不測の事態が起きた場合に使えるお金を手元に残しておくためにも、本当に返済を急ぐ必要があるかどうかをきちんと見極めましょう。

返済額は減らない任意整理後の繰り上げ返済 必要か迷ったら弁護士に相談を

住宅ローンの場合と違い、任意返済後の繰上げ返済には返済額を減らす効果はありません。当初の計画通りに自分の支払い能力に見合った金額を返済しながら、繰上げ返済が本当に必要かどうかを十分検討し、必要な場合は弁護士などの専門家に相談しましょう。

都道府県から債務整理に強い弁護士を探す
北海道・東北地方 北海道青森岩手秋田宮城山形福島
関東 東京埼玉神奈川千葉茨城栃木群馬
北陸・甲信越 新潟山梨長野石川富山福井
東海 愛知静岡岐阜三重
関西 大阪京都奈良兵庫滋賀和歌山
中国・四国 広島岡山山口鳥取島根香川徳島愛媛高知
九州 福岡熊本大分宮崎佐賀長崎鹿児島沖縄
債務整理を弁護士に無料相談

借金問題こんな悩みに苦しんでいませんか?

  • 複数の借入先があり、返済しきれない
  • 毎月返済しても借金が減らない
  • 家族に知られずに借金を整理したい
  • 借金を整理しつつ、自宅・車は残したい
借金問題に強い弁護士を探す
弁護士に相談することに不安が残る方へ
家族に内緒で債務整理したい!その方法とは?
債務整理にかかる弁護士費用って、一体どれくらいかかるの?
個人再生手続きは弁護士などへの法律相談から。流れを完全理解!
お金がないからと諦めないで!個人再生にかかる費用を徹底比較
特定調停を申し立てる5つのメリットにはどんなものがある?
自己破産後の生活まとめ~仕事・私生活はどうなる?いつかは回復する?

ご相談状況

  • 電話相談:完全無料
  • 弁護士/司法書士:41事務所
  • 相談件数:1,000件 突破

債務整理弁護士相談広場は、借金返済に苦しむ方のための情報ポータルサイトです。「任意整理・個人再生・過払い」などのコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。過払いが発生している場合には、すでに借金返済が終わっているにも関わらず、払い続けているという事態があり得ます。借金問題でこれ以上苦しまないためにも、まずはご自分の状況を相談してみましょう。

個人・法人ともに、確かなノウハウで 債務整理を円滑に実行します
Y&Aパートナーズ法律事務所
Y&Aパートナーズ法律事務所

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2017 Agoora.inc.

TOP